【新春・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…34講師登壇、経営者650名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
次の売れ筋をつかむ術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第24回
「≪2013年日本最大のイベント≫伊勢神宮「式年遷宮」とは?」
~1300年以上続く驚異の伝統サイクルに学ぶ永続する組織~

第24回
「≪2013年日本最大のイベント≫伊勢神宮「式年遷宮」とは?」
~1300年以上続く驚異の伝統サイクルに学ぶ永続する組織~

2013年(平成25年)、日本最大のイベントは何か?それは言うまでもなく、
伊勢神宮の「式年遷宮」(www.sengu.info/)である。
tu24-01.jpg

式年とは一定の年限のことで、「式年遷宮」とは、20年に一度、伊勢神宮の社殿を新造して宮を遷す行事である。

大化の改新を成し遂げた天智天皇(中大兄皇子)の弟の天武天皇により飛鳥時代に定められ、
690年、持統天皇の御代に第1回が行われた。

以来、戦国時代の一時の中断を除いて、1300年以上の長きにわたって連綿と受け継がれて来た祭りだ。
tu24-02.jpg tu24-03.jpg

日本を代表するこの伝統行事が、2013年(平成25年)、第62回目の開催の時を迎える。

世界でも例のない驚異の伝統サイクルは日本文化の真骨頂であり、そこには永続する組織の智恵が凝縮されている。
tu24-04.jpg


◆日本国民の10人に1人が参加する"日本伝統博覧会"

古くから「お伊勢さん」の名前で親しまれて来た「伊勢神宮」は、正式には「神宮」と呼ばれ、
その名の通り、全国の神社の総元締め的役割を担う唯一至高の神社である。
tu24-05.jpg

近年、伊勢神宮への参拝客数は年間約50万人ずつ増加して来ており、
2009年(平成21年)は約800万人、2010年(平成22年)・2011年(平成23年)は約860万人を記録し、
日清戦争が終わった1895年(明治28年)の調査統計の開始以来、過去最高を更新した。

それまでで一番多かった年は1973年(昭和48)年の859万人で、同年、第60回「式年遷宮」が行われた。
遷宮の年以外で記録が更新されたのは初めてのことだ。

昨今の全国的なパワースポット人気も追い風となり、さらに参拝客が増えている。
 
第62回の「式年遷宮」が行われる2013年(平成25年)には、年間1000万人が詣でるとすれば、
日本国民のほぼ10人に1人が参拝することになる。

「式年遷宮」は"日本伝統博覧会"とも言える、まさに日本最大のイベントである。


◆気の遠くなる時間と労力を要する日本独自の希有な伝統

「式年遷宮」は、20年に一度とはいっても、実はこの年だけに行われる祭りではない。

2005年(平成17年)5月に行われた、新緑の森で材木となる木を伐り出す、"山の口に坐す神"に祈る
「山口祭」に始まり、
tu24-07.jpg tu24-08.jpg
国民参加の「お木曳き行事」など30に及ぶ数々の様々な祭典・行事を積み重ねつつ、
2013年(平成25年)秋の「遷御の儀」の斎行に至る一連の祭りだ。
http://www.sengu.info/gyoji.html
tu24-09.jpg tu24-10.jpg

20年ごとの遷宮のために、樹齢数百年以上のヒノキなど一万本を超える数の用材を伐り出し、
約10年の歳月をかけて、社殿を従来からある場所の隣の地にすべて新たに造営する。
tu24-11.jpg tu24-12.jpg tu24-13.jpg

また、525種類1085点にも上る、社殿の内外を装飾する装束や、
189種類491点もある神宝(調度類)に至るまで全部を新しく作り変えられる。
tu24-14.jpg tu24-15.jpg

気の遠くなる時間と労力を要する日本独自の希有な伝統だ。


◆日本文化の真骨頂たる1300年続く驚異の伝統サイクル

「式年遷宮」は、なぜ20年に一度行われるのか?

その理由については諸説ある。

稲の貯蔵可能な期間が最長20年だからという説。
20年に一度、元旦と立春が重なる大陸渡来の暦の知識によるという説など。

しかし、1300年前の日本人の一生は50年より短く、
技術や信仰を伝承するにはそれが精一杯の年限だったとする説が一番説得力がある。

伝統工芸の優れた技術を守り伝えねばならないし、
数々の祭りの開催や新殿の造営、調度類の製作のために要する膨大な人的ネットワークも
維持しなければならないからだ。
tu24-16.jpg tu24-17.jpg

すべてを作り変えるのは大変だが、それによって伝統工芸の優れた技術を守り伝えられるし、
建て替えで出る古材などでまだ使用できるものは各地の神社の改修などに再利用される。 
tu24-18.jpg

リサイクルなどという概念が生まれるずっと以前から引き継がれて来た驚異の伝統サイクルだと言えよう。

中国、エジプト、ギリシャをはじめとする諸外国における堅固な石造りによって永続性を得ようとする
ハード中心の神殿とは明らかに異なる、ソフト中心、人間中心の「式年遷宮」は、まさに日本文化の真骨頂である。


◆「式年遷宮」に学ぶ永続する組織

この祭りには、毎年新たな稲穂が実るように、新しい木の命によって神々が生まれ変わり、
人々も神々から新たな力を頂く、そして建物も世代を継いで永遠の命を維持するようにという祈りが込められている。

組織が生き残るためには、常にオゴリとマンネリを排し、変化に即応して行かねばならない。

しかし、変化を先取りするとは言っても根無し草では流されてしまう。

根が浅いとどんなに大樹に育っても強風が吹けば倒れてしまう。

変化に立ち向かうためにこそ強く深い根を持たねばならない。

生命体において重要な遺伝子は頑なに変化しない。

組織の根本を成すDNAの伝承を考える時、定期的に皆で一緒に一つの事を行い続けることの大切さをはじめ、
「式年遷宮」は様々な示唆を与えてくれる。

日本独自のこの希有な伝統を継続可能にして来た、過去・現在・未来を結ぶ温故知新、不易流行の在り方は、
組織永続の最高のお手本だと言えよう。

「式年遷宮」の年に伊勢神宮に参り、世界に誇る日本の伝統を守り続けたい。
tu24-06.jpg


 

バックナンバー

2016.11.11
第71回
最後の巨大マーケット「アクティブシニア」を狙え!
~バリアフリーは間違い?これからは「バリアアリー」だ!~
2016.10.14
第70回
日本発の摩訶不思議な動画「PPAP」が世界中で大人気!?
~ジャスティン・ビーバーも夢中にさせる「ピコ太郎」の正体~
2016.09.09
第69回
世界のSAKEブランド「獺祭」のライスミルクで乾杯!
~米粉を再利用したアレルゲンフリー・添加物フリーの新飲料~
2016.08.12
第68回
《社内運動会》が復活!?急増する"古くて新しいスポーツイベント"
~社員同士のリアルな交流・活動の場が企業力をアップする!~
2016.07.08
第67回
当たってしまった「そんなバカな?」と思われた2016年《3大予言》
~「安値ミクス」「リーマン級危機」「イギリスEU離脱」が導火線で飛び火?!~
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

マーケティングコンサルタント 西川りゅうじん氏

西川りゅうじん氏 マーケティング コンサルタント


1960年生まれ。兵庫県出身。84年一橋大学経済学部卒業。86年同大学法学部卒業。

在学中に企画プロデュース会社を起業し、30年にわたり赤字の年なく経営。
実家は創業以来63年間黒字の製造販売業を営む中小企業。

「ウォークマン」の販売促進、「ジュリアナ東京」のPR、「福岡ドーム」のオープニング演出、「六本木ヒルズ」「表参道ヒルズ」「三井本館」「コレド日本橋」「京都駅ビル」「上海金融環球中心」のコンセプト立案・商業開発、「愛・地球博」の“モリゾーとキッコロ” や 「平城遷都1300年祭」の“せんとくん”のデザイン及びネーミングの選定・広報、「つくばエクスプレス」や「成田スカイアクセス」の沿線まちづくり、本格焼酎マーケティング研究会座長としての芋焼酎の全国的な人気づくり、「龍馬伝」と連動した高知県「龍馬博」総合プロデュース、日本橋・吉祥寺・柏・瀬戸内7県・沖縄離島の地域活性化に携わるなど、産業と地域の“元気化”に 手腕を発揮している。

東京工業大学・早稲田大学・津田塾大学・甲南大学・東北芸術工科大学・松山大学の非常勤講師、拓殖大学客員教授を歴任。

厚生労働省「健康寿命をのばそう!Smart Life Project」スーパーバイザー
経済産業省「地域の魅力セレクション」審査委員長
林野庁「森林セラピー」戦略会議座長
(社)全国信用金庫協会「商店街ルネッサンス・コンテスト」審査委員長
観光庁「観光立国推進戦略会議」ワーキンググループ委員
神奈川県と横浜市が連携したまちづくり委員会「マグカル・テーブル」座長
兵庫県参与
長崎県観光PRアドバイザー
熊本県「企業力《1ランクUP!》プロジェクト」スーパーバイザー
(公財)にいがた産業創造機構アドバイザー
日光市まちづくりアドバイザー
小田原市観光協会総合アドバイザー
藤沢市駅前商店街活性化アドバイザー
都城市PRアドバイザー


西川りゅうじん氏 全国経営者セミナー講演収録CD・DVD
「元気な会社の創り方」講演CD・DVD
●西川りゅうじん氏の全国経営者セミナーの講演がCD・DVDになりました!
マーケティングの達人が説くわかりやすい元気化講座。変化をチャンスにせよ!価格競争を脱し価値を訴求。ヒット商品の新・方程式。失客しない留客力とは。人財を活かすリーダーシップ

マーケティングコンサルタント西川りゅうじん氏の経営コラムに関するお問い合わせ