日本経営合理化協会の関連サイト
酒井光雄 成功事例に学ぶ繁栄企業のブランド戦略 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

<事例―38 齋栄織物(B2BとB2C)>世界一薄くて軽い先染めシルク「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」を考案した企業...それが「齋栄織物」だ (シリーズ最終回)

<事例―38 齋栄織物(B2BとB2C)>世界一薄くて軽い先染めシルク「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」を考案した企業...それが「齋栄織物」だ (シリーズ最終回)

38-1.jpg

 

38-2.jpg

 

 ●衰退する絹織物産業界で注目される取組み
 
 齋栄織物(齋藤泰行代表)はJR福島駅から車で30分程の福島県伊達郡川俣町に立地し、売上高16,000万円、社員数15名(いずれも福島県ものづくり企業データベースを参照)の規模ながら、伝統的な和装の織物技術をベースに研究を重ね、世界一薄く軽いシルク「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」を生み出した企業だ。
 
 現在の川俣町では、安価な輸入品の台頭により絹織物産業は衰退し、かつては400社を数えた絹織物業者はおよそ1/10まで減少している。こうした市場環境の中で、齋栄織物は世界一薄く軽いシルク「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」を考案して世界に注目された。
 
 同社は2012年に第四回「ものづくり日本大賞」で内閣総理大臣賞を受賞し、同年に『グッドデザイン賞』も受賞している。
 
 ●リーマンショックで全ての取引先を失う
 
 国内生産される生糸は昭和初期までは海外に輸出され、外貨の収入源になっていた。そのため生糸には高い値が付き、京都や丹後、福井などの大規模な絹織物の産地でないと入手が困難になった。規模が小さい川俣町にある企業群には生糸の仕入れ量には限りがあり、そこで考え出されたのが薄手の織物を作る技術だった。
 
 齋栄織物は当初スカーフ用の生地を生産していたが、世の中がカジュアル化したことで、スカーフの売り上げは年々減少していった。この窮状を打破するため、同社は生糸を前もって色染めしてから織り上げ、タテ糸とヨコ糸の色を変えることで無数の色合いが生まれる先染織物の生産に着手した。
 
 先染織物の生地は玉虫色の光沢を放つとともに、独特のハリ感を産み出すという特徴があることからウェディングドレスのデザイナー達が着目し、採用されるようになった。ドレスに先染織物が利用されたことで、齋栄織物はその売り上げを大きく伸ばし、さらに先染織物はタキシードやカクテルドレスなどにも用いられ、アメリカ市場にも販路を開拓。
 
 2005年頃までには、同社の売り上げの半分を占めるほどに成長していた。ところが2008年のリーマンショックにより、アメリカのブライダル市場は韓国やインドなどの安価な生地に切り替えてしまい、齋栄織物も大部分の取引先を失ってしまう。
 
●重さ600gのウェディングドレスを実現したフェアリー・フェザー
 
 その起死回生策として経営者の齋藤氏が取組んだのが、「世界一薄く軽い先染めシルク」の開発だった。世界一薄い絹織物をつくるには、世界一細い生糸が必要になる。
 
 そんな折に医療用の繭糸(けんし)を手掛けるある県内のメーカーが、「三眠蚕(さんみんさん)と呼び、1日の睡眠数を4回から3回に減らして未成熟な蚕を産み出す技術」によって手術の縫合用として人間の髪の毛の約1/6の細さという世界一細い繭糸を開発したことを知り、これを入手する。
 
 試行錯誤の結果、2011年9月に「世界一薄く軽い先染めシルク」を完成させ、今までにない透け方と薄さならではの質感から、生地を「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」と命名した。
 
 齋藤氏はフェアリー・フェザーを携え、ブライダルファッションデザイナーの桂由美氏の元に向かった。桂由美氏と斉藤氏は30年来の付き合いで、かつて「晴れ舞台なのに、ウェディングドレスが重くて花嫁さんが疲れてかわいそう」という言葉を記憶していたからだ。ちなみに従来のウェディングドレスは平均して10kgもの重さがあった。
 
 フェアリー・フェザーを使った重さ600gのウェディングドレスは、12年2月に初めて社会に発表され、大きな反響を呼んだ。この手応えに後押しされて同年に欧州の展示会に出展し、そこで30社近いメーカーとの取引が成立。フェアリー・フェザーはもとより、齋栄織物のシルクはジョルジオ・アルマーニ、ルイヴィトン、シャネルといった世界的ブランドに採用され、その取引は今も継続している。
 
 2012年9月に齋栄織物はコーポレートブランドとして「SAIEI SILK」を立ち上げ、自社ブランドのスカーフを商品化して新たにB2C市場に参入。2014年にはインターネットによる直接販売も開始した。
 
 2013年2月に日本橋三越のストール売り場をすべて川俣シルクにして、予定量の3倍の売り上げを記録。さらにSAIEI SILKのスカーフは、ルミネの受付スタッフの制服として採用され、2015年11月からはポーラ化粧品のノベルティとしても起用された。
 
 齋栄織物が製造するものの内、3分の1は工業製品で、医療用や印刷や、音響機器、パラシュートの生地など幅広く利用され、近年では空気清浄器などで使われるフィルターは同社の売り上げの3割~4割を占めている。
 
 
<「齋栄織物」の事例に学ぶこと>
 
 新興国による安価な量産品の台頭で国内市場が衰退しても、自社製品の高付加価値化に取組めば新たな市場と顧客が創造できる。また自社のブランド力を向上させれば、B2BだけでなくB2Cにも進出できるという好事例だ。
 
 
 
 
 
《 酒井氏渾身の最新刊!》
 
book.jpg
 
《 酒井氏 好評既刊》

●価格の決定権をもつ経営

●ストーリービジョンが経営を変える

●中小企業が強いブランド力を持つ経営

バックナンバー

2017.02.07
<事例―38 齋栄織物(B2BとB2C)>世界一薄くて軽い先染めシルク「フェアリー・フェザー(妖精の羽)」を考案した企業...それが「齋栄織物」だ (シリーズ最終回)
2017.01.17
<事例―37 中村ブレイス(B2BとB2C)>世界に誇る技術力で義肢装具を製作し、世界中の人々から感謝されている企業...それが「中村ブレイス」だ
2016.12.06
<事例―36 ホワイトローズ(B2BとB2C)>政治家から皇室まで愛用する高品質ビニール傘を製造販売する中小企業...それが「ホワイトローズ」だ
2016.11.01
<事例―35 日プラ(B2B)>水族館用大型アクリルパネルで世界シェア70%を誇り、納入実績は世界60ヶ国に及ぶ世界的中小企業...それが「日プラ」だ
2016.10.04
<事例―34 冨士製作所(B2B)>即席麺製造機械で世界シェアの約50%を誇る・・・それが「冨士製作所」だ
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ブレインゲイト 代表取締役 酒井光雄氏

酒井光雄氏 ブレインゲイト 代表取締役

 事業経営の本質は「これまでになかった新たな価値を生み出し、社会に認めてもらう活動」であると提唱。
 価値の低いものはいつの時代にも、必ず価格競争に巻き込まれ、淘汰されていくとして、一貫して企業と商品の「価値づくり」を情熱的に指導する、注目のコンサルタント。
 常に最終顧客となる「生活者」を意識した独自の「価値づくり」を事業戦略にまで高め、価値で競える企業づくり、売れていく商品、企業ブランド価値の形成、顧客との関係づくり、既存事業の深みある拡大…など、「確実に事業を成長させていく戦略」を展開。
 これまでに自動車、飲料食品、衣料、住宅、コンピュータ関連、生活関連、金融…など、コンサルティング先は100余社を数え「経営者に勇気と収益をもたらすコンサルタント」として絶大な人気を博している。
 実際、氏が代表を務めるブレインゲイト株式会社は、日本経済新聞社が実施した「企業が評価する経営コンサルタント調査」で、世界4大会計事務所の一つと同一ランキングに選ばれるなど、そのコンサルティング活動の評価は極めて高い。 また、入塾希望が後を絶たない経営者のための勉強会「酒井塾」の塾長としても活躍。
 1953年生まれ。学習院大学法学部法学科卒。ブレインゲイト株式会社代表取締役。

ブレインゲイト代表取締役酒井光雄氏の経営コラムに関するお問い合わせ