【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
業績アップにつながる!ワンランク上の手紙・メール術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第12回 効率よくコツを習得 意識を変えて美文字になる!

第12回 効率よくコツを習得 意識を変えて美文字になる!

新年おめでとうございます。
2018年が幸多き一年になりますことをお祈りいたします。
 
さて、新たな気持ちで一年の抱負を思い描く今の時期、みなさんはどんな目標を立てますか。
事業計画や売上目標といったオフィシャルな計画や目標のほかに、個人的な目標として「美文字を目指す!」と宣言してみてはいかがでしょう。
 
「自分の書く字が好きじゃない」
「ヘタだから書きたくない」
 
そうした声が聞こえてきそうです。
でも、大丈夫。文字はほんのちょっとのコツを押さえるだけでみるみる上達します。
 
たとえば、最も書く頻度が高い「ありがとうございます」を書くときには、次のポイントを意識してください。
 
【美文字ポイント1】
「う」や「す」といった縦長の字を大きく書くよう意識すると、全体の印象がのびのびして、気持ちが伝わりやすくなります。
 
 
letter201801_1.jpg
 
上の2行を見比べてみてください。
字そのものに大きな変化があるわけではありませんが、「う」「す」、加えて「あ」の弧を大きく描いたことにより、印象がパッと華やかになりました。
 
さらに、もう1つポイントがあります。
 
 
【美文字ポイント2】
「すみません」「申し訳ありません」のように、最後が「ん」で終わる場合、「ん」を少し大きく書くと、着地がしっかりして安定感が出ます。
 
letter201801_2.jpg
 
上記の2つはいずれも当協会のアルバイトスタッフが書いたものです。
字そのものは変わらずとも、ほんの少しの心がけで、ずいぶん印象が変わったことに気づくでしょう。
 
すべての文字を美しく書こうと思うと、何十年というレッスン期間が必要ですが、ビジネスシーンで手書きする文字は決して多くありません。
「ありがとうございます」「お世話になっております」「よろしくお願いいたします」といった基本フレーズを中心に、「株式会社」「代表取締役」「〇〇様」「〇〇御中」などのよく書く字のコツさえ押さえれば、すぐに苦手意識を克服できます。
ぜひチャレンジしてください。
 
 
■通信講座のご案内

バックナンバー

2018.02.02
第13回 たったひと言で印象がグンとアップする!2月に使いたい言葉
2018.01.05
第12回 効率よくコツを習得 意識を変えて美文字になる!
2017.12.01
第11回 だれでもたった10秒で差がつく!「字がヘタだから」を克服する方法
2017.11.03
第10回 仕事で差がつく!「主語と述語」がわかりやすい文章のカギになる
2017.10.06
第9回 仕事で差がつく!年賀状の書き方・出し方・考え方
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

手紙文化振興協会 代表理事 むらかみかずこ氏

むらかみかずこ氏 手紙文化振興協会 代表理事

企業向け「小冊子」の制作を手がけた後、一般社団法人手紙文化振興協会を設立。 読み手の心を引き付ける手紙の書き方と使い方、ビジネスで成果につながる文章の書き方を体系化。 「メール・文章の書き方」の指導や文具の商品開発の支援や監修、NHK Eテレ「まる得マガジン/心が通じる一筆箋」講師 としても活躍。自ら一年間に書く手紙の枚数は1000枚を超え、企業研修や講演会を通じて手紙や文章の書き方の実務を発信 し続けている。 主な著書に「お客の心をつかむ売り込みゼロの3分ハガキ術」、「仕事がもっとうまくいく!書き添える言葉300」、 「仕事がもっとうまくいく!たった3行のシンプル手紙術」他多数。東京女子大学文理学部史学科卒。

むらかみかずこ氏の通信教育講座
●【通信教育】仕事で差がつく!「メール・文章の書き方講座」
営業マン、営業アシスタント、秘書が、仕事でそのまま使える75の場面別フレーズや、気持ちが伝わる手紙や文書の書き方を集約。講座テキストで学び、課題の提出、講師の添削指導を通じて、仕事の基本「文章力」を身につけられる通信講座です。

手紙文化振興協会代表理事むらかみかずこ氏の経営コラムに関するお問い合わせ