日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

中国史に学ぶ(15) 「信賞必罰」が効果をもたらす秘決

中国史に学ぶ(15) 「信賞必罰」が効果をもたらす秘決

 中国の戦国時代に書かれた『韓非子』には、君子(指導者)が実践すべき七つの行動原理(七術)の二つとして、信賞と必罰を挙げている。

 「何を今さら」「当たり前だろう」と思われるかもしれないが、なかなか守り難いから、著者の思想家・韓非はあえて強調している。まずは必罰である。

 〈法を犯した者は必ず罰して、威光を示すこと〉

 「愛情が多すぎると、法は成り立たず、威光を働かせないと、下の者が上の者を侵す。刑罰を厳しくしなければ、禁令は行きわたらない」として、わかりやすい例を挙げて解説している。

 〈麗水という川には砂金がでる。私的な採金は法で禁じられ、捕まれば磔(はりつけ)にされるが、金を採る者はあとを絶たず、処刑された死体で川がせき止められるほどになった。これはうまくすれば捕まらず、一攫千金も夢ではないからだ。たとえば、「お前に天下をやる。そのかわり命はもらう」と言われたとする。必ず殺されるとわかっていれば、天下をもらおうと名乗り出るものはいない〉

 必罰の威光が行き届いているかどうかが、大事だ。見逃しの例外と抜け道をつくってはならない。

 続いて「信賞」である。

 〈功労者には必ず賞をあたえ、全能力を発揮させること。賞が薄く、かつあてにならないならば、臣下は働こうとしない、賞が厚く、かつ確実に行われるならば、臣下は死をもいとわない〉

 その例としてこういう。

 〈魏の武候の武将に、孫子と並び称される兵法家の呉起(ごき)がいた。呉起は、西河地方の守りを任されて、国境近くにある敵の砦を取り除こうと考えた。地元の農民を動員するために、北門の外に一本のかじ棒を置いて、こんな布告を出した。

 「この棒を南門まで運んだ者には、上等の土地と屋敷をとらせる」。布告を信じかねてだれも動かない。やっと運ぶものが現れたので、約束通りの土地と屋敷を与えた。

 呉起は続いて、東門の外に赤豆一石を置いてまた布告を出す。

 「豆を西門まで運んだ者には、前回と同じほうびをとらせる」。すると農民たちは先を争って運んだ。

 そこでいよいよ肝心の布告を出した。「明日、砦を攻めるが、一番乗りしたものには、上等の土地・屋敷のほかに大夫の地位をあたえよう」。臆病な農民たちも、先を争って砦に殺到し、たちまちこれを占領した〉

 労が必ず報いられると信じられれば、動かぬ社員などいないのである。

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献

『中国の思想1 韓非子』西野広祥・市川宏訳 徳間書店
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2017.08.22
中国史に学ぶ(16) 組織統率者は好悪を見せるな
2017.08.15
中国史に学ぶ(15) 「信賞必罰」が効果をもたらす秘決
2017.08.08
中国史に学ぶ(14) "一強体制"の崩壊を招くもの
2017.08.01
中国史に学ぶ(13) わかりやすい忠言には裏がある
2017.07.25
中国史に学ぶ(12) お家騒動―女は怖い?
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ