社長の経営セミナー・本・講演CD&DVD・ダウンロード【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

ようこそ、ゲスト

第85回「上位企業をごぼう抜きにする力強い成長性」プリマハム

第85回「上位企業をごぼう抜きにする力強い成長性」プリマハム


 1992年度から2001年度の10期間の累積営業利益が122億円の赤字と風前の灯のような状況であったプリマハムですが、その後の20年間で見違えるような変貌を遂げました。今期はコロナの追い風もありますが、現時点のH&Lリサーチの営業利益予想は200億円を超えるものとなっています。この水準はかつて第3位であった丸大食品をはるか下に見下ろし、米久を取り込んだ2位の伊藤ハム米久とほぼ肩を並べる水準になります。
 
 
fukayomi85no1.jpg

 食肉加工業は食肉事業とハムソーセージを主体とする加工食品事業に分かれます。食肉に関しては依然同社の存在感は大きなものではありませんが、加工食品事業では特に利益面ではダントツの存在になりつつあります。
 
食肉加工業大手4社の同社、日本ハム、丸大食品、伊藤ハム米久のハムソーセージの合計売上高はこの8年間で年率0.8%増となりました。大手のシェアは全体で上昇していますので、市場は金額ベースではほぼ横ばいでしょう。それに対して各社の売上高の年平均成長率は同社が5.6%増、伊藤ハム米久が1.2%増、日本ハムが0.6%減、丸大食品が1.6%減となっています。
 
その結果、8期前の同社のシェアは12.9%でしたが、2019年度には18.6%と5.7%ptも上昇しました。各社のシェア変化率を見ると、伊藤ハム米久が1.2%pt上昇、日本ハムは3.3%pt下落、丸大食品は3.6%pt下落となり、まさに同社の圧勝です。
 
なぜここまで大きな差ができたかと言えば、生産コストに極めて大きな差があるためです。ハムソーセージはだいたい1kg1,200-1,400円くらいの出し値になります。それに対して原材料費は各社で大きな差はありませんが、生産コストに大きな差があります。2-3年ほど前のデータですが、kg当たりの生産コストは同社が100円強に対して、日本ハムは200円以上、伊藤ハム米久でも200円弱と大きな差があります。
 
このコスト競争力の差でシェアの変化に違いが出て、結果的に営業利益にも大きな差が出ています。ハムソーセージを含む加工食品全体の売上高は同社が1,870億円、日本ハム3,390億円、伊藤ハム米久3,000億円、丸大食品1,710億円ですが、営業利益は同社が113億円、日本ハムが114億円と肩を並べていて、伊藤ハム米久67億円、丸大食品17億円と大差をつけています。なお、すでに公表されている各社の2021年3月期第1四半期決算の実績の営業利益は、同社の35.7億円に対して日本ハム、伊藤ハム米久とも27.4億円といよいよ同社の一人勝ちになりつつあります。
 
同社の生産コストが劇的に低下した要因は、完全に説明できるわけではありませんが、無駄のない装置配備を継続的に積み上げてきたことで他社と差別化ができたのが最初です。そして、結果的にシェアが上がって、新たな生産設備を作ると、さらに生産性に差ができて今の状況になったようです。他社は生産量が増えていないので、新規の設備投資もできずに、ますます差が開く状況になっています。
 
そう考えると、当面同社の勢いに衰えは見えず、やがてはトップシェアも視界に入って来るのではないでしょうか。もちろん、これはあくまで加工食品だけの話で、もう一つの事業である食肉事業ではトップの日本ハムが圧倒していますので、会社全体では同社にとってもトップの日本ハムの背中はずっと先にある感じですが。
 
有賀の眼
 
食品業界において過去最も劇的に業界内での位置づけが変わった企業にアサヒビールがあります。1980年代には業界第3位で、しかも後発で4位のサントリーにさえ抜かれそうな状況であったアサヒですが、2001年度にはキリンビールを逆転して国内ビールのシェアトップを獲得します。
 
今やビールは国内だけで論じても仕方がない時代に入っていますが、株式時価総額で見ても現状でアサヒがキリンを若干上回っています。まさに、これは食品業界内の奇跡と言える逆転現象かもしれません。その点で言えば、やがては食肉加工業界における同社のシェアアップも奇跡と呼ばれる時代が来るのではないでしょうか。
 
この大変貌が元をたどれば、工場でのコツコツとした生産性改善の積み上げだったということを考えると、なかなかぴんと来るものではありません。しかし、まさに「虚仮の一念、岩をも通す」ではありませんが、まさかこんな時代が来るとは会社側でも思っていなかったような結果となって、コツコツとした努力は本当に大切なんだと改めて深く思うところです。

 

バックナンバー

2021.02.12
第89回「衰退から一転成長産業に見方が変わる出版業界のニューカマー」アルファポリス
2021.01.15
第88回「コロナの逆風をエネルギーに変えるしたたかさ」ビジョナリーホールディングス
2020.12.11
第87回「我が国のロジスティクスのパイオニアが、DXでさらに劇的に変身」PALTAC
2020.11.20
第86回「大胆なIT人材への投資完了でいよいよ成長期を迎えるか」さくらインターネット
2020.10.23
第85回「上位企業をごぼう抜きにする力強い成長性」プリマハム
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

H&Lリサーチ代表 有賀泰夫氏

有賀泰夫氏 H&Lリサーチ代表/証券アナリスト

1955年生まれ。埼玉大学生化学科卒業後、新日本証券(現みずほ証券)、クレディリヨネ証券、三菱UFJ証券でアナリストとして活躍。専門分野は食品、食品卸、小売業、外食産業、ネット、バイオ企業など。特に卸売業を介した日本独特の効率的な流通構造の分析に関しては第一人者。独立後、H&Lリサーチを設立、代表に就任。株式投資アドバイザー、株式分析、産業分析コンサルタントとして企業分析、セミナーや講演会でも人気を博す。 共著に「日本の問屋は永遠なり」、《最新刊》有賀泰夫の「最新・株式市場の行方と有望企業」CD版・デジタル版、有賀泰夫の「お金の授業 株式投資と企業分析」CD版・デジタル版有賀泰夫の「日本の問屋は永遠なりCD」他、インターネットの最大手株式投資SNSみんなの株式などにコラムを執筆中

おすすめ商品

H&Lリサーチ代表証券アナリスト有賀泰夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ