人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

成功哲学・人生哲学

2017.09.08

第158回 『聴き上手は、思い遣り上手』

社長の右腕をつくる 人と組織を動かす

 
《聴く》ことについての調査結果をみた。
 
それによると、
 (1)人は、聴く能力の4分の1しか使っていない
 (2)記憶力は、10分の1しか働かせていない
 (3)聴いたことは、8時間以内に半分以上を忘れてしまう
 (4)アトで何か思い出すきっかけがなければ、
    聴いたことの95%は、すっかり忘れてしまあう
 (5)自分では、そんなにわっすれっぽいとは思っていない
 
ということだった。
また、《時間面》からみると、
 
 (1)管理職は、1日のうち4時間近くは話を聴くことで費やされる
 (2)耳に入るのは、正味2時間分である
 (3)ちゃんと聴いているのは、1時間分である
 (4)理解するのは、30分分である
 (5)信ずるのは、たかだか15分分である
 (6)覚えているのは、8分間以下である
 
以上が、不通の人の《聴く》という実態だそうである。
 
 
考えてみると世の中、話し上手といわれる人は多いが、
聴き上手というのは意外と少ない。
 
ところが、他人に好かれる人というのは「聴き上手」な人が多い。
 
自分の知っていることというのは、なかなか自分の中にしまっておけないものだが、
会話を楽しむためには、各々が聴き上手であろうと努力する必要があるだろう。
 
「聴き上手」ということは、言葉を換えていえば言えば「思い遣り」のことである。
 
思い遣りというのは、何も道徳のカテゴリーに入る徳目ではなく、
私は基本的には、想像力の問題だと思っている。
相手の立場に立ってみる、その想像力があるかどうか・・・。
 
いつもいつも、自分のこと(自分の知っていることも含めて)を
口に出すなというつもりは毛頭ないが、
会話を有意義に、かつ、楽しむには、相手に花を持たせ、自分も持たせてもらう。
それでこそ、言葉は生きてくるのだと思う。
 
この話、心で《聴いて》いただけたであろうか。
 
 
 

講師紹介

新 将命(国際ビジネスブレイン 代表取締役)

1936年生まれ。早稲田大学卒業。海外留学の経験なしで、MBA出身者がしのぎを削る外資系企業に挑戦。卓越した経営能力と抜群の実績で、ジョンソン・エンド・ジョンソン、日本コカ・コーラ、日本ホールマークなど、グローバル企業6社で社長・経営職を歴任。国内においても、RIZAPグループ取締役、住友...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)