人気のコラム
おすすめコラム記事
カテゴリ別一覧を見る

トレンド・新技術

2018.06.01

第47回 「今、良い企業は何に力を入れているのか?~ヨーロッパ視察編~」

継続経営 百話百行

先日、ヨーロッパに視察に行ってきました。

ヨーロッパと日本を地図で比べると
けっこう、日本が長いことがわかります。

日本は、

東西に3000km、南北にも3000kmあります。

ドイツのベルリンから、スペインのマドリッドまでで

北海道から、九州と重なります。


日本の国土は大きくないけれど

長いということがわかります。



http://www.jice.or.jp/knowledge/japan/commentary02
↑↑↑↑
このサイトの下の方に

「日本を動かしてヨーロッパの大きさと比べてみよう」

というのがあります。

目で見るともっとわかりやすいです。


今回の視察は、ドイツから入り、ミラノ、スペインのマドリッド、サンセバスチャン、バルセロナと周遊してきました。

最初の都市、ドイツのフランクフルトは、5年ぶりに来ました。

ちょっと驚いたのは

ドイツは、ハイテクのイメージがあり、

フランクフルトは、ドイツ第5位の街であるにも関わらず

クレジットカードが使えないことが多かったのです。


タクシーは、クレジットカードを使えるのですが

マニュアル(手書き)なのです。

昔、あったクレジットカードを転写するものです。

(写真:タクシーでのクレジットカード使用控え)


古い習慣を変えていくのが難しいのか

ただ単に投資をしないだけなのか?


どちらにしろ

時間がかかる(生産性が悪くなる)のは間違いないことです。

ドイツは

人口 8245万人(2016年9月)

面積 35.7万平方キロメートル(日本とほぼ同じ、日本の94%)

9カ国と接している。


首都はベルリン


都市ごとの人口は

1位 ベルリン 352万人
2位 ハンブルグ 178万人
3位 ミュンヘン 145万人
4位 ケルン 106万人
5位 フランクフルト 73万人

フランクフルトには、高層ビルが多数あり
現在は、金融の中心地になっています。

欧州中央銀行
ドイツ連邦銀行
フランクフルト証券取引所
ドイツ銀行
などがあります。

(写真:欧州中央銀行、ユーロマークが目立つ)


フランクフルト中央駅は、ヨーロッパ最大級のターミナル駅。

私の感想は
タクシーのクレジットカードが処理がアナログであること、
レストランでクレジットカードが使えないことにもビックリしました。

そして、
あれだけ繊細な工業製品を創る国民なのに
ドイツ料理は、お世辞にもおいしい!という感じはなく

フランクフルトも、ソーセージという感じです(笑)

(写真:ドイツ料理のお店、ネットで検索すると、かなり評価の高いレストランだったが、、、
その後スペインの超おいしい所に行ったからか、味は、、、、という感じ)


(写真:お肉もとかく普通だった)


しかし、
街中は好きで
古いものと、新しいものが融合し
マイン川のほとりなどもすごく良いです。
(写真:マイン川とフランクフルトの町並み)


(写真:マイン川沿いの公園)




(写真:フランクフルトの街並み)


そういう意味では

料理も、新しいものの受け入れも

日本人の素晴らしさは世界でも群を抜いているように思います。


それをどう活かすか?

ココがこれからの課題であり

戦前の日本人のように、もう少し日本人は、ぶっ飛んでも良いのかなと思います。

次回以降は「ミラノサローネで発見客単価を上げる方法」、「スペインで日本のマイナス未来を見てしまった」をお伝えします!

講師紹介

野田宜成(継続経営コンサルタント/ビジネスミート代表)

「事業を永続させるには、社長が我社の守るべきもの、変えていくべきのものを明確にし、効果的な仕組みをつくることが重要」と主唱する継続経営コンサルタント。 朝礼に役立つメルマガ「本日の名言・格言」はのべ2700号を超える。 神奈川大学卒業後、日産車体に入社。エンジニアとしてプロジェクトの...>もっと見る

おなじカテゴリのコラム

講師の商品ピックアップ

当サイトでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、GMOグローバルサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、SSL暗号化通信を実現しています。

SSLとは?(IT用語辞典)