【好評発売中!】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

失敗に原因あり(15) こちらが揺れると相手をとり逃す

失敗に原因あり(15) こちらが揺れると相手をとり逃す

 北朝鮮の核開発をめぐり、米国は対話路線と、軍事オプションを含む強硬路線との間で揺れ続けてきた。

 北朝鮮は、揺れる米国に対して、相手が強硬路線に舵を切れば対話を持ちかけ、対話に応じれば支援を要求し巧みに対応してきた。

 前回書いたように、北朝鮮の核武装意思は一貫した国家生き残り戦略だ。時間を稼ぎ「核武装は完成した」と宣言するに至った。

 振り返って見ればいい。1994年6月、北朝鮮は実験用原子炉から核燃料棒を抜き取り、核兵器用のプルトニウム生産に着手した。危機は高まり、米クリントン政権は、北朝鮮の核開発の拠点である寧辺(ヨンビョン)地区への限定的攻撃を検討したが、北朝鮮の反撃によって生じる韓国内の膨大な被害予想を前にぎりぎりで断念した。

 そして米国は対話路線に転換する。わずか四か月後に、北朝鮮との間で米朝枠組み合意が結ばれる。合意は、「核開発は電力不足を補うためのエネルギー問題だ」と強弁する北朝鮮の言い訳を嘘と知りつつ結ばれた。北朝鮮が核開発を凍結(断念ではなく)する見返りに、100万キロワット出力の原子炉2機を提供し、完成までの間年間50万トンの重油を提供することにした。

 おもちゃ屋の前で駄々をこねる子供に、とりあえずなだめるためにアメを与えるようなものだ。そんな合意が守られるわけもない。北朝鮮は核開発を断念したふりをして、核兵器材料を極秘裏に第二のウラン濃縮に切り替え、揺るがず核武装作業を続けて現在に至る。

 米国の政策の揺れと、目の前の危機をしのぐ弥縫策で、北朝鮮を取り逃がし続けている。

 北朝鮮が年明け後に突然“微笑み外交”へと大きく舵を切ったのは、経済制裁が効いたからではない。何をしでかすかわからないトランプ政権が昨年後半から、露骨に軍事攻撃の姿勢を強めたからだ。

 1994年の核危機回避について、当時の韓国大統領だった金泳三(キム・ヨンサム)に引退後、直接会って聞いたことがある。

 「北朝鮮を攻撃したら、報復攻撃で韓国では百万人以上が死ぬ。クリントン大統領に何度も電話で断念を説得しましたよ」

 北朝鮮は1994年危機を教訓化している。「米国が強硬にでたら、韓国を抱き込めばいい」

 南北首脳会談は、4月中に開かれる。5月末までに米朝のトップが会うというが、不透明だ。たとえトランプと金正恩(キム・ジョンウン)が対話の席についたしても実りは期待できない。

 妥協しない北朝鮮に攻撃を仕掛けようにも、韓国は阻止する。それが南北首脳会談の大きなテーマとなるだろう。シナリオは北朝鮮が描いた通りに進みつつある。 (この項、次回に続く)

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2018.04.03
失敗に原因あり(16) 複雑な力関係を見抜く外交力が欠ける国
2018.03.27
失敗に原因あり(15) こちらが揺れると相手をとり逃す
2018.03.20
失敗に原因あり(14) 意思と能力を見誤る
2018.03.13
失敗に原因あり(13) 家族経営的トップダウン体制の利点と限界
2018.03.06
失敗に原因あり(12) 二度目の変心につきあう女神はいない
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ