日本経営合理化協会の関連サイト
高島健一の「社長のメシの種」 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第205回 ワークライフバランス

第205回 ワークライフバランス

 少子高齢化社会の日本は若者の比率が低く、高齢者の比率が非常に高い「人口オーナス期」に入っており、戦後の高度成長時代の、若者の比率が高く、高齢者の比率が非常に少ない「人口ボーナス期」とは働き方を変える必要がある。
 
 労働人口が多かった人口ボーナス期は、男性が働き女性が家事をするという分担や、同質の人間を揃えた社員構成、長時間労働などが良かったが、労働人口が減少する人口オーナス期には、働いていない育児中の女性などの労働参加を促し、育児休業や介護などに対応するため多様な人間が短時間労働をする環境を作ることが必要だという。
 
 一人目の子どもが生まれた後の夫の育児・家事参画時間と、二人目の誕生も比例しているようで、今後の少子化対策からも残業を減らすことは有効だという。
 また、2014年に、育児をする男性の数を介護をする男性の数が上回ったが、団塊の世代が65〜70歳になっており、親などの介護負担が育児を上回る問題になりつつある。
 
 このような社会状況の中、企業はワークライフバランスを考え、社員構成や仕事の仕方を再構築することが重要になってきた。
 
■シンク・オブ・シングス(THINK OF THINGS)
 東京・原宿駅から山手線沿いを3分ほど歩いたところに5月26日にオープンした「THINK OF THINGS」は、「ワークとライフの境界を超える」をテーマにしている。
 
 ここは、創業112年の文具メーカー「コクヨ」が次の時代のスタンダード(好き、心地よい)を提案するショップ&カフェで、暮らしと仕事(学び)を割り切って考えるのではなく、同じベクトルで見渡すことでより自分らしさを認識したり、自分の可能性を見出すことにつながると考え、生活と仕事の双方に刺激や発見をもたらす道具としての文具、家具、ファッション雑貨などを自社商品だけでなく他社商品もセレクトして販売している。
 
 また、入り口にある「OBSCURA COFFEE ROASTERS」がプロデュースするカフェでは、4種のコーヒーやお店で揚げる出来立てコロッケをはさんだコッペパンサンドが食べられ、自然に囲まれた中庭にも出られる。
 
205-1.jpg
205-2.jpg
 この場所の使い方も、仕事をしている人、デートのカップル、文具を買いに来た人、コーヒーを飲みながらゆったりした時間を過ごしている人など多様で、新たなワークライフバランスを考える場所となりそうだ。
 
 
 
 
 
 
 
======== DATA =========

シンク オブ シングス(THINK OF THINGS)
http://www.think-of-things.com
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1(JR原宿駅竹下口より徒歩3分)
営業時間:10:00〜20:00(定休日:毎月第3水曜日)

 

バックナンバー

2017.07.18
第206回 ロールアイスクリーム・ファクトリー
2017.07.04
第205回 ワークライフバランス
2017.06.20
第204回 ロボットベンチャー(シリコンバレー視察レポート)
2017.06.06
第203回 スターバックス・リザーブバー
2017.05.16
第202回 東京駅構内の新・東京土産店
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

社長専門 新事業アドバイザー 高島健一氏

高島健一氏 社長専門 新事業アドバイザー 

 次の成長事業やヒット商品を、誰よりも早く探し出す社長専門の新事業コンサルタント。日本にとどまらず世界中、人の集まるところには必ず自分の足を運ぶ行動力に定評があり、社長の経営アドバイザーとして活躍。

 「百聞は一見にしかず。百見はワンタッチにしかず」を信条とし、自分の眼で、耳で、手で必ず体験する現場主義を徹底。旺盛な好奇心と独特の感性から、次のヒット潮流を確実に先見する。

 慶應義塾大学経済学部卒業後、1978年日本楽器製造(株)入社後、(株)高島陽事務所(現在の高島事務所)に入社。現在同所代表。著「新しい儲け方のヒント」…他。

社長専門 新事業アドバイザー高島健一氏の経営コラムに関するお問い合わせ