日本経営合理化協会の関連サイト
業績アップにつながる!ワンランク上の手紙・メール術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第8回 仕事で差がつく!相手の意見にやんわりと反論する方法

第8回 仕事で差がつく!相手の意見にやんわりと反論する方法

夏のつかれが心身に出やすい今の時期、気をつけてはいても、つい対応が雑になることがありませんか。
小さなことにイライラして、理不尽なことに対してつい頭ごなしの書き方や指示の出し方をしてしまう……。そうした事態にならないよう、今回は相手に意見を言うとき、抗議するときの文章の書き方をお伝えします。
 
感情論での反論や抗議ではなく、客観的な視点から冷静に意見を伝えることが求められます。
その際のポイントは次の3つ。
 
1. まず相手の意見を認めること
2. 次にあなた(会社)の意見を端的に伝えること
3. 今後の対応を提案すること
 
冷静でないと客観的な視点を保つことはできません。「納得できません」「〇〇さんは間違っていると思います」といった感情的な言葉は一切持ち出さず、あえて丁寧な言葉を選び、コンパクトにまとめることでヒートアップする気持ちを抑えましょう。
その際、反論するのではなく、歩み寄るためには今後どうすればよいと思うか、考えを整理したうえで先につながる書き方をすることもポイントです。
 
とりわけ、経験が浅い若手社員や女性にとって、いかなるときも冷静さを保つというのはむずかしいものです。
社員を指導する際には、書き方の工夫のほかに、次の方法についてもすすめてください。
 
・上司や先輩など、第三者に意見を求めたうえで書かせる
・書いた文章(メール)を声に出して読ませる
・書いた文章(メール)をプリントアウトして読ませる
・書いた文章(メール)を翌日(または最低でも数時間おいて)読み直させる
・鏡を見て、笑顔をつくってから書かせる
・コーヒーやチョコレートを用意して、ひと息ついてから書かせる
 
 
■取引先の意見にやんわりと反論して、再検討をうながしたいとき
 
<例文>
ABC商事
業務課長 夏野名残様
 いつもお世話になっております。
 先日は貴重なご意見、ご提案をありがとうございます。
 社内であらためて検討いたしまして、
 条件面で少しクリアしなければならない点がございます。
 誠に恐れながら、再度、
 歩み寄りのための打合せの場を設けていただけないでしょうか。
 成果につなげていけるよう、引き続き努力してまいります。
                   XYZ事務所 初秋花美
 
<ポイント>
・まず相手の意見を認める(=貴重なご意見、ご提案をありがとうございます
・次にあなた(会社)の意見を端的に伝える(=条件面で少しクリアしなければならない点が
・今後の対応を提案(=歩み寄りのための打合せの場を設けてほしい
 
 
後になって「しまった!」と反省する対応をしてしまうと、それがメール1通のことだとしても、感情がこじれ、トラブルに発展しかねません。
仕事で差がつきやすいところですから、取引先との信頼関係づくりにおいてはもちろん、社員教育にぜひお役立ていただければ幸いです。
 
 
◎すぐに使える! やんわりと反論し、相手の対応をうながすフレーズ
 
・貴重なご意見をありがとうございます
・社内で検討し、あらためてご連絡いたします
・少し検討する時間をいただけましたら幸いです。来週またご連絡いたします
・おっしゃる通りだと思います。その上で、・・・・
・ごもっともだと思います。そして、・・・
・再度、話し合いの場を設けていただけないでしょうか
・再度、ご検討いただけましたら幸いです
・引き続きご協力のほど、よろしくお願い申し上げます
 
 
 
letter201709_1.jpg
 
ビジネスシーンで相手を選ばず使えるはがき箋、好評発売中!
「そえぶみはがき箋」古川紙工㈱製、むらかみかずこ監修

 

バックナンバー

2017.10.06
第9回 仕事で差がつく!年賀状の書き方・出し方・考え方
2017.09.01
第8回 仕事で差がつく!相手の意見にやんわりと反論する方法
2017.08.04
第7回 お詫びの文章の書き方は?
2017.07.07
第6回 心の状態に目を向けて書くと元気になる
2017.06.02
第5回 文字が苦手な人ほど3つのポイントを意識して
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

手紙文化振興協会 代表理事 むらかみかずこ氏

むらかみかずこ氏 手紙文化振興協会 代表理事

企業向け「小冊子」の制作を手がけた後、一般社団法人手紙文化振興協会を設立。 読み手の心を引き付ける手紙の書き方と使い方、ビジネスで成果につながる文章の書き方を体系化。 「メール・文章の書き方」の指導や文具の商品開発の支援や監修、NHK Eテレ「まる得マガジン/心が通じる一筆箋」講師 としても活躍。自ら一年間に書く手紙の枚数は1000枚を超え、企業研修や講演会を通じて手紙や文章の書き方の実務を発信 し続けている。 主な著書に「お客の心をつかむ売り込みゼロの3分ハガキ術」、「仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300」、 「仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術」他多数。東京女子大学文理学部史学科卒。

むらかみかずこ氏の通信教育講座
●【通信教育】仕事で差がつく!「メール・文章の書き方講座」
営業マン、営業アシスタント、秘書が、仕事でそのまま使える75の場面別フレーズや、気持ちが伝わる手紙や文書の書き方を集約。講座テキストで学び、課題の提出、講師の添削指導を通じて、仕事の基本「文章力」を身につけられる通信講座です。

手紙文化振興協会代表理事むらかみかずこ氏の経営コラムに関するお問い合わせ