社長の経営セミナー・本・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

第102回「ロレンスになれなかった男」(著:小倉孝保)

第102回「ロレンスになれなかった男」(著:小倉孝保)


古の昔から、人は英雄たちに魅了されてきました。
時に彼らに自らを投影し、時に自分とは全く違う生き方に憧れを抱く。
また、苦境に陥った時、ピンチの折には、彼らの型破りな人生に勇気や元気をもらう。
 
まだまだコロナ禍の影響が残る今日、
人々は心のどこかで、胸のすくような、新たな英雄の出現を
待ち望んでいるのではないでしょうか。
 
現代の英雄たる経営者やリーダーたちに、
今のこのタイミングで、ぜひ読んでいただきたいと思う一冊が、
 
『ロレンスになれなかった男』(著:小倉孝保)
 
 
102-1.jpg
 
です。
本書の主人公である岡本秀樹氏は、世間的には無名に等しい存在。
しかし、その業績、その生き様たるや、ケタ違いに破天荒で、
こんな日本人が実在したのか、と驚かされます。
 
ごく簡単に岡本氏を紹介すると、映画『アラビアのロレンス』に憧れて、
二八歳でシリアに渡航。以来、空手文化のなかったアラブ世界に
空手の種を播き、空手人口が200万人を超えるほどにまで育て上げた傑物です。
 
これだけでも驚異的ですが、武勇伝はまだまだ終わりません。
空手を通じて、サダト、ムバラク、さらにはあのフセイン一族といった
日本の外交官でも、そうそう食い込めないアラブ諸国の高官たちと
太いパイプを築いていきます。
そして、大物たちとの人脈を生かし、さまざまなビジネスを展開。
こんなことが実際に起きるのか、と目を疑いたくなるようなことばかりで、
全てが映画のよう。いや、映画以上です。
 
もちろん、栄光には光と影があり、ビジネスの失敗で、
どん底も経験します。
それをいかに乗り越えていくのか?
これも本書の見どころの1つですが、
ポイントを挙げればキリがないほどです。
何より、どんなピンチにも屈することなく、
前に進み続ける岡本氏のバイタリティーは、
我々に今こそ必要なもの。
 
また、岡本氏、及び関係者の取材を18年に渡り続けた、
著者の小倉孝保氏の情熱も凄まじい。
アラブの現代史をリアルに知る上でも最適で、
経営者やリーダー、必読!
この近年稀にみる、エネルギーあふれる一冊、
読めば、ヤル気や元気がみなぎってきます!
 
尚、本書を読む際に、おすすめの音楽は
『チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調 作品74「悲愴」』
(指揮:テオドール・クルレンツィス)
 
 
102-2.jpg
 
です。

チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調 作品74「悲愴」/amazonへ
 
『クラシック音楽はつまらない』と語り、
"クラシック音楽界の革命家"と称される指揮者テオドール・クルレンツィス。
まさに、クラシック界における"アラビアのロレンス"的な存在だと、
ぼくには思えます。
合わせてお楽しみいただければ幸いです。
 
では、また次回。

 
 

バックナンバー

2020.07.31
第102回「ロレンスになれなかった男」(著:小倉孝保)
2020.06.26
第101回「大林宣彦の体験的仕事論」(語り:大林宣彦 構成:中川右介)
2020.05.29
第100回「世界観をつくる」(著:水野学×山口周)
2020.04.24
第99回「赤狩り」(著:山本おさむ)
2020.03.27
第98回「デトロイト美術館の奇跡」(著:原田マハ)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

本のソムリエ・団長

本のソムリエ・団長 シブヤ駅前読書大学 学長 一里塚華劇団 主宰

パリ、ロンドン、オーストラリア…国内外で活動を展開する、インディーズ・エンタメロックバンド
「一里塚華劇団」を主宰。ボーカル&ギター。

音楽分野のみならず、ラジオDJ、写真家、講演&教育活動、食文化研究家、翻訳家…はじめ、テレビ出演や各雑誌への寄稿など幅広く、ビートルズの ポール・マッカートニー生家で流れる日本語ナレーションも担当するなど、その活動範囲は、とどまるところを知らない。

特に、年間1000冊以上の読書を楽しむ “本のソムリエ” としてつとに著名で、小中学校や教育機関からの、読書授業の依頼が殺到。 活字離れが加速化する現代、独特の読み聞かせを始めとするユニークな授業を通じて、読書と親しむキッカケづくり、日本語教育に情熱を注いでいる。

シブヤ駅前読書大学・学長、NPO読書普及協会・専任講師、文部科学省「青少年のためのオーサービジット」講師、 日本学びテーナー協会・名誉会長、ワクバカアカデミー・主任教授などを兼務。趣味は帽子集め。世界各地の100個以上所有。大の甘党で"スイーツプリンス"の異名をとる。 著書に「夢は見つかる。必ず叶う!」、「わたしの読書日記(寄稿)」などがある。

※本名非公表。“団長”の名は「一里塚華劇団」リーダーの肩書きと芸名も兼ねています
『本のソムリエ団長』ホームページ http://www.honsom.com

おすすめ商品

本のソムリエ・団長シブヤ駅前読書大学学長の経営コラムに関するお問い合わせ