【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

失敗に原因あり(11) 戦うなら緒戦を侮るな

失敗に原因あり(11) 戦うなら緒戦を侮るな

 薩摩の西郷隆盛らによる王政復古のクーデターで政権を朝廷に奪われた幕府の軍が大坂城から京都に向かったのは、慶応4年(1968年)1月2日だった。

 いったんは、軍事行動を自重して京を引き揚げた最後の将軍、徳川慶喜(よしのぶ)にとり、この時点で政治情勢は有利に動いていた。朝廷の大勢は、慶喜を新政府の首脳部に迎え入れる方向で固まりつつあった。

 旧幕府軍の暴発を待って軍事決戦で一気に徳川勢力の一掃を目指す西郷は、江戸城下での強盗、火付けを指示し幕府を挑発した。

 幕府軍大坂出発を確認した西郷は、「よし、これで徳川の時代は終わる」と快哉を叫んだ。慶喜は西郷の罠にはまった。

 旧幕府軍は、各地で暴行を働く薩摩を討つべしという慶喜の「討薩の表」を朝廷に届けるべく大坂を出発した。その数1万。迎え撃つ薩長兵は5000に満たない。

 しかし、旧幕府軍を京都へ入れては、薩長は朝敵となり京を追放される。維新の試みも挫折だ。逆クーデターに備え、決死の覚悟を決めている。戦いは決意性の高い軍が勝つ。

 翌三日、兵を率いて鳥羽街道を北上する幕府軍は、薩摩兵と通せ通さぬで押し問答となる。強行前進を始めるや、待っていたかのように薩摩藩兵の銃砲が火を噴いた。

 幕府軍の銃には銃弾も込められていなかった。「大軍勢を見れば、新政府軍は怖気づいて逃げ出すだろう」との甘い見通しがあった。

 同時に東に数キロ離れた伏見でも、長州兵が幕府軍の籠もる伏見奉行所を砲撃し焼き払う。両戦線とも京の入り口の東寺に陣取る西郷が指揮を執る。

 旧幕府軍は装備で劣っていたわけではない。フランス式に訓練を積んだ伝習兵という近代装備の部隊も戦いに参加している。銃も連発性能に優れる仏製のシャスポー銃を備えていた。それでも敗れる。戦う決意と準備がなかった。鳥羽、伏見街道の二手に別れた軍を統括する指揮官も存在しない。

 退却路にあたる淀藩では、反撃拠点を求める幕府軍の開城要請を拒否した。さらに淀川沿いに退却する幕府勢に、対岸、山崎の関門を守る津藩から猛烈な砲撃が加えられる。

 淀藩も津藩も徳川譜代の藩である。時代の分かれ目、多くの藩が日和見を決め込んでいた。緒戦の情勢を見極めて、だれもが勝ち馬に乗る。情勢は雪崩を打って傾き、動き出す。

 京都では、「幕府軍動く」の報に怯えて西郷らをなじり、京都退去も決意していた倒幕派の公卿たちは、「初めから勝つと思うてましたんや」と息を吹き返す。

 社内の権力争いでも、ライバル社との戦いでも、闘争とはそんなものであろう。戦うと決めたなら、手を尽くして緒戦を勝ち切れ。(この項、次回に続く)

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献
『日本の歴史20 明治維新』井上清著 中公文庫
『鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間』野口武彦著 中公新書
『戊辰戦争 敗者の明治維新』佐々木克著 中公新書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2018.05.22
ナンバー2の心得(6) ワンマンを諌めるのはだれか?
2018.05.15
ナンバー2の心得(5) 必要なのは武力プラス政治力
2018.05.08
ナンバー2の心得(4) 「血は水よりも濃い」と知れ
2018.05.01
ナンバー2の心得(3) オーナー家の内紛との距離のとり方
2018.04.24
ナンバー2の心得(2) だめリーダーであればこそ部下は毅然と
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「20XX年地方都市はどう生きるか」
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ