日本経営合理化協会の関連サイト
柿内幸夫─社長のための現場改善 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第323号 【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている

第323号 【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている

 今回も私の著書「改善の急所101項」から1項を紹介し、実例を挙げて解説します。  

 【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている。(14頁)

 12月になりました。2015年もあとわずか、そろそろ今年の振り返りを行い、その上で来年実行することを決めるタイミングかな...と思います。
 
 今年もいろいろなことが起きました。インダストリー4.0(ドイツ)やインダストリアル インターネット(アメリカ)に代表される産業界におけるインターネットの進化や人口の減少に伴う人手不足・国内マーケットの縮小などなど。間違いなく来年も同様でしょう、あるいはそれ以上かもしれません。
 
 明らかに変化のスピードがはやくなっているので、今年と同じことを来年も頑張ってやります、というのでは少々心配です。置いていかれるかもしれません。取り残されるわけにはいきません!
 
 では、何をどう変えるか? 今回はその方法を考えます。
 
 先回、Google社やEvernote社に行ってアメリカの先端技術に触れてきた話をしましたが、そこで先方のエンジニアから聞かれた質問があります。
 
 「日本人と話していて、いつも変だなと感じることがありまーす。モノづくりや商品性能の話だと日本人技術者は素晴らしいのですがー、マーケットの話や会社を動かす話はあまり得意ではないように思いまーす。ホワイ?」
 
 その上で社内を見せてもらいました。会議室はすべて床から天井まで完全ガラス張りなので、いろいろな人たちが話し合っているところを眺めながら通り過ぎました。そのとき私は、あることに気が付きました。
 
 会議室内にホワイトボードが見当たらないのです。そこで何故ないのか、要らないの?と聞きました。
 
 それに対する彼の答えはちょっとびっくり。
 
 「よく見てくださーい、会議室内も廊下も壁という壁はすべて“ホワイトボード”デスヨ。」
 
 気付かなかったのですが、そうでした。廊下の壁にもいろいろな数式やフロー図が書かれていました。上手なサンタさんの絵もありましたが…。
 
 歩いていると、数名の男女が廊下の壁の前に立って、その白い壁に何やら書き込みながら議論しています。私はあの人たちは誰ですか?と聞くと、営業と技術の人たちで、真ん中の女性は副社長でした。
 
 彼らは、必要だと思うと即座に必要な人が集まって議論を開始します、とのことです。組織の間に壁がないのです。そして、そのテーマは常にお客様 〝Customer, market″を中心に据えたものとのことでした。
 
 私はこの考え方とやり方は「いただき!」だと思いました。来年に向けての新たな変化を実現するにあたって、改めて「お客様からのご要望に応える」というテーマをもとに、みんなで議論をしてみてはいかがでしょうか? 
 
 確かに、この部分は一般的に言って、日本の製造業には十分でないところだと思います。
 
 営業部門の方ならお客様のことを考えるのは当たり前かもしれませんが、そうではなくて、製造も設計も調達も管理も、みんなが一緒になって具体的なことを議論して、来年更にお客様から喜ばれることをするには、会社全体として何をどうみんなでやるかを議論するのです。
 
 コストとか生産能力とか、いろいろな制約条件を持ち出してできない理由を説明するのではなく、どうなればもっとお客様に喜んでいただけるかを議論して、すべてができなくてもみんなでやればどこまでできるかを議論するのです。
 
 もし自分たちだけでなければ、もっとここまでできる、例えば大学と協力すればとか、他社とのアライアンスを組むとかといったこともいいですね。あるいは、部品で納めるのではなくモジュールで納める…などもいいですね。
 
 これができれば、最初に書いたアメリカ人技術者の日本人技術者に対する疑問が解決されますね。「作れば売れる時代は終わった…」というのはもう30年以上前の話です。ところが「売れるものを作る」という議論が、未だになかなか始まらないのです。
 
 来年はここにも大きな一歩を踏み出しましょう!これが大きな革新につながることを確信しています。カクシンカクシン!
 
 
 

 

 

 

※柿内先生に質問のある方は、なんでも結構ですので下記にお寄せください。etsuko@jmca.net 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックナンバー

2015.12.22
第324号 【急所101】改善に終わりはない
2015.12.08
第323号 【急所1】工場でのあらゆる活動は、お客様からのご要望に応えるために行っている
2015.11.24
第322号 【急所80】監督者は作業の流れを、工場長はモノづくりの流れを、社長は儲けの流れを見よ
2015.11.10
第321号 【急所77】色々な情報も、元をたどれば注文情報ただ一つである
2015.10.27
第320号 【急所44】仕事は、教え方まで含めて「仕組み化」せよ(その5)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

柿内幸夫技術士事務代表 柿内幸夫氏

柿内幸夫氏 柿内幸夫技術士事務所 代表

現場改善No.1コンサルタント。
大手自動車メーカーにて、一貫して生産効率改善(IE)を担当し、その改善手腕を見込まれて、社命にてスタンフォード大学大学院に留学。帰国後、若くしてIE責任者として、全国の主力工場を指導、抜群の成績をあげる。
現在、 柿内幸夫技術士事務所の所長 として、自動車、家電、食品、IT関連メーカーなどを指導。「現場で、全社員が一緒に改善する実勢指導」という独自のノウハウで、社長・工場長はもとより、現場の人たちから絶大な信頼をよせられる。
中小企業のドロ臭さと、最新鋭の工場ラインの双方を熟知した手腕に、国内だけでなく欧米、中国、アジアの工場の指導に東奔西走する毎日である。

1951年東京生まれ。東京工業大学工学部経営工学科卒業、スタンフォード大学修士課程修了、慶応大学にて工学博士号取得。
著書「最強のモノづくり」(御沓佳美 共著)「“KZ法”工場改善」「儲かるメーカー 改善の急所〈101項〉」、「5Sでつくる高収益工場ビデオ」「図解でわかる生産の実務 現場改善」「現場改善入門」「現場の問題解決マニュアル」他多数。平成16年日本経営工学会経営システム賞受賞。工学博士、技術士(経営工学)。
柿内幸夫技術士事務所ホームページ http://www.kakiuchikaizen.com/

柿内幸夫技術士事務所代表柿内幸夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ