【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
眼と耳で楽しむ読書術 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第90回『思わず考えちゃう』(著:ヨシタケシンスケ)

第90回『思わず考えちゃう』(著:ヨシタケシンスケ)

 
経営者の方々とご一緒させていただくと、
読書に関する話題が必ず出てきます。
 
多くの方が、気にされていることの1つが、
「読む本の偏り」です。
 
当然のごとく、ビジネス書や自己啓発書が中心で、
もっと幅広く読んだ方がいいのでは? と思いながらも、
何を読んでいいのかわからない、というのが実情のようです。
 
そんなとき、ぼくがオススメしたいのは、
一見すると、全くビジネスと関係なさそうな本でありながらも、
実は大いにヒントや刺激になるもの。
 
たとえば、経営者やリーダーに不可欠な
「柔軟なモノの見方、発想」につながる本は、
非常に望ましいと思います。
 
今回紹介するのは、まさにそんな一冊!
 
『りんごかもしれない』『おしっこちょっぴりもれたろう』などの
ベストセラーで知られる、人気のイラストレーターで絵本作家、
ヨシタケシンスケ氏の最新作、
 
『思わず考えちゃう』(著:ヨシタケシンスケ)
 
です。


90-1.jpg
 

思わず考えちゃう/amazon

 
 
ヨシタケ氏は、講演に呼ばれた際、
予定時間よりも、かなり早く話終わってしまうことが
たびたびあり、困ったとのこと。
 
そんな時、日頃書き溜めているスケッチを
参加者に見せながらコメントしてみたところ、
非常に好評!
 
そこで、そのスケッチへのコメントだけをまとめて
一冊にしたものが本書、ということです。
 
いわば苦肉の策から生まれたアイデアですが、
たしかに面白い。
講演の場で好評を博したのも納得です。
 
中心となっているのは、
よくある日常の中での一場面。
 
「どうでもよすぎてわざわざ言わないことと、
大事すぎて言えないことっていうのが
 世の中にはいっぱいあって、
その両方に丁寧に1つずつ言葉をつけていく作業っていうのが、
僕がやってて楽しいこと」
 
と、語るヨシタケ氏。
 
シンプルで、ほんわかとした雰囲気の中に、
他の人とは違う視点、やわらかいモノの見方が
スーっと出てきて、実に読み応えがあります。
 
そして、思わず唸らされるような、
鋭い言葉も随時!
 
たとえば、
 
 ・人を甘やかすっていうのは、要は自分を甘やかすことにしかならない
 
 ・できないことをできないままにするのが仕事
 
 ・自分がすること、選ぶこと、見ること、聞くこと、自分の身に起こること、
  すべて「宝くじを買っている」と考えればいいのではないだろうか
 
 ・何か自分がやりたいことがあって、それができないっていうのは、
  大した悩みじゃないんですよ、たぶん。そうではなくて、自分のそばにいる人に、
  できてほしいことができないってときに、どう一緒にやっていくかっていうのが、
  実は一番難しい
 
など、ゆるい感じなのに、深いんですよね、全てが。
 
一見、全くそんな風に見えないですが、
経営者・リーダーに、ある意味、一番必要なことが詰まった一冊、といっても
過言ではないと思います。
大いにお役立ていただければ幸いです。
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『ブック・オブ・イントゥイション』(演奏:ケニー・バロン)
です。

90-2.jpg

 
ジャズピアノの巨匠ケニー・バロンの集大成とも言うべき傑作。
大ベテランならではの風格が漂う中にも、瑞々しさや自由さ、
生き様までもが伝わってきて、グっときます。
また、ケニーとの共演歴が20年以上に及ぶ日本人ベーシスト、
北川潔さんがトリオの一員として参加していることにも注目!
合せてお楽しみいただければ幸いです。
 
では、また次回。
 
 

バックナンバー

2019.09.27
第92回『未来をつくる図書館』(著:菅谷明子)
2019.08.30
第91回『なぜ本を踏んではいけないのか』(著:齋藤 孝)
2019.07.26
第90回『思わず考えちゃう』(著:ヨシタケシンスケ)
2019.06.28
第89回「『氣』の道場 一流経営者やリーダーはなぜ『氣』を学ぶのか」』(著:藤平信一)
2019.05.31
第88回『きちんと理解するイギリスの歴史』(著:内藤博文)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ