【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
高島健一の「社長のメシの種」 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第195回 「和」テイストを核とした展開

第195回 「和」テイストを核とした展開

■デリファシャス(deli fu cious)
 最近「和」の要素を取り入れた洋風料理店や、「和」に洋風手法を取り入れた店などが注目されているが、今年は「和」のテイストを核とした展開が期待できそうだ。
 
 昨年12月23日に東京・中目黒にオープンしたフィッシュバーガー専門店「デリファシャス(deli fu cious)」は、ミシュラン2つ星の鮨屋「銀座 青空(ハルタカ)」で経験を積んだすし職人がプロデュースしている。
 そのため、メニューも昆布で締められたさっぱりとした魚に和風出汁豆腐ソースをかけた「昆布〆フィッシュバーガー」(600円)や、独特のコクが加わるカニミソ入りのオプション(+200円)もある「カニクリームコロッケバーガー」(900円)などが人気で、付け合せも通常のハンバーガー屋のようなフライドポテトではなく、野菜の酢漬けや自家製無添加ドレッシングのサラダなどとなっている。
 
195-1.jpg
 店名の「デリファシャス」は憶えにくく、発音もしにくいので困るが、delicious(美味しい)とfucking(すごく)を組み合わせた「めちゃくちゃ美味しい」という意味の造語だそうで、通常のバーガーとは違った味わいは経験する価値がある。
 
■東京茶寮
 1月5日に東京世田谷区三軒茶屋にオープンした日本茶専門店「東京茶寮」は、ブルーボトルコーヒーに代表される「サードウェーブ・コーヒー」(第3次コーヒーブーム)のように、日本各地から取り揃えた単一農園・単一品種の「シングルオリジン煎茶」をカウンターでバリスタ(コーヒーを淹れる職業)がハンドドリップで提供するという新しいスタイルの店だ。
 
 ここでは日本茶をコーヒー風に淹れるために、特許出願中の日本茶専用ドリッパーを用い、お湯の温度を1煎目(70℃)、2煎目(80℃)、3煎目(80℃〜)と変化させることで、アミノ酸・カフェイン・カテキンの抽出具合をコントロールし、同じ茶葉で3煎美味しく味わえるような工夫をしている。
 
195-2.jpg
 ここでは、茶葉の甘味・旨味・渋味や香りの違いを明確に感じられる「飲み比べメニュー」(煎茶2種飲み比べ+お茶菓子:1,300円)がお薦めだ。
 
 普段のライフスタイルに香り高い日本茶を取り入れ、最大限に楽しむことを目的とした「green brewing」ブランドの茶葉を店内奥で販売しているが、今後はここで使用している日本茶専用ドリッパーも販売する予定だという。
 
 店内はカウンター9席しかないため1時間ほど待つことが多く、時間の余裕がある時しか行けないが、日本茶の新たなサービス手法として注目している。
 
 
 
 
 
 
 
======== DATA =========

デリファシャス(deli fu cious)
http://delifucious.com
所在地:東京都目黒区東山1-9-13
営業時間:11:00〜22:00

●東京茶寮
所在地:東京世田谷区上馬1-34-15
tel:03-6805-3071
営業時間:11:00〜20:00、定休日/月曜、祝日の場合翌日

バックナンバー

2017.04.25
第201回 GINZA SIX(ギンザシックス)
2017.04.18
第200回 グルメバーガー
2017.03.28
第199回 ドバイとアブダビ
2017.03.14
第198回 ドバイの世界一
2017.02.28
第197回 アナログ製品の再評価
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

社長専門 新事業アドバイザー 高島健一氏

高島健一氏 社長専門 新事業アドバイザー 

 次の成長事業やヒット商品を、誰よりも早く探し出す社長専門の新事業コンサルタント。日本にとどまらず世界中、人の集まるところには必ず自分の足を運ぶ行動力に定評があり、社長の経営アドバイザーとして活躍。

 「百聞は一見にしかず。百見はワンタッチにしかず」を信条とし、自分の眼で、耳で、手で必ず体験する現場主義を徹底。旺盛な好奇心と独特の感性から、次のヒット潮流を確実に先見する。

 慶應義塾大学経済学部卒業後、1978年日本楽器製造(株)入社後、(株)高島陽事務所(現在の高島事務所)に入社。現在同所代表。著「新しい儲け方のヒント」…他。

社長専門 新事業アドバイザー高島健一氏の経営コラムに関するお問い合わせ