日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

日本的組織管理(4) 人の評価はその部下に聞け

日本的組織管理(4) 人の評価はその部下に聞け

 江戸時代の儒者、荻生徂徠は、執政(重役)の職分について、「使う人間の才知(才能)を見抜き、育成して、有能な人材を多く輩出することにある」と指摘している。では、どうやって才能を評価すればいいのだろうか。

 徂徠は、幕府の開祖、徳川家康の智恵を引用してこう言う。『政談』にある。

 「家康公は重い地位の役人を任命なさる際には、必ず下の者の評判を聞き、適任との評判のある者を必ず任命されたと聞いている」

 理由として、「下の者から慕われている者を重い役に任命すると、下の者がよく命令に従うからだ」という古人の話を附記している。

 しかし、家康公の智恵はそれだけではなく、もっと深い考えがあったのだ、と推察している。少し聞くことにしよう。

 「およそ人の善悪は、上の方から見えにくいものである。人というものはだれでも上の者の意向に従い、それに調子を合わせて、上の者に気に入られようとするのが人情の常であるから、その人の本心は隠れてしまって見えにくい。たとえ聖人・賢者のようなすぐれた主君であっても、上からは人の善悪は見えないのが理の当然である」。なるほど。

 「さらに悪知恵のはたらくものがあって、素直に上の者の考えに調子を合わせようとすると、軽薄に見えるし、また合わせたということが目につきやすいから、表面では調子を合わせないふりをしながら、実際には調子を合わせている者もいる。こういうのは格別な悪人である」

 われわれの身の回りにいる上司のだれそれが、具体的に思い浮かぶではないか。

 そんな上司こそ上の覚えもめでたく、出世の道を駆け上がる。組織の常である。

 そんな上司に使われる身としては、退勤後、会社からしかるべき距離の離れた酒場で、「あの“ごますり野郎”め!」と夜更けまでおだを上げることになる。上役には見えなくても、部下は的確に見ているのだ。

 「だれでも上の者には調子を合わせようとするが、下の者に向かって調子を合わせようとはしない。だから上へは知れにくくても、下へはよく知れるものである」と徂徠は喝破(かっぱ)する。そして徂徠はこの項目をこう結ぶ。

 「家康公は、学問する暇もなかったろうに、聖人の道に合致している点が多いのは、まことに不思議なことで、末代までの模範とすべきである」と。

 天下一の学識を自認する徂徠は、「学がない」と東照宮(家康)を貶(おとし)めておいて、最後に褒(ほ)めそやす。皮肉なことに徂徠も、幕府の御意見番として、ごますりは忘れないのである。

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献

『政談』荻生徂徠著 辻達也校注 岩波文庫 
『荻生徂徠「政談」』尾藤正英抄訳 講談社学術文庫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2017.10.03
日本的組織管理(5) 人材の見抜き方
2017.09.26
日本的組織管理(4) 人の評価はその部下に聞け
2017.09.19
日本的組織管理(3) 重役の職分とたたずまい
2017.09.12
日本的組織管理(2) 部下の声に耳を傾ける
2017.09.05
日本的組織管理(1) 褒めれば人は動く
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ