第214回 ラストワンマイル

高島健一の「社長のメシの種」

トレンド・新技術

2017.12.05

高島健一(高島事務所 代表)
 10月のシリコンバレー視察で、自動運転で商品などを運搬するシステムを開発している「GATIK AI」という会社を訪問した。
 
214-1.jpg
214-2.jpg
 ここは、商品を店や消費者に届けるロッカーが装備された小型の自動運転車を試作、実験運用しており、各種センサーやカメラを搭載し、GPSや3D地図などを利用して最適ルートを選択して配送するのだが、ディープラーニング(深層学習)機能により賢くなってゆくという。
 従来型のセンサーを利用した自動運転のアルゴリズムと、ディープラーニング(深層学習)によるハイブリッド型のアプローチが特徴で、地図のアップデートや配送順序などにディープラーニング(AI=人工知能)を使用しているという。
 
214-3.jpg
 低スピード(25マイル/h=40km/h)で走行すればセンサーの数やクオリティが低くてすむとしており、Googleの自動運転車が1個10万ドル(1,000万円)のセンサーを使用しているため1台1,500〜2,000万円するのに対して、GATIKは30〜40万円でできるのだという。
 また、人間を乗せるのではなく物を運ぶので安全問題も低く、リモート管理も一人で10〜12台見られるという。
 
 ここのビジネスモデルは月額5,000ドル(50万円)で小売店などに貸すものと、FedexやUPSなどの配送業者にライセンスを提供するという2つで、シンガポールと日本をターゲットにしている。
 
 日本の場合はヤマトの問題などがあり、労働者不足の解決になるのではないかとしていた。
 
■MVP
 「GATIK AI」は、実用最小限の製品で立ち上げる「MVP(Minimum Viable Product)」戦略をとっていることも特徴だ。
 MVP戦略は完全な最終製品を作るのには時間がかかり、それでは市場投入が遅くなってしまうために、最小限の機能でいち早く市場に投入し、その後にこれを改良してゆくもので、スピードが要求されるシリコンバレー企業ならではの発想だ。
 
 しかし最近では、シリコンバレーで1ヶ月かかる開発を、中国の深センでは1週間でやると言われるようになっており、世界はどんどん加速している。
 日本の開発も完成度ではなく「スピード」が要求される時代になりそうだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
======== DATA =========

GATIK AI
http://www.gatik.ai

講師紹介

高島健一(高島事務所 代表)

国内外「人の集まる所」「行列のある所」には必ず足を運び、次の売れ筋情報を誰より早く経営者に届ける、異色の新事業ナビゲーター。...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ