【好評発売中!】「春季・全国経営者セミナー」講演CD・DVD 

日本経営合理化協会の関連サイト
学び上手な社員を育てる 社員教育のすすめ方 | 日本経営合理化協会BOOK&CD・DVD

文字の大きさ

日本経営合理化協会 BOOK&CD・DVD
お電話でのご注文も承っております:03-3293-0041

第11回 仕事の教え方4 評価する -良し悪しを伝える

第11回 仕事の教え方4 評価する -良し悪しを伝える

教え方の基本ステップ「3実行する」(第10回)とセットになっているのが、「4評価する」です。
評価するといっても、社員の人格を評価 するとか人事考課という意味ではありません。
彼らにやってもらったことが、正しいのか間違っているのか。その良し悪しを評価し伝えてあげるのです。
これが ないと、教わる側は迷ってしまいます。「これでいいのか?」「自分のやり方で合っているのか?」
私たち教える側の責任として、彼らが「できていること」 「できていないこと」を
しっかり伝えてあげる必要があるのです。
 

教え方の基本ステップ4評価する~良し悪しを伝える


【まず吐き出させる】

 こちらが何かを言う前に、まず本人に言わせます。「やってみてどうだった?」「何か気づいたことある?」
大概何かを実行した後、人は興奮しています。そういう状態で、こちらからあれこれ言っても、なかなか聞けません。
また、やらせてみてすぐこちらからコメントを言ってしまうと
「そんなことわかってますよ」「自分でもそう思っています」と素直に受け入れないものです。
ですから、まず最初に本人の考えや意見を言わせ、吐き出さ せるのです。
言うだけ言えば、その後の私たちの話も受け入れる余地が出てきます。
吐かせた後、こちらの意見を吸わせるのです。


き ちんと評価する

 基本は、事前に合意したゴールが達成されたかどうかです。ゴールが達成されたとすれば、何がよかったのか。
達成されなかったとすれば、何が悪かったのか。そこをコメントします。
現場を観察できていたならば、観察メモに基づいてコメントします。「そんなところまで見ていたのか・・・」と、
教わる側が思うくらいだと効果的です。その後、こちらを見る目が変わってきます。

【評価基準を移植する】

 評価の最終目標は、教わる側が同じように評価できるようになることです。
私たち教える側がどこを見ているのか。その評価 基準を、学ぶ側に移植していくのです。
そうすれば、齋藤孝教授が『教え力』の中で言っているように
「学ぶ側が自分で自分を伸ばす」ことができるようになるのです。


【理由と共にほめる】

 ほめるときは、理由とセットでほめます。
「~がよかったよ!~ができるということは、お客様の立場に立って行動している ということだからね。」
ただ単に「よかった」「すごい」とほめられても、何が良かったのか、何故すごいのかがわからないと、
教わる側は素直に受け入れません。「また、この人は適当に言って」と軽くあしらわれてしまいます。


【改善点を指摘する】

 良い点を伝えた後は、改善点を伝えます。ここでヘンに遠慮する必要はありません。
できていないこと、ダメなことは、はっ きり言ってあげないとわからないものですし、
言ってあげるのが本人の成長を助けます。「自分も言うほど出来ていないから・・・」と思ってしまう気持ちも
わかりますが、それでも勇気を出して言ってあげましょう。あなた以外に、彼らに指摘できる人はいません。
ここで、言うのを先送りすると、あとで修正するのは 益々面倒になります。

以上、今回は「教え方の基本ステップ4評価する」を見てきました。次回もお楽しみに!


参考書籍:


「これだけはおさえておきたい仕事の教え方」
関根雅泰著 日本能率協会マネジメントセンター

 

以上

バックナンバー

2010.06.11
第24回 外部講師を呼んでの社内研修
2010.06.11
第23回 社外セミナーの受けさせ方
2010.06.11
第22回 ビデオ・DVD教材を使った教え方
2010.06.11
第21回 会議・ミーティングでの教え方(2)
2010.06.11
第20回 会議・ミーティングでの教え方(1)
  1. ≫記事一覧

経営コラムニスト紹介

株式会社ラーンウェル 代表取締役 関根 雅泰(せきね まさひろ)氏

関根 雅泰
(せきね まさひろ)氏 株式会社ラーンウェル 代表取締役

自らどんどん仕事を覚え・つくりだし、責任のある仕事をこなし、
あっという間に職場の中心人物になる。

そんな、社内の中心人物になる、「デキル社員」を育てるプロフェッショナル。
仕事のデキル社員=仕事の覚えが早い=学び上手であるという共通点に着目し、
「学び上手・教え上手」を育成・指導するラーンウェルを設立。
人材育成の「みえる化」をすすめ、社員教育の仕組みづくりを構築。
「社内研修のあり方、やり方」、「社外研修の選び方、活用方法」、
「研修教材の効果的使い方」など、人材育成に関する様々な講演をこなすとともに、
多くの著書を執筆。特に、新入社員を「学び上手」に育て、
先輩社員を「教え上手」に育てあげることには、定評があり、
年間 1000人を超える人材の育成指導にあたっている。

1972年埼玉県生まれ。高校卒業と同時に渡米し、
95年に州立南ミシシッピー大学を優秀学生として卒業。
96年に帰国後、学習教材の訪問販売会社に営業職として就職。
99年に企業内教育コンサルティング会社に転職、最年少講師としてデビュー。
05年に「学び上手・教え上手」を育成するラーンウェルを設立、代表に就任。

【関根雅泰氏の社員教育CD】
「社員教育のすすめ方」CD

【主な著書】
「教え上手になる!大人を相手の教え方」
(2006年 発行:クロスメディアパブリッシング・発売:明日香出版)

「早く一人前になるための仕事の覚え方」
(2006年 発行・発売:日本能率協会マネジメントセンター)

「営業に役立つコミュニケーションのポイント」
(2006年 発行:クロスメディアパブリッシング・発売:明日香出版)

「仕事の教え方」
(2007年 発行・発売:日本能率協会マネジメントセンター)

関根雅泰氏の経営コラムに関するお問い合わせ