【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第129講 「論語その29」
君子は周して比せず 小人は比して周せず

第129講 「論語その29」
君子は周して比せず 小人は比して周せず


【意味】
君子である度量の大きな人は広く公平に交わり、特定の仲間に偏しない。君子でない狭量の小人は特定の仲間と交わるだけで、広くは交わらない。



【解説】
 「君子と小人」は、人間学では重要なテーマです。明確な定義はありませんが、一般的に「君子は度量ある立派な人」であり、「小人は狭量のコセコセする人」となります。様々な角度から「君子・小人」に関する名言が残されていますので、以下に紹介します。
 
 「君子は泰かにして驕らず。小人は驕りて泰かならず」(論語)
 《意》君子は泰然自若(慌てずどっしり落ち着いている様)で高慢ではない。逆に小人は虚勢を張りたがり穏やかではない。
 《解》最近の弱肉強食の企業社会では、首脳陣の品性よりも企業業績が優先されがちですが、組織運営の本来のあり方から見れば、あくまでも「組織は人に在り」となります。
 経営指導の経験からすれば、企業は一時的に経営環境が好転し利益に恵まれる時があります。すると苦労人社長も緩みが生じ、社長車を高級車に変えます。儲かっている間は高級車でも構いませんが、業績が下降した場合には分相応の節約が必要です。しかし業績悪化を同業者に知られないために、虚勢を張る贅沢経営を続ける傾向があります。このような行動が掲句の「小人は驕りて泰かならず」と云うことになります。

 「君子は義に諭り、小人は理に諭る」(論語)
 《意》君子の経営姿勢は道義を優先するが、小人の経営姿勢は目先の損得を優先する。
 《解》かつてサラ金と云われた高利金融企業が、困窮者の弱みに付け込んで高利融資をして暴利を貪り、大きな社会的な問題になりました。この種の企業は世の中から消えたと思っていましたが、最近は大手銀行傘下の金融会社であることを謳い文句に復活しつつあります。
 そもそも「企業とは、社会に役立つ企画を業とし、その企画を繰り返し行う組織」です。それ故に今までの多くの先人企業経営者は、君子たる振る舞いで社会貢献を心掛け、小人たる振る舞いを自重して、その上で堂々とした経営姿勢で業績を維持してきました。
 だからこそ各企業も、現代社会を構成する中心組織として認められ、その経営首脳陣も一定の社会的な尊敬を受けてきました。資本主義社会の中心となる大銀行であるからには、如何にゼロ金利時代で苦しいと云っても「経営姿勢の道義」を守り抜かなくてはいけません。

 「君子重からざれば、即ち威あらず」(論語)
 「君子は必ず其の一人を慎むなり」(大学)
 《意》前句:君子として重々しさが無ければ、威厳が無い。後句:君子は我が立場を理解し慎み深くすると共に、自己の器量拡大に繋がる鍛錬修行を疎かにしてはならない。
 《解》武蔵の言葉に「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす」とありますが、修行とは無心になって鍛錬を繰り返すことです。千日の坐禅行、100万歩の散歩修行、1万段階段登行修行、1万個ゴミ拾い修行などが考えられます。修行鍛錬を意識して毎日行い、3~5年の長期で取り組むことです。そして数カ月単位の節目ごとに自分の成長度合いを記録して比較してみてください。自分の成長過程が確認でき「修行継続の自信」が生まれます。

 

杉山巌海

バックナンバー

2018.03.23
第130講 「論語その30」
学びて思わざれば罔し 思いて学ばざれば殆し
2018.02.23
第129講 「論語その29」
君子は周して比せず 小人は比して周せず
2018.01.26
第128講 「論語その28」
君子は 器ならず
2017.12.22
第127講 「論語その27」
政を為すに徳を以てすれば 例えば北辰のその所に居て 衆星のこれに巡るが如し
2017.09.29
第126講 「論語その26」
過ちは、改むるに憚ること莫れ。
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

(学)名古屋大原学園 学園長・税理士 「100万人の心の緑化作戦」提唱者 杉山 巌海氏

杉山 巌海氏 (学)名古屋大原学園 学園長・税理士

銀行勤務を経た後、大原学園グループの創始者青木靖明氏の薫陶を受け、税理士等10数種類の資格を取得。 現在、学校法人名古屋大原学園のTOPとして大原簿記情報医療専門学校、大原法律公務員 専門学校、大原トラベル・ホテル・ブライダル専門学校…など15校を経営。

経営の傍ら、30年以上にわたり禅宗・儒教・道教などをもとに、東洋思想からみた 人間学や経営学を研究、多くの先人の教えを自らの事業経営に活かす。

現在、「100万人の心の緑化作戦」を提唱し、名古屋・浜松・静岡・沼津の4地区で20年以上にわたり、開催回数350回、参加延人数51,000人にのぼる古典を通した「人間学読書会」を主宰。

著書に「心の基礎力1宋名臣言行録・貞観政要・論語編」、「心の基礎力2言志四録編」、「心の基礎力3老子・菜根譚・三国志編」、「名句名言の味わい方・活かし方」。経営CDシリーズとして、東洋思想に学ぶ社長の行動哲理と人間学シリーズ最新刊「社長の大義と実践経営」をはじめ、「菜根譚CD」「帝王学CD」「言志四録CD」「韓非子CD」「論語CD」「老子CD」。

●シリーズ最新刊「社長の大義と実践経営」CDをはじめ、東洋思想に学ぶ社長の人間学CDシリーズはこちら

名古屋大原学園 学園長杉山 厳海氏の経営コラムに関するお問い合わせ