【好評発売中!】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
業績アップにつながる!ワンランク上の手紙・メール術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第14回 営業が苦手でもできる!手書きのひと言、実践例

第14回 営業が苦手でもできる!手書きのひと言、実践例

先日ある地方新聞社から、販売店向け研修講師として招いていただきました。
その新聞社とは縁あって、過去にもたびたび研修講師として招いていただいたことがあります。
 
新聞業界は今、購読者数が減り続ける厳しい時代です。
そんな中、この新聞社では、店主夫人たちが手書きのひと言を使ってお客様(=新聞購読者)との信頼関係を築き、大きな成果を上げていました。
 
具体的には、
・試読紙の申し込みをうけたとき
・購読の申し込みをうけたとき
・イベントや抽選等の申し込みをうけたとき
・悪天候等により配達が遅れたとき
・何らかの理由で購読をストップしてほしいと連絡をうけたとき
これらのときに一筆箋を使って手書きのメッセージを添えて、新聞を配達するのです。
 
すると、「いつもありがとう」「手書きでメッセージを添えてもらって、うれしかった」というお客様からの声が続々と聴こえてくるようになり、さらには店主が購読のお願いに行くと、お客様が笑顔でドアを開けてくれ、話を聴いてもらえるようになったと言います。
ここでは伏せますが、その成果は如実に数字にもあらわれています。
 
この活動をしているのは主に販売店の店主夫人たちです。
女性は対面での営業やセールスに対して苦手意識を抱えてしまいがち。その一方で、役に立ちたい、力になりたい、店や会社を繁盛させたいという熱意を持ち合わせている人も大勢います。
 
「営業は苦手だけれど、そんな私でも一筆箋を使えばお客様に喜んでもらえ、売上に貢献できると気づいた」。
 
彼女たちのその言葉から、わたし自身、大きな力をもらいました。
 
letter201803_1.jpg

バックナンバー

2018.04.06
第15回 会えないお客様と信頼関係を築く方法
2018.03.02
第14回 営業が苦手でもできる!手書きのひと言、実践例
2018.02.02
第13回 たったひと言で印象がグンとアップする!2月に使いたい言葉
2018.01.05
第12回 効率よくコツを習得 意識を変えて美文字になる!
2017.12.01
第11回 だれでもたった10秒で差がつく!「字がヘタだから」を克服する方法
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

手紙文化振興協会 代表理事 むらかみかずこ氏

むらかみかずこ氏 手紙文化振興協会 代表理事

企業向け「小冊子」の制作を手がけた後、一般社団法人手紙文化振興協会を設立。 読み手の心を引き付ける手紙の書き方と使い方、ビジネスで成果につながる文章の書き方を体系化。 「メール・文章の書き方」の指導や文具の商品開発の支援や監修、NHK Eテレ「まる得マガジン/心が通じる一筆箋」講師 としても活躍。自ら一年間に書く手紙の枚数は1000枚を超え、企業研修や講演会を通じて手紙や文章の書き方の実務を発信 し続けている。 主な著書に「お客の心をつかむ売り込みゼロの3分ハガキ術」、「仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300」、 「仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術」他多数。東京女子大学文理学部史学科卒。

むらかみかずこ氏の通信教育講座
●【通信教育】仕事で差がつく!「メール・文章の書き方講座」
営業マン、営業アシスタント、秘書が、仕事でそのまま使える75の場面別フレーズや、気持ちが伝わる手紙や文書の書き方を集約。講座テキストで学び、課題の提出、講師の添削指導を通じて、仕事の基本「文章力」を身につけられる通信講座です。

手紙文化振興協会代表理事むらかみかずこ氏の経営コラムに関するお問い合わせ