【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
本田宗一郎との『叱られ問答』 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第47話 「道」

第47話 「道」

名神高速道路開通30周年記念行事の一つ、「ヒューマン・ロード・フォーラム'93」のパネラーとして招かれた。
30年前、名神が開通した日と全く同月同日の7月16日。
もう一人のパネラーは奇遇にも、こちらも丁度30年前のその頃、
私が車づくりの世界へ足を踏み入れるきっかけをつくってくれた小林彰太郎氏である。

小林さんは当時、自動車の評論にかけては超一級の存在。
車づくりを志すものにとって、その高い見識はもとより、
車への情熱とロマンが綴られたモーター誌の文面に接するだけで、胸を熱くしたものだった。

その1963年と言えば、私は大学4年生、東京の自由が丘で下宿生活をしていた。
念願のホンダへの就職も決まり、今流に言うとルンルンの毎日。
憧れのホンダはというと、鈴鹿サーキットを開設し、満を持して自動車事業への参入を発表した年である。
東京オリンピックを次の年に控えていた。

日本の乗用車保有台数は100万台を突破。
第1回日本グランプリレースが、オープンしたばかりの鈴鹿サーキットで華々しく開催された。
そんな頃名神が開通したのである。当時のエピソードにこんな話がある。

日本の自動車メーカーは、各社一斉に名神を使って高速走行テストを開始。
が、ほとんどの車が途中でエンコをしてしまったようだ。
車について良く知っているうるさ方は、これを「日本性能」と呼んで冷やかしたという。
その点オートバイの方は立派で、全車が見事完走し、さすがは「国際性能」と言ってもらえたそうだ。
マン島レースを始め国際レースで鍛えられてきたからだ。

その後、自動車メーカーの不眠不休の戦いが始まり、名神はさながら、草創期における日本の自動車各社の
テストコースとも言える役割を果たした。そして半年後、全ての車が完走できるようになった。

鈴鹿サーキットをつくるに当たっては、社内に反対意見もあり、すんなりとはいかなかったらしいが、
そんな中で本田さんは、
「レースをしなけりゃ車はよくならん。観衆の目前でしのぎを削るレースこそ世界一になる道だ」言って
説得されたそうだ。

こうして出来た鈴鹿サーキットについて、小林さんは当時を回想してある雑誌に、
「鈴鹿サーキットが生まれなかったら、今日のように盛んな日本のモーター・スポーツはなかったのはもちろん、
日本の自動車工業自身が今日のような質・量と地位を獲得できたかどうか、
はなはだ疑問と言わざるを得ない」、と書かれていた。

バックナンバー

2010.05.07
第52話 「青春とは...」
2010.05.07
第51話 「雷オヤジ」
2010.05.07
第50話 「"創50"に想う」
2010.05.07
第49話 「再び富士(不二)」
2010.05.07
第48話 「アイデンティティ」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

多摩美術大学理事・教授 岩倉 信弥氏

岩倉 信弥(いわくら しんや)氏 多摩美術大学理事・教授 本田技研工業株式会社・社友

武蔵野美術短期大学卒業後、 1964年、多摩美術大学卒業と同時に本田技研工業株式会社に入社。
創業者・本田宗一郎の薫陶を受け、ホンダ社のデザインの担い手となる。
大ヒット車「シビック」のデザイン担当として、
カーオブザイヤー大賞受賞など、受賞歴多数。
日本の自動車デザイン界の第一人者。

デザイン室の技術統括、本田技術研究所専務、本田技研工業常務などを歴任。
一担当デザイナーから経営的立場まで、幅広いデザイン活動や商品開発に携わり
ホンダ4輪事業の基盤づくりに貢献。

また、デザイナーとしては異色である、経営学博士号も取得。
本田氏の哲学を受け継ぎ、専門であるデザイン以外の
販売、生産、開発、調達、資金の分野など経営に関わるすべてに精通している。

退職後は多摩美術大学の教授に就任。
教鞭をとりながら、自ら予備校をまわり大学のPR活動を行う精力的な姿勢で、
少子化と製造業の不振で右肩下がりに落ち込んでいた
入学試験倍率を見事に回復させ、
他の大学がうらやむほどの定員増を成し遂げている。

本当のお客様はだれか。何を望んでいるのか。
その人たちに喜んでもらうためには何をすればいいのか。
いまなお、本田宗一郎から受け継いだ遺伝子を実践し続ける
「本田宗一郎にもっとも叱られた男」である。

【著書】
「本田宗一郎に一番叱られた男の本田語録」三笠書房刊
「ホンダにみる デザイン・マネジメントの進化」税務経理協会刊
「デザイン「こと」始め-ホンダに学ぶ-」産能大学出版部刊
「ホンダのデザイン戦略経営」日本経済新聞社刊・共著

【主な受賞歴】
Car Of the Year大賞 受賞 「シビック」、「アコード」
グッドデザイン大賞 受賞 「シビック」
全国発明表彰・通産大臣賞 受賞 「シビック」
RJCニューカーオブザイヤー 受賞 「オデッセイ」

岩倉信弥氏の経営コラムに関するお問い合わせ