社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第7回 限界に挑む、限界を知る、限界を広げる

第7回 限界に挑む、限界を知る、限界を広げる

 スポーツの世界は厳しい。結果が全て数字で出てくるからだ。
得点であったり、タイムであったり、距離であったり、高さであったり、深さであったり様々だ。フィギュアスケートだって、水泳の飛び込みだって主観的に採点されるとはいえ難易度など数字でガイドラインが決められている。
 
 学生時代でも、社会人になってでも特定のスポーツに真剣に打ち込んだ人であるならわかるはずだ。限界に挑めば挑むほど、数字で自分のポジションが冷徹に出てくる。自分は全てを出し切った。この一年、今日のために色んなモノを我慢して頑張ってきた。しかし、上には上がいる。見えてきたと思った頂がまた霞む。
 
 私も学生時代にアルペンスキーをやっていた。寝ても覚めてもスキーのことばかりを考えていた。オフシーズンの多いスキーという競技は、特異な競技である。夏にどれだけイメージを掴めるかで来シーズンの出来が決まると言っていい。
 
 インラインスケートでイメージを掴んだり、真夏に万年雪の上で何日も練習をしたり徹底的に数をこなした。
 当時はバブルの余波もまだあり、SSAWS(ザウス)という人工スキー場が湾岸にあった。私も何度か練習にいったが貧乏学生には高く、そうそう通えるものでもなかった。
 
 そこまでして臨んだシーズンだった。
 学生の大会とはいえ、高速競技であるダウンヒルでは平均時速80km/h、最高速は100km/h以上出る。風圧で息も吸えないような速さだ。私はその競技で300数十人中、30位だった。その結果が、私の最高位だった。
 人に言えば、「すごいじゃないですか」などと言われるが、やっている本人からしてみれば、「まだ上に29人もいるのか」というのが感想だった。
 
 いま一度言うが、限界に挑めば挑むほど、数字で自分のポジションが冷徹に出てくる。そこで自分の限界を知る。重要なのは、限界を広げること。「そこからどうするか」だ。
 上位29人に出来て、自分に出来なかったものは何なのか。それを徹底的に調べて次へと繋げていく。これが限界を広げていくということだ。
 
 長々とスポーツの話をしてきたが、これはスポーツの話だけではなく経営にも通じる。
 事業でも商品でも同じことではないか。事業も商品も、同じように成長曲線を描く。成長期から成熟期へ。成熟期から飽和状態を経て、衰退期へ向かっていく。成長期から成熟期を「限界に挑む」期間とするならば、衰退期の前段階である飽和状態、ここが「限界を知る」期間だ。そこから社長としてどういう手を打つのか。どう限界を広げるのか、社長としての手腕が問われるところだ。
 
 打つ手は二つしかない。
 一つは現業の深堀である。クオリティーを進化させたり、エリアを広げたり、対象年齢を広げたり、他業界とのコラボレーションをしたりすることだ。
 もう一つは事業の多角化である。FCに加盟したり、代理店になったり、他業界とコラボレーションをしたり、M&Aしたりすることだ。これにより自社の限界を広げていくのだ。
 
 多角化を考えるにあたり、躊躇してなかなか一歩が踏み出せない社長が多い。
 しかし、社長は、どうか自分自身の閃きに自信を持ってほしい。
 試算表にも決算書にも載っていない未来の数字を掴めるかどうか。ここに新事業の成功がかかっている。新事業単体の数字だけではなく、新事業を始めることによって、それが本業にどのような好循環をもたらすのか。それが未来の数字であり、社長にしか掴めない商売の閃き、センスなのだ。
 
 「限界を広げる」自分の限界を、自分自身で決めてはいけない。
  きっとまだその先に行けるはずだ。
 
※本コラムは2019年8月の繁栄への着眼点を掲載したものです。
 

taiyosan3.jpg

牟田太陽へのご質問・ご意見・ご感想はこちら

バックナンバー

2020.10.16
第10回「自分」の物語を持つこと
2020.09.18
第9回 幹部には何が必要か
2020.08.21
第8回 社員が辞める職場
2020.07.17
第7回 限界に挑む、限界を知る、限界を広げる
2020.06.19
第6回 令和の時代の「会社」と「個人」のあり方
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

牟田太陽 日本経営合理化協会 理事長

牟田太陽(むたたいよう)
日本経営合理化協会 理事長

事業経営の奥義を一子相伝で“社長業指導の教祖”牟田學より伝授された、手腕と感性と理性をバランス良く備えた次代のリーダー。

大学卒業と同時に、単独、日本人が一人もいないアイルランドの寒村に飛び込み、和食レストランを立ち上げる。異郷の厳しさ、小さな親切が身に染み、多様な考え方の人々に会って、世界観を広げる。忍耐や、勇気や、強さや、優しさや、痛さを会得しながら、アイルランドで事業の大成功を収めた。帰国後、日本経営合理化協会に入協。

以来、経営ノウハウ、思想哲学を伝える社長実務セミナー「実学の門」、少人数の私塾「無門塾」「地球の会」、後継者育成の「後継社長塾」など、数多くの勉強会を企画・運営する。20歳代から触れ合うほとんどの方が経営者や一流コンサルタント、著名人という環境の中で、経営の手腕を磨き、企画部長、事務局長を経て、2017年7月より現職に。

オーナー企業の経営者、後継者との交流が非常に広く、事業継承特有の問題に関しても、多岐に亘る経験を持つ。

牟田太陽の経営実務CD・DVD
「経営環境の大変貌と社長の手の打ち方」CD版・DVD版

おすすめ商品

日本経営合理化協会理事長牟田太陽の経営コラムに関するお問い合わせ