【秋季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…31講師登壇、日本最大級の経営者セミナー 

日本経営合理化協会の関連サイト
おカネが残る決算書にするために、やっておきたいこと | 社長の経営セミナー・本・ダウンロード・CD&DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第15回 延長された特別償却制度を活用していますか?
~「どちらでも同じ」という税理士にだまされるな!~

第15回 延長された特別償却制度を活用していますか?
~「どちらでも同じ」という税理士にだまされるな!~

今回のキーワード
「即時償却」

中小企業による設備投資を促すべく、安倍政権の下で打ち出された、設備投資時の特別償却制度が、2年間延長されました。2019年3月末の期限が、2021年3月末までに、延長となったのです。
これにより、設備投資時に100%全額を即時償却できる、という中小企業強化税制を、あと約2年間、活用できることになりました。
 
ただし、こう言うと、
「普通に減価償却をしても結局、どちらでも同じことですよ。」とか、
「税額控除の方が、利益は小さくならなくていいですよ。」などとおっしゃる会計士先生が現れることが、たびたびあるのです。
 
法人税は今後下がる方向なので、速く償却を済ませて法人税を先に減らしたほうが、残るお金は増えます。トクなのです。
特別償却した減価償却費は、特別損失に計上できるので、営業利益や経常利益に影響はありません。
加えてこれから先、経常利益を十分に確保できるかどうかは不明なので、全額償却できるときにしておいたほうが安心です。
 
結局、このようなことを考えずに、先のような発言をする会計士先生は、面倒くさいことをやりたくないのです。あるいは、やったことがないので二の足を踏んでいるのです。
そんなときは、
「じゃあ、よその会計事務所にお願いします。」と言ってしまえばよいのです。
 
 
bspl2_15.jpg

バックナンバー

2020.07.03
第26回 今こそデジタル化を一気に進めて、固定費を減らしなさい
2020.06.05
第25回 危機対応費用は何もかもすべて、特別損失にしなさい
2020.05.01
第24回 勧められるがまま、生命保険に入っていませんか?
保険屋のおばちゃんに気をつけろ!
2020.04.03
第23回 短期借入金が、やたらと多すぎることはないですか?
銀行支店長に仕組まれた、短期借入金のワナ
2020.03.06
第22回 「決算書一式お願いします。」と銀行が言っても、全部渡してはいけない
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

古山喜章氏 アイ・シー・オー コンサルティング社長

古山喜章(ふるやまよしあき) 氏
アイ・シー・オー コンサルティング社長

1965年大阪府生まれ。89年関西大学卒業後、高級洋菓子の超優良企業アンリ・シャルパンティエに入社。
同社が年商20億円から160億円へ事業発展をたどる中、経理、人事、生産管理、広報など、主たる管理部門でのキーマンとして、成長する会社に不可欠な様々な制度導入や経営改革を先陣で指揮する。

2005年著名実力コンサルタント 井上和弘氏の経営指導機関、アイ・シー・オー コンサルティングに参画。
自身が現場実務で携わってきた、地場の小企業が全国ブランドへと急速に事業が伸びる過程での、お金・人・製造・販売…の思いがけない諸問題や解決のやり方を体系化し、企業の黒子として経営指導をおこなっている。2014年代表取締役社長に就任。
著書に、「経営者の財務力を一気にアップさせる本」がある。

古山喜章先生の経営実務CD・DVD
【最新刊】「社長の経営財務 DVD版」

古山喜章先生の経営コラムバックナンバー
【音声コラム】「決算書の《見える化》術」

アイ・シー・オーコンサルティング社長古山喜章氏の経営コラムに関するお問い合わせ