【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
先人の名句名言の教え 東洋思想に学ぶ経営学 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第127講 「論語その27」
政を為すに徳を以てすれば 例えば北辰のその所に居て 衆星のこれに巡るが如し

第127講 「論語その27」
政を為すに徳を以てすれば 例えば北辰のその所に居て 衆星のこれに巡るが如し


【意味】
為政者の持っている徳が人民から評価され、その徳を以て政治を心掛けるならば、北極星を中心に群星が回るように、民はその為政者の徳を慕い付いてくる。



【解説】
 辰とは星の意から、「北辰」とは北極星のこと。
 北極星は、北天に在って不動の位置を占めるため、北の空の群星は北極星を中心に回転しているように見えます。このため徳を以て周りに人々を集める為政者と類似する姿に例えられ、掲句のように使われます。

 掲句の「徳」とは様々な意味がありますが、一般的にはその者の道徳的人格の魅力です。この魅力は自分から評価して誇示するものでなく、その者の日々の品性行動が自然に周りから理解されて「道徳的な魅力」として評価されます。そのためこの徳の魅力は人々を惹きつけ教化力となり、為政者が活用すれば人民から尊敬されて慕われ、無理のない政治が行われることになります。これを「徳を以てする政治」と云います。

 徳性を育てる方法としては、一般的に「陰徳行」と「陽徳行」があります。
 陰徳行は、世間に隠れてこっそり善行を積み重ねることです。なぜ隠れての徳行かと云いますと、一つは徳行という善行(人助け行為)の押し売りをしないことからです。助けられた側はどうしても負い目を感じますから、可能な限り助けた側の存在を隠したい配慮からです。もう一つは周りの善行賞賛や自己の善行満足感などから、自惚れに陥らないための配慮です。本来の修行は慎独修行(独りでの慎み深い修行)が基本ですから、徳積修行も可能な限り目立たないでする考え方からです。
 「陰徳ある者は、必ず陽報あり」(淮南子)とあります。お天道様が必ず見ていて下さるから「人知れずの善行」も安心して行いなさい。そうすれば必ず朗報が来るということです。

 これに対して陽徳行は、人前で善行を積み重ねること、つまりお手本の行動を取ることです。筆者が提唱している『百万人の心の緑化作戦』や主宰する『人間学読書会』では、陽徳の文字を解体して「太陽のような明るい心で、一日に14の良い行いを、人前で堂々と続けること」と説きます。そしてゴミ拾い行・明るい挨拶行・仁眼長所行などの「周りへのお手本行動」を、恥ずかしがらないで堂々と実践します。

 『百万人の心の緑化作戦』とは、人心の砂漠化を防止し人心緑化の世界を実現するためのボランティア運動です。まず①『人間学読書会』で徳行実践の生き方を学び、②この生き方レベルを身に付けた人々を100万人に増やし、③この100万人が更に120人ずつの徳行実践者を増殖し、そして④日本国民1億2000万人の心の緑化を実現しようとする運動です。

 とは申しましても、現在までの活動歴33年間・読書会開催は450回で、延参加者は53,000人です。このペースでは100万人に達するまでには600年を要しますが、主宰者レベルの意識の指導者が10人育ってくれば、10分の1の達成年数に短縮されますから、希望を持っています。

 

杉山巌海

バックナンバー

2018.01.26
第128講 「論語その28」
君子は 器ならず
2017.12.22
第127講 「論語その27」
政を為すに徳を以てすれば 例えば北辰のその所に居て 衆星のこれに巡るが如し
2017.09.29
第126講 「論語その26」
過ちは、改むるに憚ること莫れ。
2017.08.25
第125講 「論語その25」
学べば、固ならず。
2017.07.28
第124講 「論語その24」
事を敬して、信なり。
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

(学)名古屋大原学園 学園長・税理士 「100万人の心の緑化作戦」提唱者 杉山 巌海氏

杉山 巌海氏 (学)名古屋大原学園 学園長・税理士

銀行勤務を経た後、大原学園グループの創始者青木靖明氏の薫陶を受け、税理士等10数種類の資格を取得。 現在、学校法人名古屋大原学園のTOPとして大原簿記情報医療専門学校、大原法律公務員 専門学校、大原トラベル・ホテル・ブライダル専門学校…など15校を経営。

経営の傍ら、30年以上にわたり禅宗・儒教・道教などをもとに、東洋思想からみた 人間学や経営学を研究、多くの先人の教えを自らの事業経営に活かす。

現在、「100万人の心の緑化作戦」を提唱し、名古屋・浜松・静岡・沼津の4地区で20年以上にわたり、開催回数350回、参加延人数51,000人にのぼる古典を通した「人間学読書会」を主宰。

著書に「心の基礎力1宋名臣言行録・貞観政要・論語編」、「心の基礎力2言志四録編」、「心の基礎力3老子・菜根譚・三国志編」、「名句名言の味わい方・活かし方」。経営CDシリーズとして、東洋思想に学ぶ社長の行動哲理と人間学シリーズ最新刊「社長の大義と実践経営」をはじめ、「菜根譚CD」「帝王学CD」「言志四録CD」「韓非子CD」「論語CD」「老子CD」。

●シリーズ最新刊「社長の大義と実践経営」CDをはじめ、東洋思想に学ぶ社長の人間学CDシリーズはこちら

名古屋大原学園 学園長杉山 厳海氏の経営コラムに関するお問い合わせ