人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

読書・書籍

2018.12.28

第83回『感動の創造 新訳 中村天風の言葉』(著:平野秀典)

眼と耳で楽しむ読書術

2018年も終わりに近づいていますが、
どんな1年になりましたか?

よき一冊との出会いは、あったでしょうか?

では、今年の締めくくりに、熱き一冊を紹介します。

『感動の創造 新訳 中村天風の言葉』(著:平野秀典)

です。

中村天風氏といえば、東郷平八郎、原敬など、日本の歴史に名を残す
偉人たちから、松下幸之助氏や稲盛和夫氏を始めとする経営者たちにも
大きな影響を与えた、成功哲学の巨人。

日本経営合理化協会の『盛大な人生』『成功の実現』『君に成功を贈る」などでも
おなじみですよね。

そんな中村天風氏が辻説法を始めてから100周年という記念の年に
天風哲学が「新訳」として登場!

教えを現代に甦らせたのは、"感動プロデューサー"で、
実父が天風会の講師だったという平野秀典氏。

本書では、天風氏の膨大な教えの中から、

・真善美
・絶対積極
・本領発揮

の3つの哲学をピックアップ。

厳選された天風氏の名言を分かりやすく語るとともに、
平野氏オリジナルの「感動力メソッド」の観点から天風哲学を読み解きます。
いわば、「天風哲学」と「感動力メソッド」との共演です。

さて、一体どんな新訳が?

それは読んでみてのお楽しみ、とさせていただきますが、
個人的には、本やCDで天風哲学に長く親しんできた方に、
特に読んでいただきたいですね。

きっと今まで気づかなかった新たな発見があるはず!
いつもと違う新鮮な目で、天風哲学を見ることができるかと思います。

もちろん、天風氏の本は初めてという方、あるいは、
関心がありながらも、とっつきにくさを感じて読めなかった方には、
またとないキッカケになるでしょう!

もし天風氏が今の時代を生きていたら、
経営者やリーダーにどんな言葉をかけるのでしょうか?

そんなことを感じながら、ぜひ読んでみてください!

尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『モンク・スタディーズ』(演奏:山中千尋)

です。

昨年、生誕100周年を迎えたジャズ界の巨匠セロニアス・モンクへ、
日本を代表するジャズピアニスト・山中千尋がおくるオマージュ・アルバム。
本書と共通する精神をぼくは感じます。
合せてお楽しみいただければ幸いです。

では、また次回。

講師紹介

団 長(本のソムリエ)

ビジネス書から絵本まで、年間1000冊以上を読破する“本のソムリエ”。活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくりや日本語教育に情熱を注いでおり、小中学校をはじめとする教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。シブヤ駅前読書大学...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)