社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第192回 『明日の100点より、今日の80点』

第192回 『明日の100点より、今日の80点』

数字の世界で80と100とを比べれば、100の方が大きいのは確かだ。
したがって誰でも、100の方が優れていると考えるし、
80で満足するよりも100を得ようと頑張ることを目指すであろう。
 
一般論として、これは正しい。
 
しかし、ビジネスの世界では、
数学的に正しいことが、必ずしも正解とはならないことがある。
 
いわば、今80を手にする方が、将来100を得るよりも
実質的に利益が大きいというケースだが、
こういうケースはビジネスの世界ではよくあることだ。
 
例えば、先行者利得というものがそれである。
 
ヤマト運輸は、物流業界に個人向けの宅配という
「宅急便サービス」をいち早く導入し、
またIT化を他の物流業者の先んじて進めた。
 
ヤマト運輸が宅配の市場に切り込んだときには、
まだ宅配市場は未成熟の段階であり、
IT化の導入に巨額の資金を投入したときも、
ITの技術は今日ほどのレベルではなかった。
 
 
いずれも時期を待てば、より良い条件で進めることもできたはずだが、
ビジネスにも人生にもタイミングというものがある。
 
100点を目指し、市場の成熟や技術のキャッチアップを待っているよりも、
今の段階では80点しか望めないが、
それでも今ここで踏み切ることに意味があるという判断によって、
ビジネスの勝者は生まれるのである。
 
 
ベンジャミン・フランクリンは「タイムイズマネー」と言ったが、
ビジネスや人生は「タイムイズマネー」なことが実に多い。
 
タイミングとは、逃してはいけないチャンス。
100%のチャンスを待てば、80%のチャンスを逃してしまう。
 
 
「拙速(せっそく)は巧遅(こうち)に勝る」ともいう。
 
ビジネスパーソンの自分磨きは、今日の80点をモノにすることが要諦である。
明日の100点では遅いのである。
ビジネスチャンスという名のバスは出て行ってしまう。
 
巧遅の100から20を捨てて、拙速の80で決断することが
実質的な勝利につながることは案外多いものである。

バックナンバー

2020.09.11
第192回 『明日の100点より、今日の80点』
2020.08.14
第191回 『トンネルの先の光を示せ』
2020.07.10
第190回 『過去の経験と失敗から学べ』
2020.06.12
第189回 『外国人研修に思う』
2020.05.15
第188回 『コミュニケーションは人なり』
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

国際ビジネスブレイン代表取締役 新 将命氏

新 将命 (あたらし まさみ)氏
国際ビジネスブレイン 代表取締役

海外留学の経験なしで、MBA出身者がしのぎを削る外資系企業に挑戦。
卓越した実行力・実務能力とバイタリティで、抜群の実績を上げ頭角を現わし、
社長業はじめ数々の要職を歴任してきたグローバル経営時代の先駆者。

目先の業績ばかりが重視されがちな外資企業にあって、
“企業は人なり”を経営信条に中長期的な会社づくりを展開。
四半期毎の業績獲得はもちろん、永続繁栄のための基盤づくりに貢献する。

1936年東京生まれ。早大卒業後、シェル石油入社。
その後、米国コカ・コーラカンパニー・オブ・カリフォルニア、
ジョンソン・エンド・ジョンソン社長、
米国フォーチュン500でも著名なサラ・リー社の日本法人社長、米国総本社の副社長、
日本フィリップス代表取締役副社長、日本ホールマーク社長などを務める。

国内にても、堂々と多国籍企業と渡りあえる企業の育成を主眼とした経営指導機関
「国際ビジネスブレイン」を設立。
住友商事アドバイザリーボードメンバー、ファーストリテーリングアドバイザー、
健康コーポレーション取締役、グローバル・リンケージ取締役など、
大中小企業の取締役や社外重役等を歴任する。

新 将命講師 全国経営者セミナー講演収録CD・DVD
“200年企業づくり”の黄金ループCD・DVD
●新将命講師の全国経営者セミナーの講演がCD・DVDになりました!
世界の超優良企業6社で社長、経営職を歴任した伝説の外資トップが説く長寿企業づくりへの黄金ループとは。「原理原則」対「我流自己流」、経営者品質の最大条件、利益の3つの顔、戦略の心…

おすすめ商品

国際ビジネスブレイン代表新 将命氏の経営コラムに関するお問い合わせ