人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

成功哲学・人生哲学

2018.02.09

第162回 『悲壮感のある人に、人はついてこない』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

新製品を市場に投入するに際して、価格、質、顧客満足度…など、
マーケティング的にすべての条件を満たしたものを華々しくデビューさせれば、
まず売れること間違いない。
 
しかし、一度市場に出た商品が長く生き延びるには、
他の商品との差別化なくしては不可能である。
 
 
同じことを人間にたとえていえば、
成功者として何かを成し遂げようと思ったのなら、
《自分の商品価値》はどこにあるのか?、
《他人にないもの》をどう身につけるか?、
いわゆる差別化を図っていくことが大きな意味を持ってくる。
 
とくに他人と違わない、差別化がない…というのでは、
その他大勢の中の一人でしかない。
 
そんなリーダーが率いる会社は大した会社になるわけがない、
そう言い切ってもいいだろう。
 
 
つまりビジネスマンとして大切なのは、
自分の差別化をどこに求めるか、どの点でピカっと光るものを作り上げるか、
ということである。
 
それを意識して自己啓発するのと、漫然とやるのでは、
同じ時間と同じ金をかけても、結果は月とスッポンほどの差が出てくる。
 
サイコロでさえ、念じるのとそうでないのとでは、
長い間にに出る目が違うというイギリスの実験結果がある。
 
 「あなたがいま何かを望なら、それがすでに成れりと思うべし。
  そうすれば、その通りに成るであろう」
聖書にさえ、こんな一節がある。
 
こうなると思い込めば、それは実現する。
マインド・マネジメント効果は否定できないのである。
 
ということは、
《自分はこういう点を磨くのだ》と意識して自己啓発にあたったほうが、
差別化はより図りやすい、ということである。
 
 
どういう人間を目指すのか ―――――― 。
そもそも自分は他人と比べて、この点なら負けないというものをどこに求めるか、
これは他人が決めることではない。
出来上がったものをどう評価するかは第三者だが、
作り上げるのは、ひとえに自分の責任である。
 
最終的な姿を描いて、そのためにはどう差別化を図っていくか、
スタートからしっかりと目標を決めて自己啓発にあたることがポイントである。
「40歳までに中小企業診断士の資格を取る」
「45歳で役員になる」
といったように明確な目標があれば、
何を学び、どう自己啓発を図っていけばよいかが、明らかになるはずだ。
すると、自分に課したノルマも、案外苦にならないものである。
 
自己啓発にあたっては、《悲壮感をもたないこと》がポイントとなる。
《エンジョイ》してやることが大切なのだ。
 
その意味でも、自己啓発にあたっては目標を明確にイメージすることが大切だ。

講師紹介

新 将命(国際ビジネスブレイン 代表取締役)

1936年生まれ。早稲田大学卒業。海外留学の経験なしで、MBA出身者がしのぎを削る外資系企業に挑戦。卓越した経営能力と抜群の実績で、ジョンソン・エンド・ジョンソン、日本コカ・コーラ、日本ホールマークなど、グローバル企業6社で社長・経営職を歴任。国内においても、RIZAPグループ取締役、住友...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)