日本経営合理化協会の関連サイト
社長の右腕をつくる 人と組織を動かす | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第158回 『聴き上手は、思い遣り上手』

第158回 『聴き上手は、思い遣り上手』

 
《聴く》ことについての調査結果をみた。
 
それによると、
 (1)人は、聴く能力の4分の1しか使っていない
 (2)記憶力は、10分の1しか働かせていない
 (3)聴いたことは、8時間以内に半分以上を忘れてしまう
 (4)アトで何か思い出すきっかけがなければ、
    聴いたことの95%は、すっかり忘れてしまあう
 (5)自分では、そんなにわっすれっぽいとは思っていない
 
ということだった。
また、《時間面》からみると、
 
 (1)管理職は、1日のうち4時間近くは話を聴くことで費やされる
 (2)耳に入るのは、正味2時間分である
 (3)ちゃんと聴いているのは、1時間分である
 (4)理解するのは、30分分である
 (5)信ずるのは、たかだか15分分である
 (6)覚えているのは、8分間以下である
 
以上が、不通の人の《聴く》という実態だそうである。
 
 
考えてみると世の中、話し上手といわれる人は多いが、
聴き上手というのは意外と少ない。
 
ところが、他人に好かれる人というのは「聴き上手」な人が多い。
 
自分の知っていることというのは、なかなか自分の中にしまっておけないものだが、
会話を楽しむためには、各々が聴き上手であろうと努力する必要があるだろう。
 
「聴き上手」ということは、言葉を換えていえば言えば「思い遣り」のことである。
 
思い遣りというのは、何も道徳のカテゴリーに入る徳目ではなく、
私は基本的には、想像力の問題だと思っている。
相手の立場に立ってみる、その想像力があるかどうか・・・。
 
いつもいつも、自分のこと(自分の知っていることも含めて)を
口に出すなというつもりは毛頭ないが、
会話を有意義に、かつ、楽しむには、相手に花を持たせ、自分も持たせてもらう。
それでこそ、言葉は生きてくるのだと思う。
 
この話、心で《聴いて》いただけたであろうか。
 
 
 

バックナンバー

2017.09.08
第158回 『聴き上手は、思い遣り上手』
2017.08.11
第157回 『正当化の使い分け』
2017.07.14
第156回 『マニュアルで自主性を殺すな』
2017.06.16
第155回 『ゼネラリストという名のスペシャリスト』
2017.05.12
第154回 『エクセレントカンパニーの条件は「CPM」』
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

国際ビジネスブレイン代表取締役 新 将命氏

新 将命 (あたらし まさみ)氏
国際ビジネスブレイン 代表取締役

海外留学の経験なしで、MBA出身者がしのぎを削る外資系企業に挑戦。
卓越した実行力・実務能力とバイタリティで、抜群の実績を上げ頭角を現わし、
社長業はじめ数々の要職を歴任してきたグローバル経営時代の先駆者。

目先の業績ばかりが重視されがちな外資企業にあって、
“企業は人なり”を経営信条に中長期的な会社づくりを展開。
四半期毎の業績獲得はもちろん、永続繁栄のための基盤づくりに貢献する。

1936年東京生まれ。早大卒業後、シェル石油入社。
その後、米国コカ・コーラカンパニー・オブ・カリフォルニア、
ジョンソン・エンド・ジョンソン社長、
米国フォーチュン500でも著名なサラ・リー社の日本法人社長、米国総本社の副社長、
日本フィリップス代表取締役副社長、日本ホールマーク社長などを務める。

国内にても、堂々と多国籍企業と渡りあえる企業の育成を主眼とした経営指導機関
「国際ビジネスブレイン」を設立。
住友商事アドバイザリーボードメンバー、ファーストリテーリングアドバイザー、
健康コーポレーション取締役、グローバル・リンケージ取締役など、
大中小企業の取締役や社外重役等を歴任する。

新 将命講師 全国経営者セミナー講演収録CD・DVD
“200年企業づくり”の黄金ループCD・DVD
●新将命講師の全国経営者セミナーの講演がCD・DVDになりました!
世界の超優良企業6社で社長、経営職を歴任した伝説の外資トップが説く長寿企業づくりへの黄金ループとは。「原理原則」対「我流自己流」、経営者品質の最大条件、利益の3つの顔、戦略の心…

国際ビジネスブレイン代表新 将命氏の経営コラムに関するお問い合わせ