人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

第76回 有機EL 日本勢が巻き返しの兆し

デジタルAVを味方に!新・仕事術

トレンド・新技術

2018.01.26

鴻池賢三(ディー・エー・シー・ジャパン代表)
 
テレビやスマートフォンなどの画面として話題の有機EL。OLEDとも呼ばれ、液晶に代わる次世代映像表示技術として注目を集めています。
有機ELパネルの量産化においては、LGやサムスンなどの韓国勢が先行し、特に現在発売されているテレビ製品は、知り得る限りすべて、LGディスプレー社製のパネルを使用しています。
日本勢が遅れを取った原因はいくつかありますが、最大の要因は、画質やその他の性能で究極を目指したが為に、量産化の難易度が高く、解決に時間を要したためです。
先行したLGディスプレー社の有機ELパネルは、既にコストダウンの段階に突入していて、勢力拡大に拍車が掛かりそうです。
 
こうした状況下で、日本勢にも明るい兆しが。ソニーとパナソニックの技術を受け継ぐ株式会社JOLEDが、2017年末に世界初で「印刷方式」の有機ELパネルを製品化。同パネルを採用したPC用ディスプレー製品も発表され、話題になっています。
現時点ではサイズが21.6型と比較的小型で、輝度も限定的ですが、量産化の目処が立ったのは大きな前進で、今後の展開に期待が高まっています。
 
 
■有機ELの2大方式を解説
ここで、有機ELパネルの2大カラー表示方式と、それぞれの特徴を整理しておきましょう。
現在発売中のテレビ(55型以上)で採用されているのは「カラーフィルター方式」などと呼ばれるタイプで、白色に発光する有機EL素材と、その光を主にR(赤)、G(緑)、B(青)に変換するカラーフィルターを組み合わせ、フルカラーを再現します。
もう一方の「3色塗り分けタイプ」は、R(赤)、G(緑)、B(青)それぞれの色で発光する有機EL素材を用います。特にインクジェットプリントなどの印刷技術を用いるタイプを「印刷方式」と呼び、「蒸着方式」と区別しています。

digital20181no1.jpg
それぞれの特徴ですが、「カラーフィルター方式」は、発光体となる有機EL素材が単一で済み、寿命も含めて品質を安定させ易いのが利点です。一方、色再現はカラーフィルターの制限を受け、光の取り出しにロスを伴います。液晶ほどではありませんが、斜めから覗くと色味が変化して見えるのも弱点です。
「3色塗り分けタイプ」は、R(赤)、G(緑)、B(青)それぞれの色で発光する有機EL素材を用いるので、純度の高い色再現が可能。光の取り出し効率も高く、言い換えると、低消費電力で高輝度な表示により適した方式と言えます。一方、素材の都合上、湿気による劣化を防止するために、高度な封止技術が必要で、生産効率や歩留まり、引いてはコスト面で不利な状況です。
 
今後はどうなる?
寿命を含め品質の目処が立った「カラーフィルター方式」が先行しましたが、画質の優位性や、コスト面を含めて大量生産に向いているのは「印刷方式」と考えられています。JOLEDが製品化に漕ぎ着けた今、寿命問題は概ね解決できたと見て良いでしょう。「印刷方式」は、インクジェットプリンター技術が利用でき、製造装置がシンプルで、反物のように長尺、言い換えると超大画面にも向いた技術で、今後は「印刷方式」が一気に巻き返すかもしれません。
ブラウン管時代には、高品位なテレビ製品で世界を席巻した日本企業。有機ELでも成功を収められるのか、今後の動向にご注目を!
 

講師紹介

鴻池賢三(ディー・エー・シー・ジャパン代表)

株式会社オンキヨーにてAV機器の商品企画職、米国シリコンバレーのデジタルAV機器用ICを手がけるベンチャー企業を経て独立。 現在、WEB・テレビ・雑誌等のメディアを通じて、AV機器の評論家/製品アドバイザーとして活躍中。その他、「ディー・エー・シー ジャパン」を設立し、AV機器関連企業の商品企...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム