日本経営合理化協会の関連サイト
業績アップにつながる!ワンランク上の手紙・メール術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第6回 心の状態に目を向けて書くと元気になる

第6回 心の状態に目を向けて書くと元気になる

 梅雨時です。湿気が多く、ジメっとした鬱陶しさを覚える人もいるかと思いますが、いかがお過ごしですか。
 気分がのらないときや集中力が高まらないときは、コーヒーやチョコレートといった小さなご褒美を用意しながら書くと、気分が変わります。
 些細なことですが、人の気持ちは些細なことで、変わるもの。長雨がつづく紫陽花の頃、あえて時間をかけて万年筆のインクを入れ直すうちに、心が落ち着くこともあるものです。
 
 
 
letter201707_1.jpg
 
 
 昔から、「夜中のラブレターは危険」という噂話があります。
 真夜中に必死に書き綴ったラブレターを翌朝、読み返し、あわてて書いたものを処分した経験のある人もいるのでは? わたしも、その経験者の一人です。
 
 大事なメールやハガキを書くときには、午前中の気分がさっぱりしている時間帯がおすすめです。
 晴れ晴れとした気分で文章を書くと、自然と軽やかな文体になり、その軽やかさは文字を通して必ず読み手に伝わります。
 
 ただし、真逆のことを言うようですが、わたしの場合、なんとなく気持ちがのらないとき、取り立てて大きな理由はないもののなぜかやる気が高まらない日に、あえてハガキを書くことがあります。
 ハガキを書くときには、美しい絵柄のポストカードを使って、よい言葉を綴ります。
 色鮮やかな絵柄を目にしながらお気に入りのブルーインクで、「いつもありがとうございます」「ご自愛ください」「ご発展をお祈りします」と相手のことを想像しながら言葉を綴ると、自然と気持ちが前向きになり、仕事に向かうエネルギーが満ちていくのを感じるのです。
 ぜひこの効果を実感し、社員の方にも共有してください。
 
 
 
◎すぐに使える!気持ちに寄り添うフレーズ例
 
■おつかれさま
 いつも遅くまで、おつかれさまです
 
■大丈夫
 大丈夫。きっとうまくいきますよ
 
■〇〇さんらしく
 普段の〇〇さんらしく、のびのびがんばってください
 
■ゆっくり
 あせらず、ゆっくりやりましょう
 
■お手伝いします
 面倒なことは、いつでもお手伝いします
 
■話を聴かせてください
 もしよかったら、話を聴かせてくださいね
 
■応援しています
 営業部の皆が〇〇さんを応援しています
 
■期待しています
 次こそ、期待しています
 
■がんばった
 〇〇さん、本当によくがんばりましたね
 
 
 
 

バックナンバー

2017.08.04
第7回 お詫びの文章の書き方は?
2017.07.07
第6回 心の状態に目を向けて書くと元気になる
2017.06.02
第5回 文字が苦手な人ほど3つのポイントを意識して
2017.05.05
第4回 一筆箋からはじめよう! メールを書くように文字をつづる
2017.04.07
第3回 今日からたった3分!だれにでもできる!
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

手紙文化振興協会 代表理事 むらかみかずこ氏

むらかみかずこ氏 手紙文化振興協会 代表理事

企業向け「小冊子」の制作を手がけた後、一般社団法人手紙文化振興協会を設立。 読み手の心を引き付ける手紙の書き方と使い方、ビジネスで成果につながる文章の書き方を体系化。 「メール・文章の書き方」の指導や文具の商品開発の支援や監修、NHK Eテレ「まる得マガジン/心が通じる一筆箋」講師 としても活躍。自ら一年間に書く手紙の枚数は1000枚を超え、企業研修や講演会を通じて手紙や文章の書き方の実務を発信 し続けている。 主な著書に「お客の心をつかむ売り込みゼロの3分ハガキ術」、「仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300」、 「仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術」他多数。東京女子大学文理学部史学科卒。

むらかみかずこ氏の通信教育講座
●【通信教育】仕事で差がつく!「メール・文章の書き方講座」
営業マン、営業アシスタント、秘書が、仕事でそのまま使える75の場面別フレーズや、気持ちが伝わる手紙や文書の書き方を集約。講座テキストで学び、課題の提出、講師の添削指導を通じて、仕事の基本「文章力」を身につけられる通信講座です。

手紙文化振興協会代表理事むらかみかずこ氏の経営コラムに関するお問い合わせ