日本経営合理化協会の関連サイト
社長のための“儲かる通販”戦略視点 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第240号 「国分グループ本社」と組む対中国ビジネス

第240号 「国分グループ本社」と組む対中国ビジネス

 売上1 兆8 千億円を誇る食品卸大手の国分グループ本社(K&K)。近年は、オリジナルブランドの「缶つま」のヒットでも知られているK&K が、この4 月、中国の輸入食品卸「深圳市一番食品有限公司」を子会社化した。私の対中ビジネスの食品分野において、重要なビジネスパートナーである一番食品がK&Kに吸収されたことは、戦略的にも大きな出来事である。
 
 これまでにもK&K は、中国市場で日本食の販売を展開しており、一番食品とも多くの取引を行ってきたが、富裕層を中心に日本食の認知度が高まり、今後も安定的な需要が見込まれることから、販売拡大へと舵を切ったのだ。数多くのメーカー代理権を持ち、広東省・上海・北京・四川省・山東省エリアを中心に、中系・日系・欧米系小売業者・代理店との取引先口座を持つ一番食品を子会社化することで、①輸入食品事業の中国全土への販売網の拡大、②日系小売店・日系外食企業からの要望への対応、③メーカーの中国進出支援と輸入業務支援、④「安全」「安心」「美味しい」日本輸入食品の供給ビジネスの拡大――などを通じて、中国での事業展開を加速させていく狙いだ。
 
 思い起こせば7 年前になるが、実戦会の第一回目の海外販路開拓ツアーの商談先がこの一番食品だった。それから定期的に深圳ツアーを開催してミーティングを重ね、同社を通して中国エリアへの進出を果たした会員企業も多い。その際は、K&K の海外統括部・貿易事業部を通しており、リスクなく海外輸出が行える「商品の国内受け渡し」、「代金の国内決済」という仕組みを実現している。今回の人事で新しく一番食品の菫事長となった荻野司氏とも面識があり、実戦会においても、対中国ビジネスのさらなる拡大を図っていくつもりだ。
 
 

バックナンバー

2017.07.11
第241号 攻勢を続けるアマゾンの自前配送
2017.05.23
第240号 「国分グループ本社」と組む対中国ビジネス
2017.05.09
第239号 「ヤマトショック」と「郵便料金値上げ」
2017.04.04
第238号 1兆4,845億円
2017.03.21
第237号 機会損失を減らす「注文受付時間」とは
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

通信販売指導のNo.1コンサルタント 白川博司氏

白川博司氏 通信販売指導のNo.1コンサルタント

これまでにメーカー、加工業、卸・問屋、住宅、小売、旅行、サービス…、あらゆる業種業態において、通信手段を駆使した新しい売り方、顧客・取引先開拓法、売上増大法を指導。この10年間に230社以上の通販事業立ち上げに携わり、軒並み成功させてきた斯界の第一人者。

指導の特徴は2つ。「資金500万円、6ヶ月で立ち上げること」、「営業利益10%を必ず、獲得すること」と明解。
瀕死の企業からの依頼にも臆することなく、通販部門ゼロからのスタートで、初年度新規売上1億円、次年度2億円、5億円、10億円…と、まさに倍々成長を実現。中には、わずか5年で売上30倍増の100億円を突破させるなど、「実践・実益のコンサルティング」を展開。指導先からは、さながら救世主的な支持を得る当代随一の通販コンサルタント。

指導先とは原則「半年間契約」「月1回、2時間の時給制指導」と、みずから成果勝負の場に身を置くも、その数字的な実績から契約継続が後を絶たず、北は北海道から南は沖縄まで月間数十社以上、まさに東奔西走で指導先を回る超多忙の毎日。
一度請け負ったからには必ず「こうすれば売れる」方法を、身銭を切ってでも開発。「絶対に逃げない」その情熱的な指導スタイルに、経営者から絶大な評価を博している。1994年四方事務所設立、現在同所所長。1945年生まれ。連絡先:四方事務所

通信販売指導のNo.1コンサルタント白川博司氏の経営コラムに関するお問い合わせ