【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…日本最大級、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
眼と耳で楽しむ読書術 | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第89回「『氣』の道場 一流経営者やリーダーはなぜ『氣』を学ぶのか」』(著:藤平信一)

第89回「『氣』の道場 一流経営者やリーダーはなぜ『氣』を学ぶのか」』(著:藤平信一)

 
梅雨のようで梅雨でないような、妙な天気の6月。
日々の寒暖の差も激しく、コンディション維持、
とりわけ、心の管理が難しい季節ですよね。
ややもすると、ブレやすくなりがちな時期です。
 
これから暑い夏がやってくるのを前に
経営者やリーダーに、ぜひオススメしたい一冊があります。
 
『「氣」の道場 一流経営者やリーダーはなぜ「氣」を学ぶのか』(著:藤平信一)
 
です。


89-1.jpg
 

「氣」の道場 - 一流経営者やリーダーはなぜ「氣」を学ぶのか - (ワニブックスPLUS新書)/amazonへ

 
 
著者の藤平信一氏は、世界24カ国で約3万人が学ぶ「心身統一合氣道会」の会長。
全国経営者セミナーにも登壇されていますし、馴染みのある方も
多いかと思います。
 
本書はワニブックス【PLUS】新書から発刊されている藤平氏の
"氣"のシリーズの最新刊(三冊目)。
※前著は第78回コラムにて紹介
 
今回のポイントは、
「身体の状態を通して心の状態を知ることができる」
「氣を切らさずに生きる」といった藤平氏のモノの見方、考え方が、
今まで以上にリアルに感じられること!
 
それをよりわかりやすく、且つ、深める役割を果たしているのが、
文中で2章にわたって大きく展開されている、
大手芸能プロダクション・ホリプロの創業者、堀威夫氏との対談です。
 
ホリプロといえば、説明不要の日本を代表する芸能プロであり、
数多くのスターを発見し、育て続けていることでも有名。
 
堀氏は、なんと80歳から心身統一合氣道会に入門し、
86歳になった現在も毎週稽古に通っているとのこと。
一般的に見れば引退するような年齢から、
なぜ合氣道を始め、そして今もなお通い続けているのか? 
そして、そんな堀氏に対して、藤平氏が何を思うのか? 
 
中でも特に、
 
・堀氏が世の中の変化をどのようにキャッチしてきたのか?
・多くのスターやスタッフを発掘し、育ててきた堀氏の「人を見る目」とは?
 
は必見!
 
「失敗からは得るものがたくさんある。しかし、成功から得られるものは
ほとんどない」という堀氏の人生哲学も実に興味深い。
 
経営者・リーダー垂涎ものの内容が満載の、
ビジネス書の域を大きく超えた、この一冊。
大いにお役立ていただければ幸いです。
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
 
『アローン・アット・モントルー』(演奏:レイ・ブライアント)
 
です。

89-2.jpg
 
アローン・アット・モントルー/amazonへ

世界的なジャズフェスティバルとして知られる、スイスのモントルーでの名演。
このアルバム、実は、オスカー・ピーターソンが直前に出演をキャンセルしたことで
急遽レイ・ブライアントが代役として、しかも一人で舞台に立った時のもの。
 
彼が氣を切らずに生きてきたからこそ、急な出番にも関わらず、
これほどの名演ができたのか、と思わずにいられません。
折にふれ聴きたくなってしまう、大好きな作品です。
合せてお楽しみいただければ幸いです。
 
では、また次回。
 

バックナンバー

2019.09.27
第92回『未来をつくる図書館』(著:菅谷明子)
2019.08.30
第91回『なぜ本を踏んではいけないのか』(著:齋藤 孝)
2019.07.26
第90回『思わず考えちゃう』(著:ヨシタケシンスケ)
2019.06.28
第89回「『氣』の道場 一流経営者やリーダーはなぜ『氣』を学ぶのか」』(著:藤平信一)
2019.05.31
第88回『きちんと理解するイギリスの歴史』(著:内藤博文)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ