【好評発売中!】「新春・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
デジタルAVを味方に!新・仕事術 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第79回  リモコン代わりにスマホで家電を操作!

第79回  リモコン代わりにスマホで家電を操作!

 
今や多くの家電はリモコンで操作できるようになりました。テレビ、レコーダー、オーディオといったAV機器はもちろん、エアコンも然り。照明や扇風機も、リモコン操作対応製品をお使いの方は多いかもしれません。リモコンがあれば、席を立つことなく操作が可能で、大変便利なものです。
一方、リモコンが増え過ぎて置き場所に困ったり、所望の1つを探し出すのに時間が掛かってしまう場合も。なかには電池切れで利用できなかったり、故障や紛失で操作できないなど、困ったケースに遭遇する確率も高くなりました。
こうしたリモコンの不便を解消してくれるのが、WiFi対応のリモコンユニットです。
今回は、筆者が利用しているラトックのWFIREX3を例に、その便利さをご紹介しましょう。
 
■WFIREX3の概要
 
digital20185no1.jpg
 
【写真】WFIREX3(中央)とアプリ/スマホ(右)
 
WFIREX3は、WiFiに対応し、一般的な家電のリモコンと同じく、赤外線信号を発信できるユニットです。アプリ「家電コントローラー」をインストールしたスマホやタブレットで、自身が使用している家電を登録しておくと、あとは画面をタッチ操作するだけで、WFIREX3から対応する赤外線リモコン信号が発信され、家電が操作できる仕組みです。
大手家電メーカー製品の多くはは、予めリモコンコードが登録されているので、メーカー、シリーズ、型番を選択するだけで利用できるようになります。海外製品や格安製品など、登録されていない製品でも、製品に付属しているリモコンから学習させることができ、ほぼ例外なく操作できるようになる優れモノです。
 
 
digital20185no2.jpg
 
筆者が実際に使用している操作画面の例です。
1つの画面に、照明が2台、ロボット掃除機、エアコン、テレビ、扇風機、オーディオ機器のアイコンがあり、どれか1つを選択すると、各家電を操作する画面に切り替わります。
 
digital20185no3.jpg
 
これはテレビを選択した際の、テレビの操作画面例です。テレビに付属しているリモコンのように、各種操作ボタンが配置され、タッチすると操作できます。
 
 
digital20185no4.jpg
 
こちらはエアコン。エアコンに付属しているリモコンの通り、冷暖房の切替や温度設定も可能です。
 
 
■外出先からも操作できる!
各家電に付属しているリモコンと同じなら、付属リモコンを使用した方が手っ取り早いとお思いの方も多いでしょう。しかし、WFIREX3なら外出先からもスマホで自宅の家電を操作可能!
例えば退社時に時間を見計らって冷暖房をスタートしておけば、帰宅時に快適な温度に。疲れている時にはストレス軽減にも役立つでしょう。WFIREX3には、温度・湿度センサーを搭載し、スマホで確認できるので、エアコン運転の目安にもなります。ほか、ペットを自宅に残している、あるいは、外出後にエアコンの切り忘れが心配などのケースなどでも活用できるでしょう。
 
 
■スマートスピーカーに対応
すこし高度な使い方としては、今話題のスマートスピーカーとの連携。WFIREX3は、Amazon EchoやGoogle Homeに対応していて、設定を行えば、スマートスピーカーに「照明をつけて」などのように話すだけで操作ができるようになります。
筆者は自宅で設定していますが、音声認識の精度が高くなった今は非常に実用的。お客様がきた時は、話題としても面白いものです。
 
 
さいごに
今後は、家電製品の多くがIoT対応で、スマートフォンやスマートスピーカーから操作できる時代になると考えられます。しかし、家電の多くは耐久消費材で寿命は概ね8年程度と長いため、全てが置き換わるには数年を要するはずです。この先しばらくは、WFIREX3のような製品を上手く使いこなすのが、快適な生活のポイントになりそうです。
もちろん、家電だけでなく、オフィスの省エネや効率化にも役立てられますので、是非ご注目を!!


【製品紹介】
発売元: ラトックシステム株式会社
製品名: WFIREX3
価格: 7,000円前後(Amazon)
 

バックナンバー

2018.05.25
第80回  探す時間を無くす!落とし物を無くす!
2018.04.27
第79回  リモコン代わりにスマホで家電を操作!
2018.03.30
第78回 「ちょっと聞こえ難い」を解決する話題の製品
2018.02.23
第77回 プレゼンでも映像鑑賞でも大活躍のお薦めプロジェクター
2018.01.26
第76回 有機EL 日本勢が巻き返しの兆し
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

ディーエーシージャパン 鴻池賢三氏

鴻池 賢三氏  ディー・エー・シー・ジャパン

株式会社オンキヨーにてAV機器の商品企画職、米国シリコンバレーのデジタルAV機器用ICを手がけるベンチャー企業を経て独立。 現在、WEB・テレビ・雑誌等のメディアを通じて、AV機器の評論家/製品アドバイザーとして活躍中。その他、「ディー・エー・シー ジャパン」を設立し、AV機器関連企業の商品企画コンサルティングや、日本唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナーとして、商業施設から個人のホームシアターまで、AVの視点から空間の提案やアドバイスなども手がける。 2009年より、日本オーディオ協会「デジタルホームシアター普及委員会」委員、映像環境WG主査。 2010年より、ビジュアルグランプリ審査員(主催: 音元出版)

【主な著作】
オールアバウト「ホームシアター」
http://allabout.co.jp/gm/gt/53/
イミダス「オーディオ・ビジュアル」2007年~(集英社imidas) 「AV REVIEW」(音元出版) (鴻池賢三のハンズオン映像調整講座~画質が100倍良くなる映像調整術ほか)

オーディオビジュアル機器 評論家鴻池賢三氏の経営コラムに関するお問い合わせ