【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
社長のための“儲かる通販”戦略視点 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第253号 通販健康オタク県は?

第253号 通販健康オタク県は?

 JADMA(日本通信販売協会)から『県民通販大調査2017』のレポート第2弾が1月15日に公開された。これは、全国47都道府県ごとの通販利用の実態把握を目的に、直近1年で通販を利用したことがある20代~60代の男女計10,000人を対象にしたQ&A 形式のインターネット調査で、2016年から実施されている好評企画である。
 
 たとえば今回の調査の中で、最近1年間に通販で健康食品・サプリメントを購入した人に対して、「ネット通販とリアル店舗のどちらを利用することが多いですか?」と質問。この商品ジャンルでネット通販の利用頻度が多い「通販健康オタク県」1位は、鹿児島という結果が出た。そして2位は大分、3位は熊本と続き、九州3県がトップ3を占めたことは特徴的である。47都道府県全体の結果としては、「ネット通販の方が利用頻度が多い」は13県、「リアル店舗の方が利用頻度が多い」は33県、同程度利用が1県となり、リアル店舗に軍配が上がっている。
 
 この調査結果に対して、県民性データアナリストの久保哲朗氏は、「ネット通販で健康食品の購入率が最も多い鹿児島県民は、リアル店舗での買物時間が全国46位と、あまり外へ買物に出ない傾向が見受けられる。また、県内にある病院数と看護師数がともに全国2位であり、医療機関が充実。それだけ健康を気にかける機会が多いと捉えられる」と、県民性の観点から通販の利用状況を分析している。鹿児島が1位というのは意外な気もするが、久保氏の分析をみると頷づくことしきりだ。
 
 これはほんの一部で、「通販ギフトの利用が多い県は?」「化粧品や美容品の年間購入金額が多い県は?」など興味を引く内容が多く、大いに参考になるレポートである。このような観点で、自社の顧客リストを県別に分けて様々な角度から分析してみると、新しい発見があるかもしれない。
 
 
 
 

バックナンバー

2018.05.08
第254号 291兆170億円
2018.04.10
第253号 通販健康オタク県は?
2018.03.13
第252号 海外販路開拓ツアー「プノンペン&バンコク」
2018.01.23
第251号 通販的「企業存続の極意」
2018.01.09
第250号「体験」「コト消費」のネット通販
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

通信販売指導のNo.1コンサルタント 白川博司氏

白川博司氏 通信販売指導のNo.1コンサルタント

これまでにメーカー、加工業、卸・問屋、住宅、小売、旅行、サービス…、あらゆる業種業態において、通信手段を駆使した新しい売り方、顧客・取引先開拓法、売上増大法を指導。この10年間に230社以上の通販事業立ち上げに携わり、軒並み成功させてきた斯界の第一人者。

指導の特徴は2つ。「資金500万円、6ヶ月で立ち上げること」、「営業利益10%を必ず、獲得すること」と明解。
瀕死の企業からの依頼にも臆することなく、通販部門ゼロからのスタートで、初年度新規売上1億円、次年度2億円、5億円、10億円…と、まさに倍々成長を実現。中には、わずか5年で売上30倍増の100億円を突破させるなど、「実践・実益のコンサルティング」を展開。指導先からは、さながら救世主的な支持を得る当代随一の通販コンサルタント。

指導先とは原則「半年間契約」「月1回、2時間の時給制指導」と、みずから成果勝負の場に身を置くも、その数字的な実績から契約継続が後を絶たず、北は北海道から南は沖縄まで月間数十社以上、まさに東奔西走で指導先を回る超多忙の毎日。
一度請け負ったからには必ず「こうすれば売れる」方法を、身銭を切ってでも開発。「絶対に逃げない」その情熱的な指導スタイルに、経営者から絶大な評価を博している。1994年四方事務所設立、現在同所所長。1945年生まれ。連絡先:四方事務所

通信販売指導のNo.1コンサルタント白川博司氏の経営コラムに関するお問い合わせ