日本経営合理化協会の関連サイト
田坂広志 著書を語る 風の言葉 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

田坂広志 著書を語る 風の言葉

シンクタンク・ソフィアバンク代表 田坂広志氏、
同副代表 藤沢久美氏の対談が“音声コラム”として社長のネット情報局に登場!

「企業と経営」、「思想と哲学」、「社会と市場」、「仕事と人生」…。
今まで、数々の著書や講演を通じて、メッセージを伝えてきた田坂広志氏。
その著書や講演の中で、心に残った言葉を、藤沢久美氏が読み上げ、
田坂広志氏がその“問い”に対して、氏の考えを説いております。

下記から田坂広志氏の音声コラム「風の言葉」をお聴きいただけます。ぜひ、ご活用いただけましたら幸いです。

最新の記事

最新記事 08/14日更新第17回 「ウェブ2.0革命」でも変わらぬ 時間の「三つの理」

時間のマネジメントにおいて大切なのは、「長さ」よりも「密度」です。 そこで、過去、現在、未来という三つの時間について、その密度を高める「三つの理」を語ります。   ※7分10秒(MP3)…続きを読む

バックナンバー

2009.08.14
第16回 「ウェブ2.0革命」でも変わらぬ 情報の「三つの理」
2009.08.14
第15回 「ウェブ2.0革命」でも変わらぬ ビジネスと商売の「三つの理」
2009.08.14
第14回 「ウェブ2.0革命」がもたらす「三つの革命」とは何か
2009.08.14
第13回 「未来を見る力 予見力 なぜ、弁証法を学ぶと未来が見えるのか」
2009.08.14
第12回 「なぜ、直観力が身につかないのか」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

シンクタンク・ソフイアバンク代表 田坂広志氏

田坂 広志氏 シンクタンク・ソフイアバンク代表

1951年生まれ。1974年東京大学工学部卒業。
1981年東京大学大学院工学系研究科修了。工学博士。

同年、民間企業入社。1987年米国シンクタンク・バテル記念研究所客員研究員。1990年日本総合研究所の設立に参画。民間主導による新産業創造をめざす「産業インキュベーション」のビジョンと戦略を掲げ、10年間に民間企業702社とともに20のコンソーシアムを設立、運営。同社技術研究部長、事業企画部長、取締役・創発戦略センター所長を歴任。

現在、日本総合研究所フェロー。2000年4月多摩大学大学院教授に就任。同年6月シンクタンク・ソフィアバンクを設立。2003年7月、社会起業家を支援する「社会起業家フォーラム」を設立、同代表に就任。現在、全国から12,000名の社会起業家が集まり、様々な分野での社会変革に取り組んでいる。

これらの活動に加え、情報、流通、金融、教育、環境など各分野の企業の社外取締役や顧問を務める。著書に「これから何が起こるのか」、「仕事の思想」、「なぜマネジメントが壁に突き当たるのか」、「経営者が語るべき言霊とは何か」をはじめ多数。
シンクタンク・ソフイアバンク副代表 藤沢 久美氏

藤沢 久美氏 シンクタンク・ソフイアバンク副代表

1989年 大阪市立大学卒業後、国内外の投資運用会社に勤務。1996年 日本初の投資信託評価会社、アイフィスを起業。代表取締役を務める。1999 年 アイフィスを世界的格付け会社スタンダード&プアーズ社に売却。同社ディレクターに就任。

2000年シンクタンク・ソフィアバンクの設立に参画。取締役を務める。2003年 ソーシャル・アントレプレナーを支援する「社会起業家フォーラム」を設立。副代表に就任。2004年 シンクタンク・ソフィアバンクをMBOし、副代表に就任。2005年 法政大学ビジネススクール イノベーション・マネージメント研究科 客員教授に就任。2007年 世界経済フォーラム(ダボス会議) グローバル・ヤング・リーダー2007に選出。

NHK教育テレビ「21世紀ビジネス塾」のキャスターを3年間務め、その間、全国の中小企業やベンチャー企業の取材を行ってきた。その後も、様々なテレビ・ラジオ・雑誌等を通じて、500社を超える企業を取材。現在も、全国の元気な企業の経営者のインタビューと現場の取材を続け、メディアを通じ発信している。

田坂広志氏藤沢久美氏の経営コラムに関するお問い合わせ