【夏季・全国経営者セミナー】事業家・若手起業家…35講師登壇、経営者700名が集う3日間 

日本経営合理化協会の関連サイト
深読み企業分析 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第41回 目指す姿は専門分野以外での成長:「ニトリホールディングス」

第41回 目指す姿は専門分野以外での成長:「ニトリホールディングス」

小売市場において、ニトリホールディングスの勢いが止まらない。資本市場から企業の価値を見るひとつの指標に時価総額がある。発行済み株式数に株価を掛けたもので、その企業を100%手に入れようとしたときに必要な金額になる。
 
小売業で最も時価総額が大きいのはセブン&アイで3兆8,000億円、2番目がユニクロのファーストリテイリングで3兆6,200億円となる。そして3番目は去年までイオンであったが、今はニトリの1兆3,600億円である。イオンは1兆2,000億円で4番目、5番目は少し離れて最近ユニーとファミリーマートが統合したユニー・ファミマの8,500億円となる。なお、以上は11月4日の株価をベースに計算している。
 
ニトリの勢いは株価の変化率からも明らかで、昨年末から直近まで日経平均が11.2%下落していることもあって、これらの企業の株価も軒並み下落している。しかし、この間ニトリは20.5%の上昇となっている。このほか前述の企業ではユニー・ファミマも18.8%の上昇となっているが、これはユニー・ファミマが日経平均に採用されたことによる特殊な事情によるものであり、実力だけというわけではない。
 
さて、ニトリ好調の最大の背景は何かというと、専門分野以外の売上高を大きく伸ばしていることである。大多数の人はニトリは家具屋だと思っている。もちろん、その認識が間違っているわけではないが、実は家具の売上が大半だと思っている人が多いのは明らかに間違いである。
 
会社側が明確な形で公表していないため、あまり知られていないかもしれないが、実はすでに家具の売り上げ構成比は40%を割り込んでいると思われる。投資家と議論していると、ニトリは家具屋であって、近年住宅には収納スペースが多くなっているため、家具市場は縮小しているから、ニトリも成長しないという意見が多い。
 
しかし、実はこれが明らかな間違いであって、家具市場の縮小はすでに数十年間継続しているにもかかわらず、ニトリはその間高成長しているのである。ちなみに、この10年間、ニトリの売上高は年率11%増え、営業利益は年率15%増えている。同期間に他の大規模小売業で成長率が高いユニクロは、売上高は年率16%伸びているが、営業利益は年率11%の伸びに過ぎない。ユニクロの場合、売上高を伸ばしているのは海外であって、利益面ではむしろやや苦戦していることがわかる。といっても10年間、年率11%の営業利益の増加自体すごいのではあるが、ニトリはそれをさらに上回る成長となっている。
 
では、ニトリが売っている家具以外は何の商品かといえば、ホームファッションと呼んでいるカーテン、寝具などから家庭雑貨、軽家電、台所用品などなど家の中で使うあらゆる商品を扱っているのである。
 
つまりニトリは、家具の圧倒的な競争力をバックにした集客力によって、家具以外の商品の販売力を強化したことになる。ユニクロのように海外という新しい市場に出て行ったのと違って、同じ店舗内で販売金額を伸ばしたわけであるから、利益率も大きく上昇した。最近は季節グッズも充実させており、業績の強力なけん引役になりつつある。季節グッズとはハロウィングッズ、クリスマスグッズなどである。今やこれらグッズの国内最大の売り場がニトリではないかとさえ思われる。
 
すでにここ数年で小売市場におけるニトリの存在感は大きく高まったが、ここから先もその勢いは当面衰えそうにない。
 
 
 
有賀の眼
 
同社の戦略である専門分野以外の商品を増やすという戦略は過去にも多くの企業が行って高い成長を遂げてきた。
 
最もわかりやすい例はセブンイレブンがある。スタートは加工食品や日用雑貨などであったが、そこからおにぎり、サンドイッチ、弁当、総菜、さらには公共料金の収納、宅配、ATMなどと取扱品目は増えてきた。これもコンビニエンスの集客力が背景にあり、顧客の利便性を追求した結果である。
 
他にも同様の例は多い。JRもわかりやすい例である。かつては売上、収益の大半が輸送であった。しかし、駅には毎日大勢の人が来るわけであるから、それを顧客とみなして、そこにショッピングモールを展開した。また、駅にビルを建てて、マンションやオフィスとして販売や賃貸も行っている。
 
今から20年前には営業利益の内、93%は運輸業によるものであったが、現在は運輸業の利益ウエイトは72%まで低下している。もっとも、たまたまここ1、2年はインバウンドで外人旅行者が増えており、運輸の成績が向上し利益ウエイトが上がっているが、2年前の運輸業の利益構成比は66%まで低下していた。
 
これらは今でこそ当たり前で、新しい発想とは思えないかもしれないが、始める前は意外な盲点であった時代も実は長いのである。ニトリでは最近来店客をターゲットに保険代理業まで始めているが、今は何でそんなものをと感じるものの、やがて当たり前と思える時期が来るのかもしれない。その意味では自社の集客力を生かして、本業以外の商品、サービスを販売することは全く新規のビジネスより少ない労力で効率的な手段と言え、常に検討の余地があるのではないだろうか。
 

バックナンバー

2017.05.12
第47回 先行投資による利益の落ち込みを投資家に納得させる経営:「サイバーエージェント」
2017.04.14
第46回 同社躍進の方法論は、意外に汎用性があるかもしれない:「プリマハム」
2017.03.10
第45回 零細企業乱立で、厳しい市場だからこそチャンスがある :「やまみ」
2017.02.10
第44回 際立った特徴を打ち出すことに活路を見出す :「ジャパンミート」
2017.01.20
第43回 長期ビジョンを掲げて着実に前進する証券会社:「今村証券」
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

H&Lリサーチ代表 有賀泰夫氏

有賀泰夫氏 H&Lリサーチ代表/証券アナリスト

1955年生まれ。埼玉大学生化学科卒業後、新日本証券(現みずほ証券)、クレディリヨネ証券、三菱UFJ証券でアナリストとして活躍。専門分野は食品、食品卸、小売業、外食産業、ネット、バイオ企業など。特に卸売業を介した日本独特の効率的な流通構造の分析に関しては第一人者。独立後、H&Lリサーチを設立、代表に就任。株式投資アドバイザー、株式分析、産業分析コンサルタントとして企業分析、セミナーや講演会でも人気を博す。 共著に「日本の問屋は永遠なり」(2012年5月、491アヴァン札幌)、《最新刊》有賀泰夫の「最新・株式市場の行方と有望企業」CD、有賀泰夫の「消費市場と有望企業CD」有賀泰夫の「日本の問屋は永遠なりCD」他、インターネットの最大手株式投資SNSみんなの株式などにコラムを執筆中

H&Lリサーチ代表証券アナリスト有賀泰夫氏の経営コラムに関するお問い合わせ