【好評発売中!】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

失敗に原因あり(17) 逃げ道のない圧迫は相手を追い込めない

失敗に原因あり(17) 逃げ道のない圧迫は相手を追い込めない

  米朝首脳会談の5月中の開催のメドが立たない中で、韓国と北朝鮮による南北首脳会談は今月27日に開催されることが決まった。

 南北首脳会談の焦点は、朝鮮戦争の休戦協定から平和協定への移行問題となるだろう。開催場所に選ばれたのがソウルでも平壌でもなく、65年前に休戦協定が署名された、南北境界線上の板門店であることが象徴的にそれを示している。当事者は朝鮮戦争を戦った北朝鮮と韓国、国連軍の主体となった米国、そして義勇軍を送り込んで参戦した中国である。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、米国が軍事攻撃をちらつかせて事態が緊迫する中で、北朝鮮に外交的逃げ道を用意した。
 
   対話解決を目指す中国は、この南北の提案に同意の意思を示し、ロシアも前向きである。軍事解決も選択肢から外さない米国も、実は柔軟で、状況次第では外交的ビッグディールを想定している。
 
 心もとないのは日本の対応だ。対話局面でも強硬策一辺倒で、蚊帳の外に追われつつある。

 外交だけではなく、一般に交渉事で相手を追い込むには、長期戦略に基づいた逃げ道を一つだけ開けて置くことが肝要だ。逃げ道のない圧迫は、相手の暴発を招くことになり、解決の道は遠い。

 2002年9月に電撃訪朝した小泉純一郎(首相)は、北朝鮮トップの金正日(キム・ジョンイル)との間で「日朝平壌宣言」に調印した。宣言では「双方は、核問題及びミサイル問題を含む安全保障上の諸問題に関し、関係諸国間の対話を促進し、問題解決を図ることの必要性を確認した」と明記してある。小泉の戦略は、今回動いた文在寅の発想と同じだ。

 そして小泉外交は北朝鮮に拉致を認めさせ、一部とはいえ拉致被害者の奪還に結びつく。将来の日朝国交正常化を視野に、北朝鮮への経済支援のアメも用意し、北朝鮮に核放棄を促す長期的な国家安全保障の図があった。

 その後の日本外交は、拉致・核・ミサイルの包括的解決を掲げて、北朝鮮に圧力をかけ続けているが、拉致問題で成果はなく、核・ミサイル開発を止めることもできないでいる。

 事態が対話局面に動く中で、北朝鮮は焦る日本の足元を見るだろう。たとえば、金正恩に外交センスがあるなら、“蚊帳の外”にいる日本にこう持ちかけるかもしれない。「拉致問題の最終調査結果が出たので、拉致被害者を返しましょう。これが最後だから話を蒸し返さないように。核・ミサイル問題は、日朝間の問題ではない。米国、中国、韓国と話し合うので口を出さないで欲しい」

 「それでは拉致被害者の帰国は見送る」と日本側からはとても言えまい。

 南北首脳会談、米朝首脳会談に先立って、日本は米国頼みとなる。「拉致問題、日本に届く短中距離ミサイル問題にも考慮のほどを」との日本の依頼に、米国は、アルミ・鉄鋼の輸入制限問題など経済分野で日本の譲歩を強く迫るだろう。

 ディール(取引)。それが外交の現実だ。安倍政権の北朝鮮外交に見る、長期的戦略のない圧迫一辺倒戦略は、自らの手足を縛り国益を損なうことになる。自国の国益を最優先に考えるトランプにとって同盟国・日本の国益など二の次なのだ。

 日米首脳会談は17日に開かれる。米国にねだるばかりでなく、小泉流の外交主導権を発揮できるかどうか、安倍政権の命運を握っている。

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2018.04.17
ナンバー2の心得(1) "御家大事"で先を読め
2018.04.10
失敗に原因あり(17) 逃げ道のない圧迫は相手を追い込めない
2018.04.03
失敗に原因あり(16) 複雑な力関係を見抜く外交力が欠ける国
2018.03.27
失敗に原因あり(15) こちらが揺れると相手をとり逃す
2018.03.20
失敗に原因あり(14) 意思と能力を見誤る
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ