【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…32講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
指導者たる者かくあるべし | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

失敗に原因あり(10) 基本戦略を貫けない指揮官は敗れる

失敗に原因あり(10) 基本戦略を貫けない指揮官は敗れる

 江戸幕府から薩摩・長州勢力を中心とした新政府へ移行する明治維新の帰趨を制したのは、京都南郊で両軍が激突した鳥羽伏見の戦いの勝敗にあったことは異論を待たない。

 軍事力では圧倒していた旧幕府軍の敗因は、第十五代将軍・徳川慶喜(よしのぶ)の政治戦略の揺れにあった。

 慶喜が政権を手放す戦略的決断を下した「大政奉還」から、薩長が軍事力を京都御所周辺に集中して強引に進めた「王政復古」の宮廷クーデターで揺れた慶応3年(1867年)終盤の政局は、下野した徳川家の扱いをめぐり綱引きが続いていた。

 言い換えると、新しい政体が旧幕府勢力の主導の下で組織されるか、薩長による革命的政権となるかは、いまだ不透明であった。

 薩長のクーデターで形の上では天皇中心の新政府ができたとはいえ、財源のめども立たず官僚機構もない。土佐、越前、宇和島藩などの雄藩の藩主たちは、「政権を手放したとはいえ、最大の領地を持つ徳川“藩”を抜きに政治運営は不能」として、天皇のもと、徳川を首班とする列侯連合政権構想を模索していた。主導する土佐藩主・山内容堂(やまのうち ようどう)による朝廷、諸藩への政治工作は実りつつあった。

 15歳の幼い明治天皇を戴く朝廷に判断能力はない。慌ただしい倒幕の動きに押され続けた徳川家は、事態を静観していれば、勢力を温存できる有利な立場にあった。

 慶喜は、二条城でクーデターの報に「いま一気に薩摩藩を攻撃すべし」と激昂する会津、桑名兵、旗本ら約一万を説得し、葵の旗を押し立てて整然と大坂城へ引き上げた。

 慶喜は、「余に深謀あれども、今は明言せず」と、憤る会津藩の隊長たちに言い渡している。

 一方の薩長勢力は、武力倒幕に打って出て徳川勢力を一掃し、財政基盤を固めるために徳川領地を奪うしか残された道はない。開戦の口実のため旧幕府軍の暴発を期待していた。

 慶喜は、薩長の挑発に乗らず武力行使自重の道を選んだ。賢明な判断だった。鳥羽伏見での開戦の20日前のことだ。

 京都で倒幕派公卿の岩倉具視(いわくら・ともみ)を通じて朝廷工作を続けてきた薩摩藩の大久保利通は、「慶喜は大坂で兵を整え京都へ攻め上るに違いない」と震え上がり、 敗北に備えて、「玉(ぎょく)」と大久保らが隠語で呼ぶ天皇を密かに御所から地方へ移す計画まで立てている。

 幕末の政局はまさに、政治小道具としての権威=「玉」の奪い合いなのだ。

 兵を動かさなくとも、政治主導権は徳川に転がり込む。それが、慶喜の戦略であったはずだが、20日後に、なぜか旧幕府軍は「薩摩征伐」を朝廷に訴えるため京に向けて進発する。政治的必勝戦略が揺れ、山内容堂は天を仰いだ。

 (この項、次回に続く)

 (書き手)宇惠一郎 ueichi@nifty.com

 

参考文献
『日本の歴史20 明治維新』井上清著 中公文庫
『鳥羽伏見の戦い 幕府の命運を決した四日間』野口武彦著 中公新書
『戊辰戦争 敗者の明治維新』佐々木克著 中公新書

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2018.05.22
ナンバー2の心得(6) ワンマンを諌めるのはだれか?
2018.05.15
ナンバー2の心得(5) 必要なのは武力プラス政治力
2018.05.08
ナンバー2の心得(4) 「血は水よりも濃い」と知れ
2018.05.01
ナンバー2の心得(3) オーナー家の内紛との距離のとり方
2018.04.24
ナンバー2の心得(2) だめリーダーであればこそ部下は毅然と
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

宇惠一郎

宇惠一郎氏  元読売新聞東京本社国際部編集委員

 早稲田大学卒業後、商社を経て、1978年読売新聞社入社。社会部、外報部、95~98年ソウル支局長。帰国後、解説部次長、2007年編集委員。2011年4月〜2012年8月ソウル支局長(専任部長)、2012年9月編集委員、現在フリージャーナリストとして活躍している。

 主な著書と受賞歴
「20XX年地方都市はどう生きるか」
「やさしい政治家 早稲田出身国会議員54人の研究」
「理解と誤解 特派員の読む金大中の韓国」
  1997年「第1回 サムスン言論大賞特別賞(海外部門)」受賞


連絡先 ueichi@nifty.com
 

宇惠一郎氏の経営コラムに関するお問い合わせ