【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
眼と耳で楽しむ読書術 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第92回『未来をつくる図書館』(著:菅谷明子)

第92回『未来をつくる図書館』(著:菅谷明子)

 
いよいよ"読書の秋"が、やってきましたね。
 
読書の秋だけではなく、"芸術の秋"でもあります。
 
ということで、今回は、初の試み!
 
書籍だけではなく、映画も合わせて紹介したいと思います。
 
まず、本は、
 
『未来をつくる図書館』(著:菅谷明子)
 
92-1.jpg
 
 
映画は、ロングラン上映中、
巨匠フレデリック・ワイズマン監督による
 
『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』
 
92-2.jpg
です。
 
 
どちらも、世界有数の図書館として定評ある、
ニューヨーク公共図書館についての作品。
 
そもそも、図書館についての本や映画が、
経営者やリーダーにとって、一体何の関係があるのか?
 
首をかしげる方も多いかもしれませんが、
アメリカ独立に貢献したことで知られる、政治家ベンジャミン・フランクリンは
次のような名言を残しています。
 
「アメリカ人全体の知識水準を高め、平凡な商人や百姓の教養を深めて
諸外国のたいていの紳士に劣らぬだけのものに仕上げたのは、図書館である」
 
"鉄鋼王"と有名なカーネギーも、貧しい時代に図書館で学び、
後に世界的な大富豪となったことでも知られています。
 
では、巨匠の手で映画にもなり、本にも書かれるほどの
このニューヨーク公共図書館とは!?
 
まず、著者は、
 
「時代に対応したタイムリーで革新的なサービスを、市民が求める形にして
次々と打ち出している姿勢」
 
に着目したとのこと。
 
さらに、
 
「単に本を無料で貸し出す場などでは決してなく、市民ひとりひとりが持つ
潜在能力を引き出し、社会を活性化させる極めて重要な装置」
 
と語っています。
 
経営者・リーダーにとって、特に注目すべきは、
本書で大きく紹介されている、通称"シブル"こと、
科学産業ビジネス図書館です。
 
公共図書館とビジネスという、一見すると相容れないような組み合わせが
非常に新鮮、かつ斬新!
従来の図書館のイメージとは大きくかけ離れた事業を知るだけでも、
大きな意味があります。
 
この最先端のビジネス図書館に、
世界中の経営者・起業家や研究者たち、さらには未来のリーダーの卵たちが
続々とやってくるのは、なぜか?
 
そのへんも、必読ポイントですね。
 
ちなみに、本書の方がだいぶ先に書かれていますが、
映画づくりの参考資料にもなっていないと思われます。
 
しかし、本書を読んでから映画を見る、
逆に、映画を見てから本書を読むことで、
相乗効果が期待できる、と自信をもって言えます。
 
何より、経営者・リーダーが、ビジネスの参考にも刺激にもなるのと同時に、
学ぶ意欲がグンと高まります!
ぜひお役立ていただければ幸いです。
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『J.S.バッハ:ゴールドベルク変奏曲(81年デジタル録音)』(演奏:グレン・グールド)
 
(画像92-3とリンク先が入る)
 
 
92-3.jpg
 

です。
 
音楽の歴史に燦然と輝く、鬼才グールドの代表作。
実は、映画の最後に流れる曲でもあります。
合せてお楽しみいただければ幸いです。
 
では、また次回。
 

バックナンバー

2019.10.25
第93回『デンマークの親は子どもを褒めない』(著:ジェシカ・ジョエル・アレキサンダーら)
2019.09.27
第92回『未来をつくる図書館』(著:菅谷明子)
2019.08.30
第91回『なぜ本を踏んではいけないのか』(著:齋藤 孝)
2019.07.26
第90回『思わず考えちゃう』(著:ヨシタケシンスケ)
2019.06.28
第89回「『氣』の道場 一流経営者やリーダーはなぜ『氣』を学ぶのか」』(著:藤平信一)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ