第3回 P/L(損益計算書)のどこに、返済原資があるのか?

決算書の“見える化”術

財務・会計

2014.08.01

古山喜章(アイ・シー・オーコンサルティング社長)
   銀行からの借入金。金利は費用になりますが、元金は費用にはなりません。
決算書で出た利益を手当したいけど、使えるはずのそのお金がどこにあるのか判りません…。   
では、返済するお金は、いったいどこから廻せばよいのでしょうか?  
 返済原資とキャッシュフロー経営への入り口を、 P/L面積グラフの見える化で探ってみましょう。  
 


※ 2分56秒(MP3)
 
003-14081.jpg
 

※上記のプレーヤーから音声コラムをお聴きいただけます。
再生ボタンを押すと音声コラムがスタートいたします。
再生できない場合は、こちらから直接音声ファイルを再生してください。


 

講師紹介

古山喜章(アイ・シー・オーコンサルティング社長)

 オーナー社長の困りごとを解決する助っ人として活躍する実力コンサルタント。  大学卒業後、兵庫県の中堅食品メーカーに入社。主に管理部門のキーマンとして活躍、さまざまな経営改革や制度導入にたずさわる。  2005年、儲けの構造を知り尽くした、わが国屈指の名経営コンサルタント井上和弘...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ