社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第52話 成長課題 管理職の部下育成術(52)

第52話 成長課題 管理職の部下育成術(52)

あなたの会社の管理職は「部下・後輩に因果思考で計画を語らせる」ことが出来ていますか?
 
業績・成果を上げ続ける“強い会社”を創るためには社員一人ひとりを『自ら考え行動し“より良い結果を出す”ことが出来る人』すなわち『自創の人(部門経営者)』に成長させ続ける必要があります。
 
『自創の人(部門経営者)』の定義として「自らが、計画を立て、チェックし、改善し、その目標の達成に責任を持つ」ことが出来る人でもあります。
 
社員一人ひとりが社長の想いを実現すべく高い目標に挑戦し、計画的に“より良い結果を出す”ことが出来る人財へと成長するためには自らが想像力をはたらかせ「どのように行動することによってどこまでの結果を出すべきなのか」を積極的に考え、物語のごとく語ることが出来るように成る必要があります。
 
特に計画づくりにおいて「~する」との To Do で表すのではなく「~してここまでの結果を出す」と、「原“因”行動」と「業績結“果”」を因果思考として明らかにすることが基本なのです。
 
ちなみに、ここでいう業績とは最終結果としての売上や利益というよりも一つ一つの『業』務を遂行することによる小さな実『績』として“より良い結果を出す”という意味になります。
 
わかりやすい例でいうと「お客様に心地よく過ごしていただくために応接室の掃除を完了させる。」との目標に対して「朝一番に掃除します。」は、計画でもなんでもありません。
 
まず「テーブルの拭き掃除をしてほこりや汚れが残っていない状態にします。」
次に「掃除機で床を掃除してゴミが落ちていない状態にします。」
そして「テーブルの上にお花を生けてお客様に心地よく過ごしていただける状態にします。」
 
このように、計画づくりとは目標を達成するためにいくつかの具体的な原因行動とそれぞれに小さな業績結果を出し続けていくとの意志表示が出来ている状態を意味します。
 
高い目標を達成することが出来る部下・後輩を育成する責任のある管理職は部下・後輩の計画をじっくりと観たりしっかりと話を聴いて因果思考で考えているかをチェック・指導することが出来るように成る必要があります。
 
部下・後輩が書いている(言っている)計画で
 
「売上を上げます」
「生産性を向上します」
「ファンづくりを推進します」
「時短に取り組みます」
「効率アップを図ります」
 
などと、単なるTo Doでしかないもので終わらせることなく
 
「何を?」
「何のために?」
「どこまでの結果を?」    【出すべき業績結果】
「どのようにして出すのか?」 【取るべき原因行動】
 
と、《良い質問の基本形》を用いて因果思考で考えさせ気づきを持たせる成長対話が出来るように成る必要があります。
 
社員一人ひとりが、よりワクワク働きよりイキイキと過ごすことが出来る人財育成の仕組みである自創経営ではチャレンジシートとランクUPノートを活用して適宜、成長対話が行われ、部下・後輩が因果思考で計画的に仕事をし、目標達成が出来る人財を育成する仕組みになっています。
 
社長の想いを実現すべく、社員一人ひとりが因果思考で“より良い結果を出す”ための積極的な行動をとることが出来るように育成する成長対話が管理職に出来るように成っていただく『管理職養成講座』は毎回盛況で、この10月に第15期秋季コースが開講致します。
 
また、社員一人ひとりが自ら因果思考で考え目標達成のためにストーリー性のある計画を目に見える形にすることが出来る『夢実現ランクアップキット』も大好評で増刷状態です。
 
人生も仕事も愉しく出来る人に成長するために因果思考で積極的に行動し“より良い結果を出す”部下・後輩の育成が出来る管理職の育成に全力を尽くしてまいります。

 

バックナンバー

2017.08.09
最終回 成長課題 管理職の部下育成術(62)
2017.07.05
第61話 成長課題 管理職の部下育成術(61)
2017.06.14
第60話 成長課題 管理職の部下育成術(60)
2017.05.10
第59話 成長課題 管理職の部下育成術(59)
2017.04.05
第58話 成長課題 管理職の部下育成術(58)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

東川広伸
自創経営センター 社長

 デキる管理職を養成する自創経営コンサルタント。

 20代の半ば、電気工事の職人としてその日暮らしに近い生活をしていた頃、たまたま現場近くで開催された、自創経営創始者である父・東川鷹年氏のセミナーを聴く機会を得る。父が話す「人財育成」「成果」「目標管理」「報・連・相」など言葉の意味すらわからなかったが、「どうせやるなら(仕事)愉しくやろう! 同じ生きるなら(人生)ハッピーに生きよう!」の言葉に感銘を受け、父の仕事を継ぐことを志願する。

 以来、父よりチャレンジすべき課題を次々と与えられ、まずリクルートの代理店で営業職について、1年目から売上目標332・8%を達成し、社長賞を受賞。その後、営業部長として引き抜かれた赤字続きの化粧品販社で、店舗運営、人事管理を一任され、全スタッフに自創式「ランクUPノート」を導入して、たった1年で黒字化。さらに東京に本社があるインテリア商社にて大阪営業所を一から立ち上げ、新たな市場を構築するなど抜群の実績を残す。

 現在、自創経営センター所長として、父・東川鷹年氏とともに、社員一人一人がイキイキと働き、確実に目標を達成する仕組み《自創経営》を全国の中小企業に指導。指導会社の経営幹部、管理職養成のために寝る間を惜しんで全国を飛び回っている。氏が講師を務める日本 経営合理化協会主催の「管理職養成講座」は毎回定員をオーバーする絶大な人気を誇り、社員を託す社長及び指導先の幹部・社員から厚い信頼を寄せられている。1969年大阪生まれ。

おすすめ商品

自創経営センター 社長東川広伸氏の経営コラムに関するお問い合わせ