社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第194回 『会社と屏風(びょうぶ)は、広げすぎると倒れてしまう』

第194回 『会社と屏風(びょうぶ)は、広げすぎると倒れてしまう』

その昔、カネボウの多角化戦略は「ペンタゴン経営」と呼ばれ、
かつて多角化の成功例として脚光を浴びていたことがあった。
 
日本最高の企業といわれていたカネボウの名は、
今は、カネボウ化粧品にその名残をとどめるばかりとなっている。
 
カネボウの経営が行き詰った背景に、
肥大したペンタゴン経営があったのは皮肉なことだ。
 
 
新事業の開発も、多角化戦略も、重要な経営手法であることは間違いない。
 
しかし、会社と屏風(びょうぶ)は広げすぎると倒れてしまう。
 
行き過ぎた多角化は、往々にして本体を危うくする。
結果を求めて、あれもこれもと手を拡げるのは、
結局は何も得られないまま、かえって事態を悪化させるものだ。
 
 
とはいえ、テクノロジーに進歩で、
既に時代遅れとなっている商品やサービスもある。
 
本業をかたくなに守るだけでは、勝ち残るどころか、
企業として生き残ることすらできないのが現状だ。
 
 
写真フィルムのトップメーカーでよく知られた富士フイルムは、
化粧品、バイオの分野に進出し成功している。
東レの炭素素材も多角化から生まれ、今や同社の屋台骨となるまでに成長している。
「多角化=間違った経営」とは限らない。
 
 
では、正しい多角化とはどんなものだろうか。
 
ここでもやはり「ザ・正解」というものはない。
しかし、参考となる事例はある。
 
それは、私が日本法人の社長を務めたことのあるアメリカのヘルスケア企業、
「ジョンソン・エンド・ジョンソンの多角化戦略」だ。
 
同社は世界的な大企業だが、たくさんの中堅企業の集合体である。
多角化は、それぞれの利益責任のある中堅企業に分散されて行われる。
そのため、無秩序な投資も無制約の経営計画もあり得ない。
 
もうひとつは、「我が信条(Our Credo)」と称する企業理念だ。
 
同社はヘルスケアで世界に貢献することを方針としている。
したがって、どんなに儲けが見込まれても不動産業に進出することはない。
 
会社の「理念や哲学を逸脱した多角化」が、成功することはあり得ないのである。

バックナンバー

2020.11.13
第194回 『会社と屏風(びょうぶ)は、広げすぎると倒れてしまう』
2020.10.16
第193回 『5年、10年単位で目標を設定できる人』
2020.09.11
第192回 『明日の100点より、今日の80点』
2020.08.14
第191回 『トンネルの先の光を示せ』
2020.07.10
第190回 『過去の経験と失敗から学べ』
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

国際ビジネスブレイン代表取締役 新 将命氏

新 将命 (あたらし まさみ)氏
国際ビジネスブレイン 代表取締役

海外留学の経験なしで、MBA出身者がしのぎを削る外資系企業に挑戦。
卓越した実行力・実務能力とバイタリティで、抜群の実績を上げ頭角を現わし、
社長業はじめ数々の要職を歴任してきたグローバル経営時代の先駆者。

目先の業績ばかりが重視されがちな外資企業にあって、
“企業は人なり”を経営信条に中長期的な会社づくりを展開。
四半期毎の業績獲得はもちろん、永続繁栄のための基盤づくりに貢献する。

1936年東京生まれ。早大卒業後、シェル石油入社。
その後、米国コカ・コーラカンパニー・オブ・カリフォルニア、
ジョンソン・エンド・ジョンソン社長、
米国フォーチュン500でも著名なサラ・リー社の日本法人社長、米国総本社の副社長、
日本フィリップス代表取締役副社長、日本ホールマーク社長などを務める。

国内にても、堂々と多国籍企業と渡りあえる企業の育成を主眼とした経営指導機関
「国際ビジネスブレイン」を設立。
住友商事アドバイザリーボードメンバー、ファーストリテーリングアドバイザー、
健康コーポレーション取締役、グローバル・リンケージ取締役など、
大中小企業の取締役や社外重役等を歴任する。

新 将命講師 全国経営者セミナー講演収録CD・DVD
“200年企業づくり”の黄金ループCD・DVD
●新将命講師の全国経営者セミナーの講演がCD・DVDになりました!
世界の超優良企業6社で社長、経営職を歴任した伝説の外資トップが説く長寿企業づくりへの黄金ループとは。「原理原則」対「我流自己流」、経営者品質の最大条件、利益の3つの顔、戦略の心…

おすすめ商品

国際ビジネスブレイン代表新 将命氏の経営コラムに関するお問い合わせ