人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

歴史・人間学・古典

2018.09.04

日本型組織の弱点(3)愚かなる大将は組織を蝕む

指導者たる者かくあるべし

 「甲陽軍鑑」にいう四つの類型

 タテ社会の弊害を抱える日本型組織では、トップはワンマン化しやすい。そのトップがいかに愚鈍であっても、それを指摘し、あるいは排除する力は働きにくいので、組織・企業は腐敗する。

 戦国大名である甲斐の武田家の軍学書『甲陽軍鑑』では、領国を失い、家を滅ぼす大将の四つの類型を挙げている。

 その第一は「愚鈍な大将」であり、第二は「利口すぎる大将」、第三に「臆病な大将」、四つめは「強すぎる大将」である。

 同書の指摘によれば、愚鈍な大将は、ただ愚かなだけではなく、往々にして自尊心が強くわがままだ。わがままだから月見・花見・物見遊山にうつつを抜かす。本芸である武道を疎かにして芸達者に終わる。

 例えて言えば、ちょっと景気がいいからといって小唄、ゴルフに精進して、上達ぶりを自慢する。視察と称して不要な海外旅行を繰り返すようなものだ。自惚れが強いから、本芸である組織運営、経営判断でも他人にはない優れた能力があると思いこんでいる。

 

 叱られるのを恐れてお追従に走る部下

 それでも家臣がしっかりしていれば、組織は回るはずだが、そうはいかない。トップとその側近ににらまれては中傷され失脚もある。出世に関わるので、侍たちは意見があっても言わなくなる。主君のやることなすことに、「なかなかお見事」と褒めそやす。

 すぐれた大将ならば、自分の判断に対する部下のお追従が、本当に感得しているのか、その場しのぎの儀礼的なものなのかを見分けられるが、これがまた至難の技だ。

 出張先のホテルに到着すると、好物の果物、飲料がずらりと並ぶ。手配したのが、現地所長だとわかると、「うい奴だ」と人事で取り立てる。それが噂になると、だれもが真似るようになる。「習い性となる」である。

 

 目を曇らせないために

 『甲陽軍鑑』を書き残した、武田信玄・勝頼の側近である高坂弾正は、そのような例を嫌というほど見てきたのだろう。

 愚かな大将は、人事能力でも自信があると自惚れているが、結局、自分と同じ愚鈍な側近が集まり、末端までその色に染まる。

 高坂弾正は、こう忠告している。「どんな国持ち大名の家中でも主君に直言する家老は、多くて五人、どうかすると三人もいない」と。それを見分け、自惚れることなく、耳に痛い客観的意見を聴くことができなければ、いかなる賢君でも、愚将と同じ轍を踏む危険を抱えている。

 近ごろ、スポーツ界、官界、大企業で繰り返し噴出している組織不祥事は他人事ではない。いずれも、外の眼には「そんな馬鹿なこと」と見えるが、内部にいると気づかぬものなのだ。いつあなたの組織にも起きるかもしれないのだ。他山の石としたい。

 

(書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

※参考文献
『日本の思想9 甲陽軍鑑・五輪書・葉隠集』相良亨編集 筑摩書房
『甲陽軍鑑』吉田豊 編・訳 徳間書店

 

講師紹介

宇惠一郎(元読売新聞東京本社国際部編集委員)

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。 ※主な著書と受賞歴 「20XX年地方都市はど...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)