日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

中国史に学ぶ(12) お家騒動―女は怖い?

中国史に学ぶ(12) お家騒動―女は怖い?

 たまには軽くて深い話をしよう。

 目的を達するためには回り道も必要である、と繰り返す『戦国策』には、こんな怖い女の話がある。

 ある時、魏王が楚王に美女を貢いだ。楚王は喜び、贈られた女をたいそう可愛がる。不思議なことに、後宮の先輩夫人は王以上にこの新参の女を可愛がった。衣装から手回り品、寝具まで誂えてやった。

 王は感心して言う。「女の嫉妬は自然の情。しかしどうだ、これこそ孝子が親に仕え、忠臣が君に仕える手本ではないか」。

 夫人は、王が、自分の嫉妬心を疑っていないと知ると、新参の美女に言った。

 「王様は、あなたの鼻の形をお気に召さないようです。王様にお目にかかるときには、その鼻を必ず隠すようにしなさい」

 先輩の助言に従って、女は王にお目通りするときは、その鼻を覆うようになる。

 王は不審に思い夫人に問う。「あの女はどうして私の前で鼻を覆うのだろう」。

 「いいから言ってくれ」とせがまれて夫人はもったいぶって答える。「それは王様、あなたの匂いを嫌がってのことですわ」

 「けしからんやつだ」。逆上した王は、美女を鼻切りの刑に処した。

 さらに女の情念が後継争いに絡むと、お家騒動が持ち上がる。『史記』にこんな話がある。

 春秋戦国時代の晋国の王、献公には申生(しんせい)という太子がいた。妃として後宮に入った驪姫(りき)は、申生を廃して献公の寵愛を得て生んだ我が子を跡取りにしたいと画策する。

 献公は、情にほだされてつい「太子を廃嫡してお前の子に後を継がせよう」と告げる。しかし、驪姫は本心を隠して「それはなりません。戦功もある素晴らしい人格の太子に申し訳ない。私は死にます」と太子を褒め上げ一芝居打つ。自分の野望をさとられないように。

 驪姫は太子に「王に肉を捧げてはいかがか」と持ちかけて、密かに肉に毒を盛る。そして王の口に入る直前に「遠路からの肉ですから毒味が必要」と言い、毒味した茶坊主が死ぬ。

 驪姫は泣きながら「王位継承を待ちきれず親を殺す太子はひどい男」と言いふらす。都を逃れた太子は自殺する。手の込んだ策を弄して、驪姫はまんまと望みを叶える。

 いずれの話も後宮の女たちの情念に擬してはいるが、「女は怖い」という教訓を導くだけではあまりに下世話すぎる。

 王(権力者)の周りには男女を問わず、寵愛を一心に得ようとする人間が群がり、追従とご注進でライバルを蹴落とそうとする。「ういやつ」などと、情にほだされて目が曇っていては、とんでもない策にはまることになる。

 くわばら、くわばら。

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献

『戦国策』近藤光男著 講談社学術文庫
『中国古典文学大系7 戦国策』劉向編 常石茂訳 平凡社
『世界文学大系5A 史記世家篇』司馬遷著 小竹文夫、小竹武夫訳 筑摩書房

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2017.08.01
中国史に学ぶ(13) わかりやすい忠言には裏がある
2017.07.25
中国史に学ぶ(12) お家騒動―女は怖い?
2017.07.18
中国史に学ぶ(11) 譲歩、まわり道の智恵
2017.07.11
中国史に学ぶ(10) 人材獲得術「先ず隗より始めよ」とは
2017.07.04
中国史に学ぶ(9) 才なきを自覚し、才ある者を使う
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ