人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

第52話 「青春とは...」

本田宗一郎との『叱られ問答』

成功哲学・人生哲学

2010.05.07

岩倉信弥(本田技研(元)常務 )
「本田宗一郎とホンダS600に憧れ、1964年24才で入社し、1999年60才で退職するまでの35年間を過ごしてきた本田技研工業株式会社や(株)本田技術研究所とは、私にとっていったい何だったのだろうか。夢を与えてくれ一人前の人間に育ててくれた「修養の場」であり、伴侶を得、住いを持ち、子を育て、糧を求めた「生活の場」であり、人様に喜ばれるモノをつくり、誇りや自信をもらった「働きの場」であった。世界中に販売店やサービス工場、生産工場や設備、それに開発の施設があり、これらの「物」とも別れることになる。この会社を起こされた本田さんと藤澤さん、それを大きく伸ばされた諸先輩方、さらに拡げた同輩や逞しく育つ後輩たち、10万人の仲間がいて、こうした「人」たちと別れることにもなる。そして、これら大勢の人たちと喜怒哀楽をともにしながら、商品を通して、いろんなメッセージを世に送り出してきた、こうした「ものづくり」という「事」と別れることになるのだ。目に見える「物」や「人」と別れるのは明らかなこと。が、本田さんはじめ諸先輩方から叩き込まれ刷り込まれ、培ってきた「ホンダスピリッツ」のような目に見えない「事」どもは、身に染み着いて離れることはあるまい。これまで仕事の中で、ずいぶんと迷い、悩み、考え、それでも駄目で「ああ、これまでか」と観念し、「どうともなれ」と開き直って、神に祈りながら幾度「事」に当たってきたことか。それでも、幸いにも私はこうして在る。それはまぎれもなく、ホンダを心底愛し、信じ、楽しんできたからであり、このことだけは人に自慢できる。永らく、「本田宗一郎がくれた『千字薬』」に付き合っていただいた皆さんには心からお礼を申し上げたい。「青年は未来を楽しみ、壮年は現在を楽しみ、老年は過去を楽しむ」と誰かが言っていた。が、私は、今日で「過去」と決別して「未来」を楽しもうと思っている。20代の後半、我々若者が負けそうなほど、熱くものづくりに打ち込んでいた60歳の本田さんの姿が目に浮かぶ。「夢」の実現に向けて、「情熱」を持ち、「挑戦」し続けてきた本田さん。青春の真っ只中にいるようだったファーストエイジは学ぶ時期、セカンドエイジは働く時期、さて次のサードエイジは如何にあるべきか。サミュエル・ウルマンの「青春とは...心の様相を言うのだ」をもう一度思い起こして、「明るく、楽しく、前向きに」生きてゆこう。

講師紹介

岩倉信弥(本田技研(元)常務 )

1964年、多摩美術大学卒業と同時に本田技研工業株式会社に入社。創業者・本田宗一郎の薫陶を受け、ホンダ社のデザインの担い手となる。 大ヒット車「シビック」のデザイン担当として、カーオブザイヤー大賞受賞など、受賞歴多数。日本の自動車デザイン界の第一人者。 デザイン室の技術統括、本田...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ