日本経営合理化協会の関連サイト
あなただからお願い したいと思われる 気配りの達人 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第113回 「『連絡します』ではなく、『連絡しました』。」

第113回 「『連絡します』ではなく、『連絡しました』。」

連絡ごとの仕事を頼まれたときに、「ハイ、連絡しておきます」だけで終わらせてはダメ。
「何時々々、連絡しておきました」までの報告で、頼んだ側は安心できる。 
購入を頼まれたときも、「予定納期は◯日です」までを伝えることで、相手は後の予定を組みやすくなる。
頼まれたとき・任されたときに、相手の心理的ストレスを軽くする気配りとは?
 


4分05秒(MP3)
 

※上記のプレーヤーから音声コラムをお聴きいただけます。
再生ボタンを押すと音声コラムがスタートいたします。
再生できない場合は、こちらから直接音声ファイルを再生してください。

バックナンバー

2017.11.17
第122回 「スピーチは、予定より、短くする。」
2017.10.20
第121回 「パーティーに参加するときは、平服で…と書かれていてもきちんとする。」
2017.09.15
第120回 「相手の小さな動きには、意味がある。」
2017.08.18
第119回 「気配りとは、存在・要望・感情に気づくことだ。」
2017.07.21
第118回 「演奏の途中で、帰らない。」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

中谷事務所代表 中谷彰宏氏

中谷事務所代表 中谷彰宏氏

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。博報堂勤務を経て独立。
91年、株式会社中谷彰宏事務所を設立。【中谷塾】を主宰。
全国で、セミナー・ワークショップ活動を行う。【中谷塾】の講師は、中谷彰宏氏本人。
参加者に直接、語りかけ質問し、気づきを促す、全員参加の体験型講義。

中谷先生【公式ホームページ】http://www.an-web.com/
【最新刊】「雑談の達人CD版」

中谷事務所代表中谷彰宏氏の経営コラムに関するお問い合わせ