日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

日本的組織管理(9) 超二流人材を戦力に育てろ

日本的組織管理(9) 超二流人材を戦力に育てろ

  「チームづくりは三年かかる」。楽天オーナーの三木谷浩史に告げて創設二年目の楽天イーグルス監督を引き受けた野村克也にとって、三年計画は、1990年に万年Bクラスのヤクルトスワローズの監督を引き受けて、日本一に導いた経験があった。

 「一年目はまず畑を耕し、二年目にいい種をまき、花が咲くのは三年後」。

 一年目こそ5位に終わったが、約束通り二年目に3位、三年目にリーグ優勝を果たした。そして四年目には日本シリーズで勝利し日本一のチームに育て上げた。

 楽天の状況は、当時のスワローズよりひどかった。最初のシーズン終了後のドラフトで、その後大リーグで活躍する田中将大(まさひろ)を獲得できた幸運もあったが、あとは持てる人材をいかに発掘して使うかにかかっていた。

 野村は「プロ野球の人材には四種類ある」と言う。超一流、一流、超二流、二流だ。

 野村のいう「超一流」の定義はこうだ。「実力、実績はもちろんのこと、練習態度やチームへの献身の姿勢や言動を含めて選手の模範となり、チームの要となる人材」。

 長島、王、イチロー、田中将大、ダルビッシュと彼が挙げる超一流リストを眺めると、合点がいくだろう。「人格面も兼ね備えてはじめて超一流といえる」。

 「一流」とは、「実績を残すだけで、フォア・ザ・チームの精神に欠けるから、使えるが、リーダーとはなりえない」

 「超二流」は、素質もあり努力もするが、今ひとつ突き抜けられないタイプ。「二流」となると、素質を持ちながら努力しないタイプだ。どんな組織も、この二種類が大部分を占める。

 「二流選手は、〈自分の実力はこの程度〉と自己限定しているから、プロには向かない、おやめなさい」と厳しい野村は、超二流をいかに育て上げるかが、チーム、組織づくりのカギを握る」と指摘する。

 何が自分に足りないのか、努力の方向は正しいのか――。レギュラーにいま一歩手が届かない原因、理由を本人に気づかせることができれば、超二流は“大化けする”可能性を秘めている。

 そして、野村は、レギュラーをつかみきれないでいるチーム内の超二流の育成に乗り出す。その方法やいかに。

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献

『最強の組織をつくる 野村メソッド』野村克也著 彩図社
『野村再生工場―叱り方、褒め方、教え方』野村克也著 角川oneテーマ21
『リーダーのための「人を見抜く力」』野村克也著 詩想社新書
『なぜか結果を出す人の理由』野村克也著 集英社新書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2017.11.07
日本的組織管理(10) 教えないのが名コーチ
2017.10.31
日本的組織管理(9) 超二流人材を戦力に育てろ
2017.10.24
日本的組織管理(8) 中心のない組織は機能しない
2017.10.17
日本的組織管理(7) 四番バッターばかりでは強いチームはできない
2017.10.10
日本的組織管理(6) 人材の癖を活かす
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ