【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…34講師登壇、経営者650名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
2015年2月4日 日本経済新聞 全5段 | 社長の実務書と講演CD・講演DVD【日本経営合理化協会】

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

2015年2月4日 日本経済新聞 全5段

2015年2月4日 日本経済新聞 全5段広告

商品一覧(4)


4 件中 1~4件を表示しています
  • 前へ
  • 1
  • 次へ
後継者の鉄則

<成功する事業承継シリーズ1>先代を超える経営手腕と人間づくり
後継者の鉄則

井上和弘 (アイ・シー・オーコンサルティング(ICOコンサルティング)代表取締役会長)

これまで380人以上の後継者育成にたずさわった著者が、「会社を絶対につぶさない知恵」「後継者必須の経営実務」「後継者としての人心掌握」「親族と資産管理」など、多くの事例をあげながら、たくましい後継者に成長させる実践ノウハウを、初めてまとめた書。

社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営

最小の人件費で最大の利益をあげる〝佐藤式 人件費コントロール〟
社員の給料は上げるが総人件費は増やさない経営

佐藤 肇 (スター精密 代表取締役社長)

■本書を推薦します
スズキ会長 鈴木修氏「景気に関係なく、自助努力だけで利益を生み出す法」
ファナック社長 稲葉善治氏「人件費を抜本的に革新する書」


 人手不足・賃上げ圧力が急速に強まるなか、安易な賃上げや増員はたちまち収益を圧迫し、企業体力を一挙に弱めかねない。

 中小企業の賃金は「少ない原資を、少ない人数で分ける」のが鉄則であり、小さなパイを大勢で取り合えば、社員の待遇改善など望むべくもない。

 社長は「最小の人件費で最大の利益を稼ぎ出し、同時に、社員の処遇を高めてさらなる増益に結びつける」ために、「固定費としての総人件費の抑制」「社員一人当たりの人件費の引き上げ」を矛盾なく両立させながら、全体の事業計画とリンクさせて、総人件費をコントロールしなければならない。

 本書は、どんな経営環境でも社員の給料を計画的に上げ続け、同時に高収益を叩き出す〝財務のカリスマ社長〟が、小さな町工場を社員700名の東証一部上場企業へと育て上げるなかで実践してきた、「佐藤式人件費コントロール」を公開。減収局面でも増益する「人件費の変動費化」、最小の人件費で最大の利益を稼ぐ「社員数の適正化」「労働生産性の向上策」など、早急に改善すべき人件費の抜本課題を、導入各社の成功実例を豊富にまじえ、12ステップのヒナ型実習で分かりやすく解説した注目の書。

値決め経営

儲けの9割は値決めで決まる
値決め経営

西田順生 (西田経営技術士事務所 代表取締役)

本当に儲かっている5%の会社の<値決めの仕組み>を初公開!

 「値決め」は経営の根幹、儲かっている会社には、必ず値決めのルールと仕組みがある。
 粗利2倍は当たり前、利益を飛躍的に伸ばす収益改善コンサルタントの著者が、“原価と値決め”にメスを入れ、短期間に利益を倍増させる経営ノウハウを初めて公開。

 「儲かっている会社の原価の出し方」「ウラの売価の6条件」「上手な値上げ交渉」「価格転嫁」「赤字で売って儲けるワザ」「コストダウンよりも利益意識」… 

 これまで限定された指導先だけに導入されていた「収益改善プログラム」の全貌を、事例会社をあげて、わかりやすく解説。

  巻末に、そのまま使えるフォーマット7点を添付。

経営のすべてを顧客視点で貫く《社長の最強武器》戦略BASiCS(ベーシックス)

戦略BASiCSを実戦する会社が、なぜ軒並み高収益に一変するのか
経営のすべてを顧客視点で貫く《社長の最強武器》戦略BASiCS(ベーシックス)

佐藤義典 (ストラテジー&タクティクス代表)

《戦略BASiCS》は、顧客ニーズと自社の強みがガッチリつながる「売れて儲かる」経営戦略を、たった5つの要素で設計し、実戦できるフレームワーク。
 本書は、売れない時代にあって、指導会社の収益を飛躍的に伸ばすマーケティングと競争戦略の達人が、これまで様々な業種・規模の会社で実績をあげてきた《戦略BASiCS》の具体手法を、BtoC、BtoB両方を網羅する豊富な成功事例をあげながら分かりやすく解説。
 中小企業が成熟市場で確実に利益を上げるための実戦的経営手法を提示する、経営者必読の書!

【ご購入者様特典】
本書第6編「Sm:メッセージ」特別編「刺さるメッセージの作り方」(PDF)を無料ダウンロードいただけます!


4 件中 1~4件を表示しています
  • 前へ
  • 1
  • 次へ