【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

失敗に原因あり(13) 家族経営的トップダウン体制の利点と限界

失敗に原因あり(13) 家族経営的トップダウン体制の利点と限界

 危機的局面から一転して対話局面に動きつつある北朝鮮の核開発問題について考えてみる。

 筆者が1980年代から取材で関わったこの外交紛争の中には、リーダーシップを考える多くのヒントが含まれているからだ。

 金正恩(キム・ジョンウン)体制が発足して7年。この間、親子継承三代目の謎の国の当主は、核・ミサイル実験を加速させ周辺国を驚愕させてきた。

 年明け後には一転して、宿敵韓国で開かれた平昌五輪への北朝鮮政府代表団派遣をきっかけに事態は一変する。4月末には南北首脳会談、5月までに米朝首脳会談が開かれることも視野に入ってきた。

 豹変と見える行動が周辺国を振り回すが、変わり身の速さが交渉事では主導権を握るのに有効なことは事実である。奇策について相手が考えている間に、次の手を打つ。

 1990年10月、筆者は、“金王朝”の宮殿である平壌の錦繍山(クムスサン)にいた。当時の日本社会党委員長、土井たか子と金日成(キム・イルソン、主席)との会談の取材だった。前月、北朝鮮は、金丸信を代表とする自民党、社会党の訪朝団との間で、日朝国交正常化に向けた劇的な合意をしていた。

 金日成は会議室で土井に言った。「これからは両国が協力して地域の平和を守ろう。海部(俊樹)首相によろしく伝えてくれ」。

 核問題も日本人拉致問題も浮上する前であるが、わが国と対立を繰り返してきた北朝鮮の奇策ともいえる融和姿勢に日本国内も踊らされた。わずか20数年前のことだ。

 髪型、物腰まで祖父の金日成を真似た三代目は、その手法を踏襲して外交のかけに出た。

 政治であれ企業であれ、独裁的権力によるトップダウンの組織運営は決断が速い。韓国の財閥企業に対して、決断の遅い日本企業が、海外進出競争で敵わない理由もそこにある。

 効率的ではあるのだが、こうした組織には共通した弊害がある。まず権力を固めるために、反対意見を持つものを切る。身内、究極には家族で組織の要路を固めてしまう。後継者も身内から選ぶ。トップが即決する判断が誤っていたら、責任を下部の現場に押し付けて切る。社会主義国家では粛清である。親子三代、粛清の大なたを振るい続け、金正恩は、最側近であった義理の叔父を処刑し、兄を猛毒ガスで殺害した。

 まさか殺しはしないが、決断の速い企業ほど、同様の過ちを犯しがちだ。あらゆる会議は、トップの意思の下達のために運用され、更迭を恐れて反対意見は出ず、形骸化する。イエスマンばかりが取締役となれば組織は死ぬ。

 さて北朝鮮の核問題に戻る。ここまで北朝鮮をつけあがらせた背景に、日米韓の戦略的一貫性を欠く対応が積み重なってきた。なぜそんなことになったのか。

 (この項、次回に続く)

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2018.05.22
ナンバー2の心得(6) ワンマンを諌めるのはだれか?
2018.05.15
ナンバー2の心得(5) 必要なのは武力プラス政治力
2018.05.08
ナンバー2の心得(4) 「血は水よりも濃い」と知れ
2018.05.01
ナンバー2の心得(3) オーナー家の内紛との距離のとり方
2018.04.24
ナンバー2の心得(2) だめリーダーであればこそ部下は毅然と
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「20XX年地方都市はどう生きるか」
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ