【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
社長のための“儲かる通販”戦略視点 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第255号 店舗数が逆転した「無印良品」の海外戦略

第255号 店舗数が逆転した「無印良品」の海外戦略

 ご存知の通り、私は中国やASEANに出向くことが多いので、様々な日本企業の出店を見かけるが、その中でもひと際よく目にするのが「MUJI」の看板である。「こんな地方都市のショッピングモールにも出店しているのか!」と、たびたび驚かされている。
 
 その「MUJI:無印良品」は、昨年、ついに海外店舗数が423店と国内店舗を初めて逆転した。中国の200店超えを筆頭に、ヨーロッパ・アメリカ・アジア各地に出店しており、近年ではASEANで出店攻勢を強めている。海外事業の要となる中国店舗の営業収益は、550億円と全グループの16%を占め、中国を含める東アジア地域においては、4割を稼ぎ出している。このように無印良品は、ユニクロ同様に海外でも稼げる小売りに成長し、着実に業績を伸ばしているわけだ。
 
 さらに、中国での「MUJI」人気と知名度を生かし、今年1月18日、中国・深圳市に世界初の無印良品のホテル「MUJI HOTEL SHENZHEN」を開業した。この深圳に続き、3月20日には中国・北京、2019年春には東京・銀座での開業を予定している。現業との親和性が高いホテル事業とはいえ、新規事業を日本ではなく中国からスタートさせたことに、中国市場に対する自信と世界戦略の方向性がみてとれる。
 
 とはいえ、無印良品の中国進出は1991年。今から27年も前のことで、決して順調に拡大してきたわけではない。一時期は香港撤退という苦い経験もあり、現在の海外事業の成功は、数々の失敗を糧に掴み取ったものである。中国人は、派手好みと言われていたが、シンプルさと自然志向を追求している無印良品は、香港から人気に火がつき、中国全土に波及していった。
 
 商品の世界観を伝えることに長け、ローカライズと仕組み作りを徹底して行っている無印良品。小売業にとどまらない今後の海外戦略に注目していきたい。
 
 
 
 

バックナンバー

2018.06.12
第256号 6兆7000億円
2018.05.29
第255号 店舗数が逆転した「無印良品」の海外戦略
2018.05.08
第254号 291兆170億円
2018.04.10
第253号 通販健康オタク県は?
2018.03.13
第252号 海外販路開拓ツアー「プノンペン&バンコク」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

通信販売指導のNo.1コンサルタント 白川博司氏

白川博司氏 通信販売指導のNo.1コンサルタント

これまでにメーカー、加工業、卸・問屋、住宅、小売、旅行、サービス…、あらゆる業種業態において、通信手段を駆使した新しい売り方、顧客・取引先開拓法、売上増大法を指導。この10年間に230社以上の通販事業立ち上げに携わり、軒並み成功させてきた斯界の第一人者。

指導の特徴は2つ。「資金500万円、6ヶ月で立ち上げること」、「営業利益10%を必ず、獲得すること」と明解。
瀕死の企業からの依頼にも臆することなく、通販部門ゼロからのスタートで、初年度新規売上1億円、次年度2億円、5億円、10億円…と、まさに倍々成長を実現。中には、わずか5年で売上30倍増の100億円を突破させるなど、「実践・実益のコンサルティング」を展開。指導先からは、さながら救世主的な支持を得る当代随一の通販コンサルタント。

指導先とは原則「半年間契約」「月1回、2時間の時給制指導」と、みずから成果勝負の場に身を置くも、その数字的な実績から契約継続が後を絶たず、北は北海道から南は沖縄まで月間数十社以上、まさに東奔西走で指導先を回る超多忙の毎日。
一度請け負ったからには必ず「こうすれば売れる」方法を、身銭を切ってでも開発。「絶対に逃げない」その情熱的な指導スタイルに、経営者から絶大な評価を博している。1994年四方事務所設立、現在同所所長。1945年生まれ。連絡先:四方事務所

通信販売指導のNo.1コンサルタント白川博司氏の経営コラムに関するお問い合わせ